fc2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

諫早海軍航空基地 格納庫 【移設】

JR諫早駅前に所在したJA全農ながさき 広域物流センターに諫早海軍航空基地格納庫が移設されていました。
A・B 格納庫 南西から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲移設されていた格納庫全景(滅失)

【探索日時】
平成27(2015)年9月28日





諫早海軍航空基地について
昭和15(1940)年5月、逓信省が北高来郡諫早市大字小野島 (現小野島町) 一帯の農地を買収し飛行場の設営を開始、昭和17(1942)年4月21日、逓信省航空局 長崎地方航空機乗員養成所(以下「長養」と略)が開所します。

昭和18(1943)年12月1日、長養付属飛行場は海軍省に移管され、諫早海軍航空基地として東側隣接農地を買収し飛行場を拡張しコンクリート敷滑走路、工場地区を、航空基地南西に居住地区を設営します。

昭和19(1944)年3月15日、諫早海軍航空基地に大村海軍航空隊 諫早分遣隊が開隊、昭和20(1945)年3月1日、同分遣隊は諫早海軍航空隊に改編され、中練特攻隊を編成し錬成にあたるなか8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

28日、航空基地は内務省を通じ大蔵省に移管されますが、9月24日、諫早海軍航空基地は米軍に接収され、航空機ほか兵器、軍需品の処分ののち、昭和21(1946)年9月、大蔵省に返還、大村財務局(のち長崎市内に移転し長崎財務局)の管理下に置かれ諫早市に管理委託されます。

その後、飛行場地区は所謂「戦後開墾法」に基づき元地権者を中心に募集した入植者に払下げられ開墾、建物も随時解体され戦災復興資材として払下げられます。

格納庫が何時頃農業協同組合に払い下げられ移築されたか不明ですが、空撮を追うと昭和30(1955)年代中頃には移設された様です。
格納庫は全国農業教導組合連合会長崎県本部(JAながさき)広域物流センターとして使用されていましたが、平成24(2012)年、九州新幹線西九州ルートが着工、諫早駅は新幹線路線に含まれる事から、平成27(2015)年、広域物流センターは北側300mに移転、格納庫は破壊されてしまいました。


遺構について
諫早海軍航空基地 格納庫(移設)
諫早海軍航空基地には長崎地方航空機乗員養成所の格納庫が2棟(第一、第二)、大村空諫早分遣隊が開隊する際に2棟(第三、第四)、さらに工場地区の造成とともに新格納庫1棟の合計5棟がありました。
そのうち2棟が農協倉庫として移設されましたが、どの格納庫が移設されたのかは不明です。
空撮で形状を確認すると、形状から大村空諫早分遣隊の開隊に伴い増設された第三、第四格納庫と思われます。
諫早航空基地(現在)格納庫移設 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲遺構の配置
 ※なおこのJAながさきがあった場所は“諫早海軍病院”の跡地になります

A・B 格納庫 南西から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲両格納庫の全景

A(左)・B(右) 格納庫(移設) 西から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲西から

A・B 格納庫 南東から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲東から

A 格納庫
両方とも同一規格で倉庫化に伴い側面にも開口部が開けあれています。
外壁は両棟ともモルタル塗りですが、元々この材質でだったのか不明です。
A 格納庫 北東から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲北東から

A 格納庫(移設) 西から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲西から

B 格納庫
B 格納庫 南西から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲南西から

B 格納庫(移設) 西から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲西から

B 格納庫 南東から 諫早海軍航空隊(長崎諫早)
▲東から
 増築されていました
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
41位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった精強帝國陸海軍、命をかけて国や家族を護ろうとした先人達に思いを馳せるとともに、祖国の弥栄を願い国難に殉じた英霊の遺徳に触れ感謝すべく探索・訪問した軍事遺構、護國神社、資料館を紹介、併せて遺構の歴史、地域との関わり、関連部隊などの調査、研究成果を発表しています。

遺構は飽くまで「物」であり、そこに関わった「人」の存在、歴史を理解してこそ遺構の調査、研究は成立すると考えます。
--------------
掲載写真、図面、資料、文章の
無断転載は禁止します。
当ブログを参照した際は度合いによらず必ず引用明記のうえリンクを張ってください。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる