fc2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

歩兵第十八聯隊

徳川四天王筆頭・酒井忠次が城代を務めた事で知られる吉田城阯に「東海の勇兵」と称された歩兵第十八聯隊がありました。

兵営では後に歩兵第百十八聯隊歩兵第二百二十九聯隊が編成され、陸軍飛行場設定部(のちに陸軍航空基地設定練習部に改編)が置かれます。
ア 営門 南東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲豊橋公園入口に転用されている営門

【探索日時】
平成27(2015)年4月13日





歩兵第十八聯隊兵営 概要
明治4年(1871)8月20日、兵部省第七十三號により吉田城を含む全地方城郭は兵部省に移管され、明治5(1872)年3月18日、収公されます。

明治5(1872)年11月28日、政府は全国の徴兵区域を定め、東京、大阪、鎭西、東北の4個鎭臺を東京、仙臺、名古屋、大阪、廣島、熊本の6個鎭臺に改めます。

明治6(1873)年1月9日、兵部省は布達第四號により第三軍管鎭臺、歩兵第六聯隊を名古屋城内への設置を決定するとともに、吉田城阯も同鎭臺の営所(分営)として定めます。

明治13(1880)年11月3日、参謀本部長・山縣有朋大将は『隣邦兵備略』を著し清国の軍備を詳述し兵備の強化を上奏、明治15(1882)年8月、参事院議長でもあった山縣大将は軍備拡張の必要性と財政処理について建議し、右大臣・岩倉具視卿の賛同を得て租税増徴を決します。
12月26日、陸軍省(明治5年2月27日、兵部省から改組)は陸軍省達『陸海軍ヲ擴張ス』により明治18(1885)年度より10年間に渡り歩兵聯隊28、騎兵大隊7、野戰砲兵聯隊7、工兵大隊7、輜重兵大隊7などを整備する軍備拡張計画を策定しますが、朝鮮における日清間の事態急迫のため明治17(1884)年度から実行されます。

明治17(1884)年、陸軍省は豊橋分営32,000坪に工兵第二方面の監督、地元大工の施工により歩兵営の建設(予算91,403円)を開始、5月30日、達乙第四十二號により歩兵第十八聯隊の名古屋への一時設置を決定、7月1日、聯隊は歩兵第六聯隊兵営において編成完結します。
9月5日、陸軍省は元藩士屋敷の袋町、東町、八幡町、河毛町、土手町の官民有地62,990坪を練兵場用地、八名郡牛川村の同42,087坪を射的場用地、渥美郡東田村の2,000坪を埋葬地用地として買収します。
明治18(1885)年4月24日、豊橋の歩兵営が竣工、29日、第二・第三大隊が新兵営に転営、明治19(1886)年4月27日、全設備が竣工し、5月10日、聯隊全部の転営が完了します。
歩兵第十八聯隊空撮(大正中期) 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲大正年間の兵営空撮

明治27(1894)年8月4日、明治二十七八年戰役(日清戦争)、明治37(1904)年3月6日、明治三十七八年戰役(日露戦争)において聯隊補充大隊を編成、6月28日、補充大隊は後備歩兵第十八聯隊(8月15日、満洲へ)を編成します。

大正10(1921)年3月25日、満洲駐箚、昭和3(1928)年5月9日、第二次山東出兵、昭和12(1937)年8月25日、支那事変に際し聯隊留守隊(昭和15年7月1日、補充隊に改称)を編成、昭和14(1939)年8月7日、留守隊は歩兵第二百二十九聯隊を編成(10月13日、南支へ)します。
昭和15(1940)年7月10日、歩兵第十八聯隊補充隊は復帰、兵営に第六十三獨立歩兵團司令部、昭和16(1941)年4月20日、歩兵第百十八聯隊が新設され、歩兵第十八聯隊の補充は歩兵第六聯隊補充隊に移管されます。

昭和18年1月18日、兵営に陸軍飛行場設定部が新設され、7月6日、歩兵第百十八聯隊は歩兵第三十四聯隊補充隊(静岡)の空兵舎に移駐します。

昭和19(1944)年12月22日、陸軍飛行場設定部は陸軍航空基地設定練習部に改編され引続き飛行場設定に関する教育、錬成を行うなか、昭和20(1945)年8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

28日、『戰争終結ニ伴フ國有財産處理ニ關スル件』の閣議決定により兵営は内務省を通じ大蔵省に移管されますが、31日、連合軍は占領政策の一環として我が陸海軍の全財産を接収し、管理・処分を厳重に規制する事を示達してきます。
9月26日、京都から米第25師団が名古屋に進駐を開始、10月26日、大和生命ビルに司令部を開設し愛知県各地に本格的な進駐を開始し兵営は接収され兵器、軍需品の処理が行われた後、内務省を通じ大蔵省に返還(11月1日付の一覧に記載が無い事から、それ以降に豊橋陸軍豫備士官學校(旧第十五師團)とともに接収され軍需品処理ののち返還されたと思われますが資料が無く詳細な日時は不明)、同省名古屋財務局の管理下に置かれ豊橋市に管理委託されます。


遺構について
① 歩兵第十八聯隊
歩兵第十八聯隊 南側から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲市公会堂越しに見た兵営

昭和21(1946)年1月、南側兵舎(第一~第三中隊)に戦災に遭った豊橋市役所が市公会堂から移転、昭和22(1947)年4月、北側(第六~第八中隊)、東側(第九~第十二中隊)、西側兵舎(第四・第五中隊)に市立中部第二中学校(昭和23年10月、豊城中学校に改称)が開校、兵営西側は随時豊橋市に払い下げられます。

昭和23(1948)年、豊橋市は名古屋財務局より兵営東半分、練兵場の無償貸与を受け戦災復興事業の始めとして空襲による廃材、瓦礫の撤去(空堀への投棄、観客席への盛土)を兼ねて公園の造成を開始、建物類は戦災復興資材として解体撤去、8月、野球場、昭和24(1949)年11月、陸上競技場、テニスコートなどが完成、昭和29(1954)年、豊橋公園が豊橋産業文化大博覧会(3月20日~5月10日)会場となり設備が整備されます。

昭和29(1954)年3月からの豊城中学校の校舎新築事業に伴い、昭和33(1958)年8月、西側兵舎、昭和44(1969)年8月、北側兵舎、昭和52(1977)年6月、市は新市庁舎を着工(54年2月7日、新庁舎竣工)し南側兵舎、昭和54(1979)年1月、東側兵舎がそれぞれ破壊されます。
昭和52(1977)年6月24日、市制70周年記念事業の一環として医務室一帯に市美術博物館が着工(54年6月1日竣工)します。

現在、兵営は大きく3分割され北西の兵舎一帯が市立豊城中学校、南西が市役所、東側全域が豊橋公園になっています。
歩兵第十八聯隊 現在(愛知豊橋)
▲聯隊敷地と遺構の配置

ア 営門・歩哨舎
有名な遺構で豊橋公園の入口になっています。
門扉こそありませんが、目立つ場所にありながら鉄筋泥棒に襲撃されておらずほぼ完存しています。
ア 営門 南から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲全景

歩兵第十八聯隊 営門(愛知豊橋)
▲営門の当時の姿(撮影年不明)

ア 営門 歩哨舎 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲歩哨舎

ア 営門西側 南東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲左側の袖門

ア 営門東側 南西から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲右側の正門

ア 営門西側 頂部 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲門灯跡

ア 営門 北東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲内側から

ア 営門北側の説明板 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲入った左側に立てられている案内板

イ 西門
明治18(1885)年4月24日、兵営竣工時は同地の北側辺りにあった吉田城関屋門跡に木造の営門が造られます。
明治32(1899)年、南側の吉田城八町門跡に新営門が完成、旧営門は西門になります。
明治42(1909)年、西門は撤去され、やや南側に加藤重次郎氏の施工で煉瓦造の西門が竣工します。
昭和34(1959)年7月、国道1号線の工事区画上にあった事から歩兵第十八聯隊西門保存会により撤去され、現在地に移転されます。
イ 裏門(移設) 西から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲全景
 木製門扉の一部が遺されています。

イ 裏門(移設) 南側 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲南側

イ 裏門(移設) 北側 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲北側

ウ 弾薬庫
コンクリート製が1棟残ります。
回想図を見ると本来は3棟あった様です。
ウ 弾薬庫 北東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲全景

ウ 弾薬庫 北から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲当時の鉄扉が遺ります

ウ 弾薬庫 南側の樋受け 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲当時の樋受け金具も遺ります

カ 擁壁
コンクリート製で位置的に弾薬庫の土塁の物と思われます。
カ 擁壁 北から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

キ 隧道
煉瓦製で精巧な造りですが殆ど埋まっています。
形状、位置的に東側から弾薬庫の土塁内に入る隧道と思われます。
キ 隧道西側 南西から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲西側出入口

キ 隧道東側 東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲東側出入口

オ 馬頭観世音
昭和15(1940)年、紀元2600年を記念し歩兵第百十八聯隊(中部第六十二部隊)第二代聯隊長・松本信吉大佐により建立されました。
馬の守護仏とも言われるので軍馬守護のため建立されたと思われます。
オ 馬頭観世音 東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

エ 昭和五年兵 記念樹
エ 昭和五年兵 記念樹 (3) 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲全景

エ 昭和五年兵 記念樹 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲記念碑 表

エ 昭和五年兵 記念樹 (2) 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲記念碑 裏

ク 灯籠
刻字が無く詳細不明です。
ク 灯籠 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

ケ 土留
コンクリート製でこの先(現、美術博物館)にあった下士官集会所への通路の様です。
ケ 下士官集会所 土留 西から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲全景

ケ 下士官集会所 土留 北側 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲北側

コ 土留
同上。
コ 下士官集会所 土留 北東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

ス 聯隊記念碑
元々はこの上に砲弾が載っていた様です。
文字が全てモルタルで埋められており、何の記念碑か不明です。
裏面に「北満派遣」、「済南事変」の刻字が見えている事から歩兵第十八聯隊の勲功を顕彰する碑の様です。
ス 聯隊記念碑 表 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲全景

ス 聯隊記念碑 裏 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲裏面の説明版

セ 将校集会所門柱
現在、三之丸会館がある場所にあった将校集会所へ入る門です。
コンクリート躯体にスクラッチタイルを鉢巻状に嵌め込み装飾性を高めています。
セ 将校集会所門柱 北から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲全景
 本来は奥の林側から撮影場所に向け入れました

セ 将校集会所門柱西側 南から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲近影

ソ 彌健神社跡
聯隊隊内神社の跡で鳥居が遺ります。
ソ 彌建神社(隊内神社)跡 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲鳥居
 昭和8(1933)年4月3日、三遠国防義會献納

豊橋軍隊記念碑
一般に「軍人記念碑」と呼称されました。
明治30(1897)年、聯隊に入営した三河、遠江、駿河、伊豆地方の壮丁の日清戦役での活躍、英霊を顕彰し国民の亀鑑とすべく4地方からの寄付金、宮内庁よりの下賜金100円で練兵場南側に南面して建立されます。
竣工時は16×16×高さ15mの石垣上に高さ2.5mの台座が設けられ、その上に岡崎雪声作の2.5mの神武天皇銅像が建立されます。
大正5(1916)年、台座と像が練兵場中央に南面して移設されます。

大東亜戦争停戦に伴いGHQの辱めを避けるべく、市収入役・丸地古城により出雲大社豊橋分院に安置、昭和40(1965)年11月23日、彌健神社跡に移設されます。
ソ 軍人記念碑の神武天皇像(移設) 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

あ 歩兵第十八聯隊之阯
昭和39(1964)年8月、聯隊の顕彰慰霊のため歩兵第十八聯隊所属者有志により建立されます。
あ 歩兵第十八聯隊之阯 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

う 歩兵第二百二十九聯隊記念碑
昭和45(1970)年9月15日、元歩兵第二百二十九聯隊戦友会(福々会)により建立、ラバウルで奉焼された軍旗の遺灰が奉納されます。
う 歩兵第二百二十九聯隊記念碑 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

い 此処に歩兵第百十八聯隊ありき
昭和55(1980)年11月2日、歩兵第百十八聯隊関係者有志により建立されます。
い 此処に歩兵第百十八聯隊ありき 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

サ 灰捨場
タバコの灰を捨てる場所です。
埋められていますが上部の孔から中に捨て、裏側の開口部から空堀に落ちる仕組みだった様です。
サ 灰捨場 南西から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

サ 灰捨場 南東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲裏側の捨て口

シ 貯水槽基礎
土塁上にコンクリート製貯水槽の基礎?底?が遺ります。
シ 貯水槽基礎 北から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

タ コンクリート構造物
本丸空堀内に遺ります。
用途不明です。
タ 地下壕跡? 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

チ 地下壕跡
本丸空堀内に遺り、閉鎖されています。
チ 地下壕跡 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

ツ 地下壕跡
本丸空堀内に遺り、閉鎖されています。
ツ 地下壕跡 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

テ 地下壕跡
崩落しています。
テ 地下壕跡 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)

ト 地下壕跡
本丸空堀内に遺り、閉鎖されています。
ト 地下壕跡 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)


②豊橋陸軍練兵場
通称、八丁(八町)練兵場と称されました。
停戦後の経緯は上記の通りで、遺構は何も遺されていない様です。


③射的場
主に短距離に射撃演習がここで行われ、長距離射撃は牛川陸軍射撃場(開設時は「射的場」)で行われました。
小銃の射程延伸に伴い昭和初期には廃止され練兵場に統合された様です。
昭和20(1945)年8月28日、大東亜戦争停戦に伴い大蔵省に移管、昭和26(1951)年、北側が法務省に移管され戦災に遭った名古屋刑務所が移転、南側は豊橋市に払下げられ(時期不明)戦災復興土地区画整理事業により住宅地となり現在に至ります。

当地、牛川ともに遺構は何も遺されていない様です。


④豊橋聯隊區司令部
聯隊區司令部は管区内の募兵・徴兵・召集事務、在郷軍人・各補充兵役者に関する事務を掌りました。

明治6(1873)年1月10日、『徴兵令』が施行、各鎭臺の徴兵區が制定され、名古屋鎭臺は第三軍管(第六師管:名古屋、第七師管:金沢)を管掌しました。
明治12(1879)年10月27日、愛知県駐在所が開設されます。

明治21(1888)年5月12日、『大隊區司令部条例』(明治二十一年勅令第二十九號)が公布、5月24日、第三師團司令部内に名古屋大隊區司令部、5月31日、豊橋市伝馬町の興徳寺に豊橋大隊區司令部が開設、6月5日、愛知県駐在所は廃止されます。

明治29(1896)年4月1日、豊橋聯隊區司令部の改編に伴い人員が増加したため、練兵場南東端に庁舎を新築し移転します(移転時期不明)。

昭和16(1941)年11月1日、豊橋聯隊區は名古屋聯隊區に統合され廃止、敷地、庁舎は第三師團経理部に移管されます。

大東亜戦争停戦後、跡地は大蔵省に移管ののち愛知県に払い下げられ、現在は東三河総合庁舎になり遺構は何も遺されていない様です。


⑤歩兵第十七旅團司令部
明治30(1897)年10月6日、豊橋偕行社(歩兵第十八聯隊将校集会所)に歩兵第十七旅團司令部(9月28日、土屋光春少将補職)が新設され、明治31(1898)年1月10日、練兵場南東端(東八丁)に庁舎が竣工し移転します。

大正14(1925)年5月1日、第三次軍備整理(宇垣軍縮)により旅團司令部は復帰、庁舎は第三師團経理部に移管されます。

大東亜戦争停戦後、跡地は大蔵省に移管ののち豊橋市に払下げられ(時期不明)、戦災復興土地区画整理事業により住宅地となり遺構は何も遺されていない様です。


⑥豊橋憲兵分隊
明治22(1889)年3月28日、『憲兵條例』改正に伴い、4月1日、愛知憲兵隊が編成され、6月6日、豊橋八丁(第七管区首部)、豊橋本町、下地各屯所が開設します。

明治28(1895)年7月3日、愛知憲兵隊は第三憲兵隊に改称、明治31(1898)年12月1日、豊橋憲兵分隊が新編され西八に庁舎を新築、屯所は廃止されます。
明治40(1907)年10月7日、第三憲兵隊は名古屋憲兵隊に改称、26日、豊橋憲兵隊が開設され、豊橋憲兵分隊は豊橋憲兵隊に隷属転移します。

大正14(1925)年5月1日、第三次軍備整理(宇垣軍縮)に伴い豊橋憲兵隊は復帰、豊橋憲兵分隊は再び名古屋憲兵隊に隷属転移、高師村の豊橋憲兵隊跡に移転します。

昭和20(1945)年3月30日、「決號作戰」(本土決戦)に向け名古屋憲兵隊は東海憲兵隊司令部に改編され、8月16日、停戦を迎えます。

資料が無く高師村移転後の旧豊橋憲兵分隊跡地の経緯は不明ですが、民間に払下げられたと思われます。
戦災復興土地区画整理事業により道路になり区画すら遺されていません。


編成部隊
歩兵第十八聯隊(雷三二一九/滿洲第六四七部隊)
明治13(1880)年11月3日、参謀本部長・山縣有朋大将は『隣邦兵備略』を著し、清国の軍備を詳述し兵備の強化を上奏します。
明治15(1882)年8月、参事院議長でもある山縣大将は軍備拡張の必要性と財政処理について建議、右大臣・岩倉具視卿の賛同を得て租税増徴を決します。
12月26日、陸軍省は陸軍省達『陸海軍ヲ擴張ス』により明治18(1885)年度より10年間に渡り歩兵聯隊28、騎兵大隊7、野戰砲兵聯隊7、工兵大隊7、輜重兵大隊7などを整備する軍備拡張計画を策定しますが、朝鮮における日清間の事態急迫のため明治17(1884)年度から実行されます。

明治17(1884)年6月2日、歩兵第十八聯隊長・福原豊功中佐以下将校56名が発令、歩兵第六聯隊第三大隊兵舎(名古屋城二之丸))において編成着手、25日、歩六71名、歩七(金沢)62名、各鎭臺23名の下士官、歩六250名、28日、歩九(大津)484名、7月2日、歩七250名の兵、7月1日、徴兵550名を加え3個大隊が編成完結、8月15日、宮中において軍旗を拝受します。
聯隊は歩六とともに歩兵第五旅團(名古屋)に配属され、名古屋鎭臺隷下に編入されます。
歩兵第十八聯隊 軍旗(愛知豊橋)
▲歩兵第十八聯隊 軍旗

明治18(1885)年4月24日、吉田城跡に名古屋鎭臺豊橋分営の一部兵舎が竣工、27日、第二・第三大隊が名古屋を出発、岡崎に一泊し29日、豊橋の新兵営に到着、明治19(1886)年4月27日、全設備が竣工し、5月8日、軍旗、聯隊本部、第一大隊が名古屋を出発、10日、住民の歓呼に迎えられ豊橋に到着し転営が完了します。

明治22(1889)年2月20日、豊橋駅において口論から第十一中隊の兵3名が駅夫らに軟禁された事から身柄引渡しに向かった木下軍曹以下4名を駅夫が罵倒、身柄は引渡されたものの、24日、中隊の兵16名が兵器を持ち出し報復に駅舎内を破壊する停車場事件が発生、第三師團軍法會議により裁判が行われ、25日、聯隊長・小林師現中佐は休職のうえ更迭されるなど判決が下されます。

明治27(1894)年2月、朝鮮国において東学党の乱が発生、朝鮮国は独力での乱鎮圧が不可能なため、5月31日、清国に出兵を要請、6月2日、我が国は天津条約に基づき居留民保護のため出兵を決定、5日、大本營を設置し混成歩兵第九旅團(大島義昌少将、歩十一、歩二十一、砲兵1個大隊、騎兵、工兵各1個中隊、輜重兵1/2中隊7,000名)の編成下令、9日、歩兵第十一聯隊第一大隊(広島)を先遣隊として宇品を出港、12日、仁川に上陸、暴動を鎮圧します。
我が国は清國に対し朝鮮内政共同改革案を提案しますが、朝鮮を属国とみなす清國は提案を拒否して来たため、12日、第五師團に動員下令、7月中旬、清國はさらに我が国を弱小国と軽視し兵力を増強、25日、豐島沖海戦が発生、8月1日、我が国は清國に対し宣戦を布告、明治二十七八年戰役(日清戦争)が開戦します。

8月4日0800、第三師團に動員下令、7日、聯隊の編成完結、輸送力の欠乏から聯隊を主力とする佐藤支隊(聯隊長・佐藤正大佐、歩十八基幹、騎兵1個小隊、野戰砲兵第三聯隊第三大隊、工兵第三大隊)を編成し先発に決します。

23・24日、聯隊は豊橋を出発、25~29日、宇品を出港、27~30日、元山に上陸、元山支隊と改称し、29日、豪雨のなか第一大隊を先頭に元山を出発、31日、朔寧支隊(歩兵第十旅團長・立見尚文少将)の指揮下に編入され、9月13日、敵の退路を遮断すべく平壌北方の順安に前進します。

15日未明、平壌(葉志超以下15,000守備)の総攻撃を開始、第五師團(野津道貫中将、広島)主力の苦戦に元山支隊は攻撃に転移、第五・第四堡塁、次いで第三堡塁に進撃し朔寧支隊に連絡、玄武門を突破し牡丹台陣地に進撃するも敵の激烈な銃撃を受け攻撃は遅滞しますが、1645、突如潰走(葉の士気の低さが原因)、16日、平壌を攻略します。

8月29・30日、師團主力は名古屋を出発、27日、師團長・桂太郎中将が平壌に到着し元山支隊は師團に復帰、第三・第五師團は第一軍(山縣有朋大将)戦闘序列に編入されます。

10月1日、軍は義州への前進を下令、2日、聯隊は第三大隊が平壌を、3日、聯隊主力は師團とともに平壌を出発、20日、水口鎮に集結、24日、第二大隊は軍先頭として鴨緑江を渡河し安平河左岸高地を占領、25日、軍主力は仮設橋を架橋し鴨緑江を渡り歩六(塚本勝嘉中佐)が敵騎兵の逆襲を撃破し、野戰砲兵第三聯隊とともに虎山を攻略、26日、第五師團は九連城を無血攻略、軍は安東県を攻略、27日、第三師團は大東溝、大狐山を攻略、11月18日、歩六は岫厳の敵歩騎兵5,000を撃破し同地を攻略します。

12月1日、山縣大将は第三師團に要所・海城への進撃を下令、9日、聯隊は大狐山に第三大隊を残置し主力は岫厳に集結、12日、歩兵第五旅團(歩十八第一大隊、歩七(三好成行大佐、金沢))は析木城を無血攻略、聯隊主力は石門嶺に進出し清軍を牽制、13日、歩七が海城を攻略し師團は同地の守備にあたり、19日、歩十八第一大隊は敵の海城侵攻拠点(海城西端)である馬圏子を攻略します。

明治28(1895)年1月17日、敵地に突出している海城に火砲13門を伴う清軍15,000が来襲するも歩十八第三大隊が撃退、21日、再び火砲15門を伴い20,000で来襲するも歩十八聯隊長・佐藤大佐が第三大隊、歩六第一大隊を率い撃退、2月17日、海城後方の析木城に火砲2門を伴い歩兵6,000、騎兵200が来襲するも歩十九第三大隊が撃退、さらに21日、27日と来襲するも唐王山において撃退します。

28日、師團は歩六を先遣隊として海城を出発、歩十八は大富屯において歩六の協力を得て敵を撃破、3月2日、鞍山站を無血攻略、3日、聯隊は師團先頭として進撃を開始、4日、聯隊長・佐藤大佐は負傷しながらも牛荘城前面の敵2,000を撃破、師團は城内に突入し敵5,000を撃破し、5日、第五師團とともに牛荘城を攻略、9日、田庄台で火砲を伴う優勢な敵を撃破し第一(山地元治中将、東京)、第五師團とともに同地を攻略、遼河平原の掃討ののち営口、蓋平付近の警備にあたりつつ直隷平野での決戦準備を進めます。

3月30日、休戦条約が調印され、31日、聯隊は停戦命令を受領、4月17日、講和条約が調印(5月8日、批准交換:下関条約)されたため師團は金州に集結、6月17日、聯隊は同地を出発、20日、大連港を出港、24日、聯隊主力は宇品に、第五・第八中隊は神戸に上陸、25~27日、豊橋に凱旋、29日、慰霊祭を挙行、7月4日、復員完結します。

明治28(1895)年5月23日、下関条約で我が国に編入された台湾において劉永福が台湾民主国を詐称し反乱、29日、近衞師團(北白川宮能久王中将)が澳底に上陸し戡定を開始します(台湾征討)。
7月、大本營は第三師團に1個大隊の増援を下令、10月23日、第一大隊は宇品を出航、基隆に上陸し敗残兵を掃討しつつ台北、新竹を経由し台中に進撃、同地の警備にあたり、明治30(1897)年10月10日、豊橋に凱旋します。

講和条約により我が国は清国より遼東半島の領有を認められますが、明治28年5月14日、ロシア、フランス、ドイツの干渉(三国干渉)により領有を放棄せざるを得ませんでした。
当時、ヨーロッパ列強諸国による植民地獲得競争は極東にも及び、特にロシアの軍備は脅威的な事から我が国は安全保障の観点から軍備増強を決定します。

明治29(1896)年3月14日、陸軍省は『陸軍平時編制』を改定(勅令第二十四號)し、第七から第十二師團を新設します。
同改訂により聯隊は新設された歩兵第三十四聯隊とともに新設の歩兵第十七旅團(豊橋)に配属されます。

明治28(1895)年5月14日の三国干渉以降、ロシアは露骨に満洲の領有を進め、安全保障上の驚異を感じた我が国は解決を図るべく、明治36(1903)年7月以降、ロシアと外交交渉を重ねますがロシアに交譲の誠意無く、さらに軍備を増強し武力により我が国を威嚇するに至ります。
明治37(1904)年2月5日、我が国はロシアに対し最後通牒を公布、9日、ロシアが宣戦を布告、10日、我が国が宣戦を布告、明治三十七八年戰役(日露戦争)が勃発します。

3月6日、第三師團に動員下令、12日、聯隊(石原應恒大佐)の動員完結、14日、師團の動員完結、16日、第二軍(奥保鞏大将)戦闘序列に編入、25日、聯隊は豊橋を出発、28日、鉄道にて広島に集結します。

4月20日より第二軍(第一、第三、第四師團)は宇品を出港、23日、朝鮮沖の鎮南浦沖に仮泊、5月3日、出港、5日、聯隊は猴兎石に上陸、師團とともに青台山に進出し軍の上陸援護にあたります。
13日、第二軍は普蘭店-媲子窩の線に進出、15日、軍予備の聯隊は砲兵第一旅團の指揮下に編入され、21日、敵の兵站根拠地・大連を攻略すべく同地を出発し南下、25日、聯隊は軍左翼の師團左翼(歩十七旅團(兒玉恕忠少将、歩十八、歩三十四欠))として第二、第三大隊を第一線、第一大隊を予備に部署し南山を攻撃、26日、敵の激烈な銃砲火に損害が続出するも第四師團正面に第四、第一師團全力を集中、激戦ののち同地を攻略します。

29日、旅順攻略のため第三軍(第一・第九・第十一師團)が新編され、第二軍戦闘序列は第三・第四・第五師團に更改されます。
31日、第三師團は第十一師團に任務を移譲、6月5日、聯隊は前家児房、小閻家屯、葛家屯に前進、13日、第二軍は旅順救援を企図し得利寺に集結中のシベリア第1軍団(シタケリベルグ中将)を殲滅すべく三縦隊(師團は右縦隊、聯隊は師團左縦隊)で北上を開始、14日、歩五旅團を右翼、歩十七旅團を左翼に部署し得利寺に攻撃を開始、15日、歩十八は城子山を激戦ののち攻略、左翼の歩三十三(吉岡友愛中佐、守山)は陳家屯、龍王廟を攻略、右翼隊正面の敵右翼に進撃したため、敵は潰走、同日、第四師團が敵後方に進撃したため敵は撤退、軍は得利寺を攻略し露軍南侵の企図を放棄させます。

20日、軍は蓋平付近に停止した敵を殲滅すべく、師團は軍先頭として北上を開始、7月5日、敵主力は大石橋に撤退、聯隊は歩三十四とともに周辺の頭台子北方高地、青石関東方高地の敵を撃破、軍は蓋平を無血攻略、12日、第三軍は第四軍(第四・第六師團)と連絡、22日、聯隊は軍総予備に部署され、23日、師團は歩五旅團(歩三十三、騎兵三、野戰砲兵三、工兵三)を先遣として蓋平を出発します。

24日0600、師團は辺杵溝山を攻略、敵は海城方面に敗走し、25日0600、第二・第四軍は大石橋を攻略します。

6月20日、戦局の拡大に伴い滿洲軍總司令部(大山巌大将)が創設(23日、統帥発令)され、第一軍戦闘序列は近衞、第二、第十二師團、第二軍戦闘序列は第三、第四、第六師團、第三軍戦闘序列は第一、第九、第十一師團、第四軍(24日、新設)戦闘序列は第五、第十師團に更改されます。

露満洲軍司令官・A.クロパトキン中将は我軍の北進を拒止すべく海城を放棄、遼陽を中心に20万(火砲600門)を集結、鞍山站、首山堡一帯に陣地を築城、8月3日、我軍は海城を無血攻略します。

24日、大山大将は遼陽攻撃を下令、26日、聯隊は師團に復帰し予備隊として宿営地を出発、沙河に前進、30日、聯隊は師團右側衛に部署され沙河を出発、師團最右翼に位置し第五師團に協力すべく東上勾高地に進出します。
師團は首山堡南側の北大山の陣地に攻撃を開始しますが、敵の堅陣、激烈な銃砲火に加え悪天候により損害続出し攻撃は遅滞、31日0100、師團の攻撃前進が全軍の勝敗を決するとし全滅を賭して攻撃を再開、敵の激烈な銃砲火に第二大隊長・前田喜熊少佐、第八中隊長・秋山助六郎大尉が相次いで散華するなど甚大な損害を受けるなか、1230、歩六第二中隊が北大山の敵第一塁攻略に成功、同堡塁に進出した聯隊は第二塁攻略準備中、9月1日0200、敵は退却し、師團は北大山を攻略します。

3日0500、師團は聯隊を右翼隊、歩三十三を左翼隊として野砲三(島川文八郎大佐)の援護射撃のもと第五・第六師團とともに遼陽の攻撃を開始、敵の逆襲に歩三十三第一大隊長・那須仙太郎少佐が散華するなど損害を受けながらも、2200、敵の退却により同城を攻略します。

10月10日、聯隊は師團先頭として沙河堡に進撃、11日、歩三十四とともに師團左翼隊に部署され双台子を出発、12日、歩六第一大隊の来援を得て英得牛縁、十里河付近で敵を撃破、13日、師團は長興甸-江湖屯の線に進出、14日、聯隊は右翼隊(歩十七旅團)、に部署され攻撃前進を開始、敵の逆襲に苦戦しながらも右翼隊歩三十四は後台高地に進撃、歩十八は師團右側の第六師團に連携し狐家子-長岑子の線に進出します。
15日、師團は第六師團と調整し進出の遅れている歩十八に三道崗子西方高地の敵陣攻略を下令、16日、聯隊は激戦ののち三道崗子、さらにその北方高地を、第六師團山田支隊は万宝山を攻略するも、第二軍は敵大部隊及び第二線に堅陣があることから沙河左岸を占領し対陣に決し、聯隊は狐家子に後退しますが、山田支隊とともに野砲兵第六聯隊の転進援護にあたっていた第二大隊が敵1個旅団に急襲され第二大隊長・八巻少佐が散華するなど甚大な損害を受けてしまいます。
20日、各軍は冬営に備え防御陣地を築城、沙河を挟んで露軍と対陣します。

明治38(1905)年1月23日、師團は滿洲軍総予備に部署され第六師團に陣地を移譲、大東山堡に移駐します。
25日、敵第2軍(グリッペンベルグ大将)105,000が第二軍左翼、秋山支隊(秋山好古少将)守備の黒溝台、沈旦堡、唖叭台方面に来襲、總軍命令により歩十八は唖叭台の救援に進撃、28日、第八師團も到着し敵を撃退します。
2月上旬、師團は太平庄-李大人屯-沈旦堡を守備、24日、第四師團の進出に伴い、師團は第二軍の総予備に部署されます。

2月27・28日、軍は奉天攻略に向け敵陣に砲撃を開始、3月1日、攻撃を開始します。
5日、師團は敵の攻勢企図を挫折させ、第三軍(第一・第七・第九師團、後備歩兵第十五旅團)の繞回運動(敵の背後に迂回)を容易にすべく楊土屯北方高地-三軒家-干洪屯の陣地占領を下令され、李官堡に前進し第九師團と交替、于洪屯の敵に対峙します。
7日、歩五旅團は三軒家、干洪屯南部部落を攻略するも、敵の激烈な逆襲、包囲を受け損害続出、聯隊は救援に向かい第六中隊が李家堡東方に進撃、第九中隊が歩五旅團の弾薬補給にあたりますが、甚大な損害を受け、8日、師團命令により敵の重囲を突破し李官堡に集結します。

9日、師團は戦線を整理し進撃を開始、第三軍が敵の背後に進出したため、1030、干洪屯の敵は潰走、10日、第四師團が奉天に入城、聯隊は牛心屯東方に進出、敗敵を追撃しつつ奉天城北門外に進撃、軍は敵の追撃を開始しますが、師團は甚大な損害を受けていたため奉天において俘虜、鹵獲品の整理にあたります。
11日、軍は三岔子-横道河子に進出し防衛態勢に入り、15日、鉄嶺を攻略します。

敵は新たに5個師団に動員を下令、哈爾浜周辺に50個師団を集結させつつあったため、5月4日、師團は第四家子、十間家子に前進、6日、陣地築城を開始します。

27日、日本海海戦で聯合艦隊(東郷平八郎大将)がバルチック艦隊(ロジェストヴェンスキー中将)を撃滅、7月12日、第十三師團が樺太南部、30日、全島を攻略、8月末、韓國駐箚軍(長谷川好道大将)が元山付近まで侵攻していた露軍を撃破し朝鮮半島を勢力圏下に収めます。
9月1日、講和条約が締結され、16日、両軍は停戦、12月22日、師團に凱旋が下令、31日、聯隊に凱旋が通達されたため鉄嶺に集結、31日、斉家窩棚付近を出発、鉄道にて大連に移動、明治39(1906)年1月7日、8日、大連を出港し宇品に上陸、広島より鉄道にて、14日、豊橋に凱旋します。

明治39(1906)年3月、聯隊から集成1個中隊(梶原景敏大尉)が北清駐屯軍に編入され北京の警備にあたります。

明治39(1906)年、陸軍省はロシアの兵備強化に備えるべく、戦役中に臨時動員した4個師團を常設師團に改編するとすると伴に、2個師團(第十七、第十八師團)の増設を決定、明治40(1906)年3月21日、豊橋に第十五師團の衛戍を決定、9月17日、軍令陸四百號により『陸軍管區表』、『陸軍常備團隊配備表』を改正し各師團の編合を定めます。
同改正により聯隊は歩兵第三十四聯隊とともに第十五師團に隷属転移、新設の歩兵第六十聯隊(豊橋)とともに歩兵第十七旅團に配属されます。

大正元(1912)年10月、第一中隊を基幹として北清駐屯歩兵中隊を編成し天津へ、第八中隊を基幹として臨時北清派遣中隊として山海関付近に派遣、警備にあたります。

大正3(1914)年3月28日、第三中隊を基幹として臨時朝鮮派遣中隊を編成し朝鮮に派遣します(大正5年4月9日帰還)。

大正5(1916)年5月6日、集成1個中隊(加藤銅二大尉以下156名)が歩兵第七十三聯隊の新設要員として転出します。

9月1日、集成1個中隊(池上条太郎大尉)は歩六十の集成1個中隊とともに青島に派遣、青島守備軍第四大隊を編成、青島の守備にあたります(大正6年9月19日帰還)。

大正10(1921)年3月、師團に第十六師團と交替し満洲駐箚が下令、25日、聯隊は歩十七旅團司令部とともに豊橋を出発、4月4日、哈爾濱に到着、聯隊主力を哈爾濱、一部を東支東線沿いの一面坡、横道河子、綏芬河に配置し警備にあたります。
12月12日、黒竜江沿岸偵察に向かった關東軍司令部附の村井少佐及び護衛にあたった第五中隊の藤川晶軍曹以下10名が斉斉哈爾郊外の狐店で馬賊に襲撃され藤川軍曹、尾崎上等兵以外が殺害されてしまいます(狐店事件)。

大正11(1922)年8月14日、哈爾濱発ボクラニチナヤ行の列車が匪賊の襲撃を受け警乗兵(第五中隊)の小久保富士雄一等卒、傭人・横尾金次郎が散華、便乗の第三中隊の廣田新六少尉以下13名が負傷してしまいます(ボクラ事件)。

20日、横道河子より哈爾濱に向かっていた第七中隊の渥美伍長、桂二等卒乗車の列車が途中、匪賊の襲撃を受け両名は応戦するも桂二等卒が散華してしまいます(サラヘーズ事件)。)

9月14日、聯隊は哈爾濱を出発、16日、龍樹屯に移駐、軍令陸乙第十三號『陸軍平時編制』改正(8月15日、公布)に伴い、歩兵聯隊は1個大隊4個中隊から3個中隊(第四、第八、第十二中隊は復帰)に、駐満聯隊は歩兵2個大隊、留守隊1個大隊に改編されます。
同改正により聯隊の留守隊(豊橋2個中隊)は復帰、20日、留守隊となる第一大隊が龍樹屯を出発、大正12(1923)年4月16日、聯隊は第六師團隷下の歩兵第十三聯隊に任務を移譲し輸送船に乗船、17日、龍樹屯を出航、名古屋港に入港し、24日、豊橋に帰還します。

9月1日、関東大震災が発災、3日、關東戒厳司令部が設置され、第十五師團に出動下令、聯隊は1個中隊が神奈川県に進出、被災者救援、警備にあたり、5日、聯隊、歩六十、歩六十七(浜松)、歩三十四の衛生部員により第二救護班(115名)を編成、海路芝浦に上陸、東神奈川に進出し、11日、治療を開始、さらに厚木に向かい計1,594名を治療します(9月末~10月上旬、帰還)。

大正14(1925)年3月27日、第三次軍備整理(所謂、宇垣軍縮)による第十五師團の復帰が公布、4月19日、豊橋陸軍練兵場において師團解団式が挙行され、5月1日、第十五師團(歩兵第六十聯隊、騎兵第十九聯隊、工兵第十五聯隊、野砲兵第二十一聯隊、輜重兵第十五大隊、歩兵第六十七聯隊)は復帰、聯隊は歩三十四とともに第三師團に隷属転移、歩兵第二十九旅團に配属、第三大隊は旧歩六十七(浜松)に移駐します。

昭和3(1928)年4月、大陸において奉天軍閥(張作霖)の北伐に向かう国民党革命軍(国府軍:蒋介石)が山東省に侵攻したため、政府は居留民と我が国の権益保護のため、4月19日、第六師團を派遣、国府軍は邦人保護を確約しながら、5月3日、邦人居留民13名を虐殺(済南事件)に及んだため、第六師團は済南城に進撃、8日、政府はさらに1個師団の派遣を決定、9日、第三師團に動員下令(第二次山東出兵)、18日、聯隊(蟹江冬蔵大佐)の動員が完結します。

19日、豊橋を出発、20日、大阪港を出航、27日、塘沽に上陸し、第六中隊を残置、支那駐屯軍(新井亀太郎中将)の指揮下に編入され野砲三第三大隊とともに天津に集結、第一大隊が日本租界、第三中隊は英、米、仏、伊連合軍とともに水源地の守備にあたります。
師團主力は数梯団に別れ宇品を出航、5月23日~6月5日、青島に上陸し済南-青島間の「宣言区域」(第六師團と蒋介石、張作霖間にかわされた我軍の不可侵守備区域)の守備にあたります。
6月、国府軍に圧迫され形勢不利を悟った張作霖は満洲に撤退する途次、4日、奉天近郊で爆死します。
首領を失った奉天軍は北京、天津で略奪に及んだため新井中将は天津市内の交通を遮断、7月4日、第二大隊は山海関、第五中隊は秦皇島の守備にあたります。
8月22日、聯隊に師團復帰が下令され天津を出発、9月11日、坊子に聯隊本部、高蜜に第一大隊、膠州に第一中隊、濰県に第七中隊、師團直轄として済南に第三大隊は配置し歩兵第二十九旅團の担任地区(瀰河-青島間)の守備にあたります。

昭和4(1929)年3月28日、日支間の協定が締結され、4月1日、師團に内地帰還が下令、5月15日、聯隊は青島に集結、19日、同地を出航、5月25日、豊橋に帰還します。

昭和6(1931)年9月18日、柳条湖事件(満洲事変)が勃発、昭和7(1932)年3月1日、満洲国が建国されます。

昭和9(1935)年3月17日、第三師團に滿洲駐箚のため編成下令、4月1日、編成着手、5日、編成完結、16日、聯隊は豊橋を出発し、17日、敦賀港を出航、19日、朝鮮清新に上陸、23日、哈爾濱、27日、依蘭に第三大隊を配置し、28日、聯隊主力は佳木斯に進出、第十師團から任務を継承し第二大隊を富錦に配置、滿ソ国境付近の警備にあたり治安維持、匪賊の討伐を実施、さらに国境線において匪賊を煽動するソ聯軍の侵攻を封鎖します。
昭和10(1935)年9月下旬から10月上旬、聯隊は秋季大討伐を実施、10月中旬、聯隊本部、第一大隊はは掖河に移駐します。

昭和11(1936)年3月、師團は警備地区全域に渡り1ヶ月間匪賊討伐を実施、4月26日、第十二師團に警備を移譲し哈爾濱に集結、5月1日、奉天に移駐、關東軍總豫備隊に部署され緊急事態に備え、明治三十七八年戰役(日露戦争)の旧跡を訪ね英霊の慰霊祭を挙行、5月13日、總豫備隊を解除され、14日、大連に移駐、15日、大連を出航、20日、宇品に上陸し、似島検疫所を経て、22日、豊橋に凱旋します。

昭和12(1937)年7月7日、北支事變(9月2日、支那事變と改称)が勃発します。
我が国は不拡大方針を堅持、和平解決にあたりますが、8月7日、国民党政府(蒋介石)による在留邦人に対する度重なる違法行為、軍事的挑発行動は日増しに激化、第三師團は参謀本部より中支方面派遣の内示を受領、11日、師團に動員下令に関する内示が伝達されます。
13日、支那第二九軍(張治中)が上海海軍特別陸戦隊に攻撃を開始、第二次上海事変が勃発します。

14日、第三師團に応急動員(第五動員一號)下令、上海派遣軍(松井石根大将)戦闘序列に編入されます。
15日、聯隊(8月2日発令された塩澤清宣大佐は病床にあったことから14日、石井嘉穂大佐が発令)は動員第一日、25日、動員完結し豊橋を出発、27日、師團後続部隊(師團主力は23日、呉淞付近の長江江岸に敵前上陸)として歩兵第二十九旅團司令部(上野勘一郎少将)、騎兵第三聯隊、工兵第三聯隊、歩兵第三十四聯隊とともに列車で広島に集結、28日、聯隊は歩二十九旅團司令部、騎三とともに吉野丸、ばいかる丸、能代丸、瑞穂丸、新興丸に分乗し宇品を出航します。

9月1日、軍は師團に上海共同租界東端の公大飛行場の確保、呉淞-上海間の軍工路付近の敵撃破を下令、聯隊より飯田支隊(歩十八第三大隊長・飯田七郎少佐、野砲三第九中隊(梶野光次中尉)、工兵三第二中隊第二小隊(野末正治少尉)、通信隊)が編成され、3日、上海共同租界の一角に上陸、5日、滬江大学付近に前進、6日、黄浦江に上陸した第九中隊(中村清吉大尉)と連絡し攻撃を開始、敵5個師の激烈な敵銃砲火を突破し第一・第二陣を攻略、8日、敵第四陣攻撃中に第十一中隊長・梅田定夫中尉、第三陣攻略直後に逆襲により第十二中隊長・山本芳雄中尉、そして敵逆襲を防戦中に支隊長・飯田少佐が相次いで散華するも第十中隊長・森原一百大尉が指揮を継承し第三陣、公大飛行場、9日、遂に第四陣を攻略、11日、呉淞より南下の片山支隊(歩第五旅團長・片山理一郎少将、歩六、野砲三第一大隊基幹)と連絡し軍工路の敵を駆逐、飯田支隊は片山支隊に配属され、敗敵を追撃し江湾鎮競馬場東方1,500mの線に進出します。
飯田七郎少佐 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲出発前に階級章を外した飯田少佐

一方、聯隊主力は9月2日、呉淞桟橋に上陸、歩六の右後方に進出し歩六、歩六十八の中間第一線を交替し張家上を攻略、5日、泗塘クリークを渡河し敵前進陣地・楊家宅に進撃、同日、歩二十九旅團司令部、歩三十四が呉淞東北に上陸、8日、歩二十九旅團は師團第一線に部署され敵陣攻撃中の歩十八の右翼に歩三十四を配置し進撃を開始、12日、聯隊は楊江鎮一帯の届村、張家村、呉家宅の陣地帯を攻略します。

13日、聯隊に第三大隊が復帰し頠家宅一帯の敵陣に進撃、14日、敵の第一抵抗線を攻略、15日、第二抵抗線に進撃、17日、王宅の堅陣を、25日、王丸房を攻略、27日、戰車第五大隊とともに第二抵抗線の中核・無電台の攻略に成功し、帰家衝、金家湾等の第二抵抗線の堅陣を攻略、28日、第三抵抗線に進撃するも連日の戦闘、天候不良、不利な地形に進撃は遅滞しますが、29日、27日に上陸した第九師團が第三師團、及び北側の第十一師團の中間に進出したため、戦勢を挽回、30日、歩六十八が第三抵抗線の張家角を攻略、10月1日、第十三師團が上陸(軍予備)、第三師團は総攻撃により主陣地帯全線、2日、軍主力は劉家行、碩家宅を攻略し左旋回し南下、4日、薀藻浜クリークに進撃します。
22日、師團右翼隊に続き左翼隊(歩十八、歩三十四)も敵の頑強な抵抗を撃破し朱宅を攻略、24日、師團は走馬塘クリークに進撃、26日、大場鎮を攻略、27日、敗敵を追撃し蘇州河に進撃します。

27日、師團は歩五旅團(歩六十八)を右翼隊、歩二十九旅團(歩十八、歩三十四)を左翼隊、歩六を予備に部署、31日、工兵第三聯隊が架橋を開始しますが対岸の敵陣からの機関銃掃射に作業は遅滞したため舟艇にて強行渡河するも強固な敵陣に進撃は遅滞、11月5日、第十軍(柳川平助中将)が杭州湾に上陸したため、8日、支那軍は退却を開始、同日、第三師團の攻撃は進展し、9日、歩六が敗敵を追撃し龍華鎮に進撃、11日、上海租界南方の南市を掃討し、同市を封鎖します。

11日、師團は南京への追撃命令を受領、南翔を経て途中、第十一師團と交差したうえ、道路状況の悪さから進撃は遅れますが、14日、太倉に進出、同日、師團は中支那派遣軍(畑俊六大将)直轄となり、上海後方要地の守備にあたります。

18日、師團は上海派遣軍に復帰、12月2日、蘇州に移駐、軍予備として第九師團に続行し、6日、聯隊は無錫、8日、銀村し進出、13日、南京城は第九、第十六師團により陥落、14日、師團は南京近傍の土山鎮に集結、付近の警備にあたり、17日、第三大隊が南京城入城式に参列、18日、合同慰霊祭を挙行します。

28日、聯隊本部、第二、第三大隊は江陰、第一大隊は江北の靖江の警備にあたります。

3月12日、師團は第六、第十八師團の警備地区中間、広徳に拠る敵3個師(顧祝同)を撃滅すべく、第二十九歩兵旅團討伐隊が無錫を出発、敵を撃破しつつ18日、宜興東西の線に進撃、一方、13日、歩兵第五旅團討伐隊は歩二十九旅團討伐隊に呼応し、埠鎮-金壇の線を出発、21日、両討伐隊、波田支隊(臺灣守備隊司令官・波田重一中将、臺灣歩兵第一・第二聯隊基幹)は三州系の敵陣に攻撃を開始、山岳戦に苦戦しながらも、29日、撃滅します。
4月1日、帰還する際に敵が追尾して来たため、13日、敵を誘引し、15日、戴埠鎮において撃退、14日、張猪鎮で撃破し、聯隊は聯隊本部、第三大隊は溧陽、第一大隊は燕山、第二大隊は金壇に移駐し警備にあたります。

4月7日、大本營は中支那派遣軍(畑俊六大将)、北支那方面軍(寺内壽一大将)に徐州に集結中の敵第五戦区軍、第二〇軍を包囲殲滅すべく徐州会戦を下令、5月5日、師團主力は会戦に参加のため移動を開始、聯隊は警備に残置され、9日、第二大隊は金壇を出発、歩二十九旅團とともに、15日、大営集に集結、19日、南平鎮の敵陣を攻略、同日、第十三師團(萩州立兵中将、仙台)が徐州城を攻略、21日、師團は符離集北方-夾溝西北方の要地を確保し敗敵捕捉に備えますが、敵は19日、北支那方面軍の徐州進撃に伴い宿県方面より撤退、第二大隊は敗敵を撃破しつつ、師團は21日、淮河河畔に集結します。

5月26日、師團は寿県、淮南炭鉱の攻略を下令され、30日、懐遠付近を出撃、6月3日、淮南炭鉱、5日、寿県を攻略します。
11日、敵は我軍の進撃を拒止すべく、鄭州北方において黄河を決壊させ河南、安徽、江蘇各省の住民もろとも水没させたため、我軍は淮河遡江を放棄し住民の救助にあたりつつ、19日、師團は蚌埠に移駐、27日、中支那派遣軍直轄となり南京付近に分散、聯隊は津浦沿線の宿県-浦口間の警備にあたります。

中支那派遣軍は隷下2個軍(第二、第十一軍を新設)により長江江岸及び大別山系を夫々西進させ武漢方面の要地攻略をするとともに、敵に打撃を与え継戦意志の挫折を企図します。
8月1日、師團は第十、第十三、第十六師團とともに第二軍(東久邇宮稔彦王中将)戦闘序列に配属され、第十師團とともに甲軍(大別山北方を西進、乙軍は大別山を踏破し麻城から漢口)に部署されます。
23日、師團は第十五師團に警備を移譲し、歩六を蚌埠以南の鉄道沿線、兵站線警備に残置、9月10日、蘆洲付近に集結し、泥濘悪路、補給の困難ななか六安-葉家集-固始-光州道と軍主力を追及します。
10月2日、師團は信陽攻略を下令され、4日、敵を撃破しつつ進撃を開始、9日、信陽北方の大洋江鎮に進出、12日、羅山-信陽道を西進していた師團指揮下の岡田支隊(第十師團歩八旅團:步三十九、歩四十)が信陽を攻略し守備にあたります。

17日、師團は第十師團に続き敗敵追撃を下令され、上野支隊(歩二十九旅團)を軍の側背援護に残置し、上村支隊(第五旅團長・上村幹男少将、歩六十八基幹)を編成します。
支隊は大別山系の急峻な山岳地を踏破し応山方面に出撃し敵を撃破、22日、敵は敗走したため、敗敵を補足殲滅すべく聯隊は上村支隊を追及、西双河、大廟畈市、応山に進撃し守備(第十一軍指揮下に編入)にあたり、敵第五〇軍(胡南宗)が信陽奪還を企図している報に接し師團は南下を中止し、25日、敵第五〇軍を撃破し、敗敵を追撃ののち、第十一軍(岡村寧次中将)指揮下に編入され信陽、応山の守備に、聯隊は応山南東の黄陂一帯の守備にあたります。

昭和14(1939)年3月下旬、敵第五戦区第三一集団(湯恩伯)10個師が反攻の兆しを見せているため、4月20日、敵の機先を制するべく、師團は軍主力の攻撃に先立ち敵の陽動誘致を下令されます。

5月1日、聯隊は師團右翼として徐家河東岸の敵龍泉寺、劉家河、泉口において数倍の敵を撃破、西進し、5日、高城鎮南北に展開する敵陣を攻撃し、6日、同陣地を攻略し、敵を棗陽東北高地に拘束、第十三師團は滾河に進出後、棗陽東北に、第十六師團は滾河に進出後、胡家鎮方面に、騎兵第四旅團は白河右岸に進撃し襄陽から沘源に進撃し包囲、11日、合河付近で敵3乃至4個師を殲滅します(襄東会戦)。
13日、師團は第十三師團とともに反転を開始し、大供山系長崗付近において敗残兵を捕捉殲滅し反転、信陽、応山、浙河の守備にあたります。

8月15日、第十一軍は武漢失陥ののち我が後方の治安を撹乱する敵第九戦区軍(薛岳一級上将)の捕捉殲滅、蒋介石の継戦意志挫折を企図、26日、第三大隊は上村支隊(歩第五旅團長・上村少将、歩六十八、野砲三第三大隊、工三)に配属され列車にて漢口に進出、9月10日、舟艇にて臨湘、城陵磯付近に集結、22日、舟艇に分乗し岳州を出発、洞庭湖を80km機動し、友軍機の支援のもと敵第九五師の側背陣地・営田付近に敵前上陸を敢行、敵第一九師の来援に苦戦しますが、25日、牌楼峰東北地区に進撃、26日、敵陣を突破し敵第九五師を撃破します。

27日、軍主力は汨水河畔に進撃、27日、支隊は第六師團とともに平江に進撃を下令され、大娘橋付近に進出、敗敵を撃破しつつ、28日、青山市、麻林市、上沙市に進撃し軍の右側背援護にあたり、30日、軍主力は平江付近に進撃し北方より敗走する敵を捕捉殲滅します。
30日、支隊は反転を開始、10月16日、応山に帰還します。

12月7日、6月より行われていた敵の第二次整備訓練が完了し、第十三師團の警備地区の河口鎮に来襲、12日、敵は我が守備地域の全線に渡り攻勢を開始します。

師團は応山警備隊(歩五旅團・歩六十八)より歩六十八第一大隊を抽出、野砲三第二大隊、戰車第十三聯隊(第三師團指揮下)とともに信陽地區警備隊(歩二十九旅團長・大城戸三治少将)に編入、14日、大城戸少将は増援部隊を待つこと無く高野支隊(歩十八聯隊長・高野直滿大佐、第三大隊、聯隊砲中隊、速射砲中隊)を井出部隊(歩三十四聯隊長・井出節大佐、歩三十四第二大隊、野砲三第五中隊)に編入し先発させ、支隊は部隊右翼隊として遊河正面に侵攻した敵第三〇軍を撃破し初動を挫折せしめ、17日、部隊左第一線として長台関西方の敵第六八軍を撃破します。
19日、支隊は歩六十八第一大隊、野砲三第三大隊、工兵三第二中隊を配属され、第十三師團を赴援、多宝湾、羅漢寺東方を進撃し安陸に進出、新集西方地区に進撃し敵を襄河西方に撃退します。
29日、支隊は師團に復帰、戰車十三、歩二十三などとともに再び井出部隊に配属され、昭和15(1940)年1月5日、長台関西方の敵第六八軍、次いで淮河を渡河し同地区南の第三〇軍を撃破します。
10日、支隊は12月12日来、敵10個師、さらに4個師が来襲し苦戦する応山警備隊救援のため浙河地区に進出、歩五旅團の指揮下に編入され、15日、旅團主力とともに浙河市北方地区より出撃し、塔児湾の敵主陣地高城の一角・高届陂を、旅團が高城を攻略し、18日、敵を撃破、19日、殷家店西方に、歩六十八(的野憲三郎大佐)は泉口店を出撃し、郝家大店-大花朶間の敵を撃破、21日、大王頂、呉家大店南側高地にそれぞれ進撃し敵を撃破します。
22日、師團各部隊は反転、2月11日、聯隊は黄陂に帰還し残敵を掃討し警備にあたります。

4月21日、聯隊は黄陂を出発、27日、師團は信陽に集結、宜昌作戦(第三、第十三、第三十九を主力とし、第六師團池田支隊、第四十師團石本支隊、第十三師團倉橋支隊、松井支隊及び軍直轄部隊により敵の第三次整備訓練前に撃滅し、援蒋ルート防衛拠点・宜昌の攻略)の準備に入ります。
28日、右翼隊(歩二十九旅團)、中央隊(歩六十八)、左翼隊(歩五旅團)を部署、5月1日、攻撃前進を開始、4日、泌陽を攻略、7日、沘源、(7日、第十三師團が敵の背後、双溝鎮に、第三十九師團は棗陽を攻略し唐河々畔に進出)、8日、韓庄に進撃、左右翼隊とともに唐河沿岸を西進、三合鎮付近で敵第五戦区第三三集団(張自忠)の西方部隊を牽制、16日、第十三、第三十九師團により南方の敵主力を包囲殲滅し、張自忠二級上将を敗死させます。
19日、師團は攻勢転移、21日、新旬鎮に繞回し侵攻してきた敵を白河以西に撃退し、22日、唐河以南に集結します(第一期作戦)。

5月31日、師團は襄陽東南で漢水を奇襲渡河、襄陽西方に進撃し敵を撃破、6月1日、右翼隊の歩二十九旅團(花谷正少将)は襄陽を攻略、2日、左翼隊の歩五旅團(片村四八少将)は襄陽西方地区の敵を撃破し敗敵を追撃、3日、南漳-武安堰-雷家河-宜城の線、6日、観音寺、荊門に進撃、10日、険峻な地形を活かした堅陣に拠る敵第二軍を撃破し峡口北方青渓場に進撃、12日、第十三師團が宜昌を攻略(第二期作戦)し、17日、歩二十九旅團は第十三師團の宜昌完全攻略に協力するとともに、当陽付近において宜昌奪還を企図する敵の逆襲を撃退します。

12日、宜昌作戦は敵50万を撃破、沙市、宜昌を攻略し、敵南北戦区を分断、且つ前進飛行場を確保し成功のもと終結します。
7月14日、聯隊は黄陂に帰還し警備にあたります。

昭和16(1941)年1月、敵第五戦区軍(李宗仁)は40個師をもって正月攻勢を企図、襄西にあった隷下の第三一集団(湯恩伯)が信陽北方に移動を開始したため、25日、軍はこの機に敵を撃破し攻勢意図を破砕するべく和號作戦(予南作戦)を発動、中央兵団の第十七師團は京漢線に沿って北上し上蔡、西平に進撃し第三一集団軍を圧迫、左翼兵団の第三師團は京漢線西側地区を北上し大別山系の急峻な山岳地帯に拠る敵を攻撃、泌陽、春水を攻略し、30日、敵第一三軍の本拠・舞陽を攻略し、2月9日、援軍として来援した敵第五九軍を南陽において撃破し、敵第三一集団を壊滅させます。
右翼兵団の第四十師團は京漢線東側地区を北上し正陽、汝南の敵を撃破し、30日、汝南に進撃、2月1日、敵第八五軍の本拠・項城を攻略します。
同作戦で聯隊は24日、遊河前面を突破し、27日、夜襲により泌陽に入城、30日、保安鎮に進撃し、2月20日、黄陂に帰還します。

4月22日、師團は時期作戦準備のため、郝家大店に集結、5月5日、軍は北支那方面軍の中原会戦を援護し、且つ江北地区の敵撃破を企図し江北作戦を発動、師團は敵を撃破しつつ進撃を開始、10日、環潭付近で包囲態勢に入りますが、敵は既に撤退しており戦果は挙がりませんでした(第一期作戦)。
敵二二集団は棗陽付近まで撤退しますが、我が第一期作戦終了に伴い環潭奪還を企図し第一二四師が唐県、第一二五師が陳家店、第一二七師が資山に侵攻して来たため、13日、師團はこれらを棗陽付近で捕捉殲滅(第二期作戦)、15日、片村部隊は棗陽南方において敵8,000、17日、師團は小板橋付近で敵第二九軍、信陽方面で第五五軍の一部を撃破します(第三期作戦)。
黄陂を出発した聯隊は信陽、泉口を経由し資山に向かい、5月6日、第八中隊が支那第一二三師を撃破、師團とともに行動し、23日、黄陂に帰還します。

本作戦により応山、随県正面にあった敵第二二集団、第二九軍は壊滅、前者を四川方面に、後者を襄陽、花園路以南に敗走させ積極的な作戦は行われなくなります。

8月中旬、軍は活発化する敵第九戦区軍(薜岳、40個師)の株州以西の敵を撃破すべく、18日、加號作戦(第一次長沙作戦)を発動、9月4日、師團主力は応山を出発、6日、聯隊は黄陂を出発、舟艇機動により岳州東南に集結、南下を開始、22日、師團は長寿街南方泪水左岸地区より第四師團と連携し攻撃を開始、24日、敵第一四〇師を撃破、来援した第一〇軍も半数を撃破し、25日、金井西方において第六師團と連絡します。
26日、撈刀河の線に進出、歩二十九旅團が永安に進撃、歩五旅團は永安に来襲した敵の側背を攻撃し殲滅します。
27日、敵は長沙を放棄し撤退を開始したため、28日、師團は珠州に敗敵を追撃し撃滅、29日、珠州を攻略し敵軍事施設を破壊し、30日、金塘に帰還、10月1日、反転し、7日、応山に復帰します。

10月6日、加號作戦の間隙をついて敵13個師(陳誠)が宜昌(第十三師團守備)に侵攻して来たため、第三師團は第四師團とともに救援に進撃、11日、敵は撤退します。

12月8日、大東亜戦争が開戦します。

第十一軍は第二十三軍の香港攻略戦に策応すべく、15日、師團は作戦準備(第二次長沙作戦)を開始、24日、第六師團は新墻河、第四十師團は沙港を渡河、25日、第三師團は龍湾橋に集結、第六師團とともに粤漢線西側地区を南下、27日、泪水を渡河し、29日、敵第三七軍(3個師)を東方山地に撃退し界頭市に進撃します。

12月25日に第二十三軍が香港を攻略したのに伴い敵第四軍が株州に移動し始めたため、29日、師團は戦果拡張すべく長沙攻略を下令され、30日、達磨山東側を経て敵を撃破しつつ進撃、31日、劉陽河を渡河、昭和17(1942)年1月1日、長沙東南の敵第一〇軍(3個師)を攻撃しますが、激烈な抵抗を受け攻撃は遅滞、2日、第六師團が攻撃に加入、さらに飛行部隊の直協を受け、4日、長沙城を攻略します。
同日、敵第九戦区司令長官・薜岳一級上将は我軍の反転途次において殲滅を企図、第六戦区より第二六、第七八軍、広東より第四、第七四、第七九軍、撈刀河以北より第二〇、第五八、第七八、第九九軍を長沙に転用し包囲態勢に入ったため、4日、第三、第六師團は反転、聯隊は師團後衛として敵の追撃を受けつつ、7日、来援に到着した第四十師團の援護を受け、13日、泪水に到達、15日、新墻河北岸に集結、22日、黄陂に帰還します。

昭和17年4月6日、軍令陸甲第三十四號により第三師團の3単位への改編、歩兵第十八聯隊の第二十九師團編入が決定します(5月12日、新聯隊長・石井大佐は着任時に内命を受領)。

18日、米B25爆撃機による本土初空襲(ドーリットル空襲)を受け、再度の奇襲を封じるべく、5月15日、支那派遣軍は第十三軍主力により東部第三戦区軍を攻撃、浙江省方面の敵飛行場(金華、玉山、衢州、麗水各飛行場)、及び敵軍事施設を覆滅し、且つ第十一軍の一部により南昌付近より西部第三戦区軍を挟撃する浙贛作戦を策定します。

5月27日、師團は南昌付近に集結、31日、沙舗潭、撫河間を掃討しつつ、三江口東側に集結、6月2日、渡河を開始し、敵七五師を撃破、3日、雲山、進賢に進撃、4日、臨川、5日、撫州を攻略、6日、宜黄水左岸地区に進出し敵の退路を遮断、11日、建昌周辺の敵を撃破、聯隊(石井信大佐)は師團主力を離れ宜黄を攻略し、12日、次いで建昌、及び同飛行場を攻略、15日、師團主力が金渓を攻略します(第一期作戦)。

25日、師團は撫河を渡河、29日、宜黄、梨渓付近において敵第四軍を包囲殲滅(第二期作戦)、7月5日、崇仁に進撃し、7日、清豊橋において敵第五八軍を撃破します(第三期作戦)。
7月11日、師團は臨川に復帰、警備にあたります。

22日、軍令陸甲第三十四號により第三師團は3単位に改編され、8月1日、聯隊は支那派遣軍戦闘序列より削除、8月20日、聯隊は第三師團を離れ黄陂に集結、同地の警備を歩六十八に移譲、支那派遣軍総司令官・畑俊六大将より決別の辞を受け浦口より津浦線にて北上、9月1日、山海関を通過し第二十九師團(上村利道中将、關東軍戦闘序列)に隷属転移、9月2~4日、衛戍地・海城に到着し、28日、兵営において支那事変以来の英霊2,600余柱の慰霊祭を挙行します。

聯隊は同地において『帝國陸軍作戰要綱』に基づき警備、対ソ連戦に備えた耐熱訓練、渡河演習、昼夜転倒演習、機動演習、研究を実施します。

昭和19(1944)年2月17・18日、南洋の最大拠点・トラック島が敵艦上機の空襲により壊滅的損害を受け、大本営は米機動部隊の来寇が予測より遥かに早く損害とともに衝撃を受けます。

18日、内南洋方面の陸軍部隊を統率する第三十一軍(小畑英良中将)の編成が下令され、19日、大本営陸海軍部は合同研究を行い急遽、内南洋の防衛強化を開始します。

2月10日、大陸命第九百三十五號により第二十九師團(高品彪中将)の東部軍への隷属転移、第三十一軍戦闘序列編入が下令され、11日、聯隊(門間健太郎大佐)に動員下令、19日、動員完結、各歩兵聯隊の編制は歩兵3個大隊、各大隊に配属の機関銃中隊を廃止し各歩兵中隊に配属、歩兵砲大隊(聯隊砲中隊、速射砲中隊)に大隊砲中隊を加え3個砲兵中隊として各大隊に配属、工兵・補給・通信各1個中隊、衛生隊に改編されます(現地にて東部軍より戰車中隊、機関砲中隊、各大隊に迫撃中隊が編入予定)。

20、21日、聯隊は3梯団に分かれ海城を出発、23日1600、歩十八は歩兵1個大隊に師團司令部の一部、工兵1個小隊、通信中隊、師團輜重隊の一部を配属され門間支隊としてテニアン島に、歩兵2個大隊は大宮島(グアム)に、歩三十八は大宮島、歩五十はサイパン島上陸が下令され、2100、師團は釜山に集結します。

24日0700、第一船の東山丸に歩五十、第二船の崎戸丸に歩十八、第三船の安芸丸に師團司令部、歩三十八が乗船、第三十一駆逐隊「岸波」、「朝霜」、「沖波」の護衛の下、釜山を出航、25日、宇品に帰港し防寒服を防暑服に交換、26日2100、宇品を出航、関門海峡を抜け、文字運動G法を採りながら古志岐島西側を航行、屋久島西側から南下中の29日1750、沖大東島南方200km(北緯22°40’、東経131°50’)において敵潜トラウトの雷撃を受け崎戸丸は右舷後方40°より魚雷3本が命中し火災が発生、1900、ガソリン爆発の危険が迫ったため内田船長は輸送指揮官の聯隊長・門間大佐と相談し総員退船を下令、聯隊生存者は軍旗を先頭に右舷側の救命艇により退船を開始、門間大佐は部下の退船要請を退け将兵の退船状況を確認し2回目の退船を下令ののち船中央部より入水します。
3月1日0400、崎戸丸は爆発炎上しながら沈没、夜明けとともに駆逐艦による救助が開始されますが聯隊長・門間大佐、第一中隊長・三浦玉吉中尉、第二中隊長・笹田喜右ヱ門中尉、第三中隊長・平野義夫中尉、第一砲兵中隊長・藤野孝延中尉、第一作業小隊長・小川与一少尉、第七中隊長・水島保雄中尉、第十一中隊長・津田満彦中尉、第三作業小隊長・岡本正二郎少尉、工兵中隊長・原田鉄蔵大尉以下1,646名が散華(ほか師團司令部、同通信隊、同戰車隊、経理部、兵器勤務隊、野戦病院など507名、船員52名、船舶砲兵65名)、戦車8、全火砲が海没、1,720名(重傷者570名)が救助されます(トラウトは29日、朝霜が撃沈)。
「東海の勇兵」と称され実戦経験も豊富な古豪・歩兵第十八聯隊はその真価を発揮する前に戦力の半分以上を失ってしまいます。
門間健太郎大佐 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲第24代聯隊長・門間健太郎大佐

3月1日、師團長・高品中将は船団の被害状況に鑑み、歩五十主力(第一大隊、第十中隊欠)をテニアン島に、歩十八の生存者、歩五十第一大隊をサイパン島配備に変更します。
また船団の残り2隻も被雷し東山丸が小破(不発)、安藝丸が大破(30名散華)しますが、3日、東山丸はサイパン島に入港し第一大隊が下船、歩五十主力はテニアン島に上陸、4日、安芸丸が大宮島に入港、6日、聯隊はサイパン島ガラパン港に入港、軍直轄となり集成守備隊(軍司令部附西山敬九郎中佐)に編入、聯隊本部附松下清一大尉が聯隊長代理としてチャランカノア国民学校において戦力回復にあたり、一部により歩五十第一大隊の陣地築城を援助します。

2月25日、第三十一軍司令部が編成完結し聯合艦隊司令長官(古賀峯一大将)の指揮下に編入され、3月3日、第三十一軍司令部は統帥を発動、第二十九師團は東部軍より第三十一軍に隷属転移、4日、第三十一軍は新編された中部太平洋方面艦隊(南雲忠一中将)指揮下に編入されます。

3月28日、集成守備隊の編組が解かれ、4月1日、新聯隊長・大橋彦四郎大佐が着任、島北端に移駐しマタンサ東方高地に聯隊本部、工兵中隊(中田民治郎中尉)、ベトラスカラ山を中心に同地を3分し北地区隊として第一大隊(久保正男大尉)、西地区隊として第二大隊(丸山忠左少佐)、東地区隊として第三大隊(行岡生少佐)、マタンサ国民学校南方に通信中隊(鈴木章大尉)、戰車中隊(鹿島一男中尉)、電信山東麓に衛生隊(大場栄大尉)を配置し水際陣地、戦車壕、工兵中隊が地獄谷に戦闘指揮所の築城を開始します。

5月14日、聯隊は大宮島移駐し第二十九師團への復帰、及び海上機動逆上陸の訓練及び、15日、新たにサイパン島に進出してくる歩兵第百三十五聯隊(鈴木榮助大佐、第四十三師團隷下)に任務移譲が下令されます。

19日、歩百三十五がサイパン島に上陸、20日、歩十八は同聯隊に陣地、築城資材を移譲、27日~6月12日、先発隊(松下清一大尉)、第二大隊、聯隊本部及び第三大隊がガラパンを出航、大宮島に上陸します。

6月11日、サイパン島に米軍艦上機が空襲を開始、ガラパン集結中の第一大隊、第三迫撃中隊(高橋俊次少尉)、衛生隊は12日に出航予定でしたが空襲、敵艦隊接近により移駐を中止、タナパグ付近(マタンサ-ガラパンの中間西海岸)の陣地を増強します。

13日、米戦艦7、駆逐艦11隻による艦砲射撃が開始され、14日、さらに戦艦8、巡洋艦5隻が加わり熾烈さを増します。
15日0542、戦艦、巡洋艦24隻による激烈な艦砲射撃とともに米第2海兵師団がオレアイ、第4海兵師団がチャランカノアに上陸を開始、0744、第一波上陸部隊が海岸に侵攻して来ます。

15日、敵上陸に伴い第一大隊は歩百三十五とともに軍直轄となります。

オレアイの水際第一線にあった歩百三十六第二大隊主力は連日の艦砲射撃により相当の損害を受けていましたが、戰車第九聯隊第四中隊、後方に布陣した獨立山砲兵第三聯隊、ヒナシス丘陵の野戰重砲兵第九聯隊第二大隊とともに全火力を集中し砲撃を開始、続いて白兵突撃により戦車8、水陸両用戦車30両以上を撃破し米軍の上陸を拒止しますが、圧倒的な物量を誇る米軍は4波に渡り上陸を強行、我が第一線は次第に圧迫、また、チャランカノアに布陣した獨歩第三百十六大隊は獨混第四十七旅團砲兵隊、高射砲第二十五聯隊とともに全火力を集中し砲撃を開始、地形を活かし縦横に巡らした陣地により寡兵よく敵の上陸を阻止しますが航空、艦砲射撃の支援を受け戦車を伴う敵の侵攻に次第に圧迫され大損害を受けオレアイからチャランカノア南方にかけて数百mに及ぶ橋頭保を構築されてしまいます。

第四十三師團長・齋藤義次中将は第二線陣地の強化を図るべく軍より配属された歩十八第一大隊、戰車九第五中隊をヒナシス山に前進させるとともに、水際逆襲を企図し、他島転進のためタポチョ山北東のチャチャに集結中の歩四十第三大隊、第九派遣隊(第二十四歩兵團基幹)、獨歩三百十八大隊の第一線陣地への転進を下令、15日午後、オレアイの敵橋頭堡に対し歩四十第三大隊、戰車九第四中隊は逆襲を敢行、敵連隊本部に突入し水際に押し切る寸前まで進撃しますが、艦砲射撃の支援を受け体勢を立て直した米軍の反撃を受け、歩四十第三大隊は玉砕寸前など大損害を受けてしまいます。

同日、第三十一軍参謀長・井桁敬治少将(司令官・小畑英良中将不在のため)は軍全力の逆襲により敵を一気に撃砕すべく歩十八第一大隊を基幹とした夜襲を下令しますが、連絡線の寸断、昼間の激戦から集結が遅れ大隊は攻撃発起点のヒナシス北側に到達できず第一線配備部隊による局地逆襲になってしまいます。
2100、歩百三十六はオレアイの敵橋頭堡に夜襲を敢行、16日0200、横須賀鎭守府第一特設陸戰隊も加わりオレアイ三叉路付近の敵連隊本部まで迫りますが、艦砲射撃の支援を受けた戦車、機関銃の銃砲撃により阻止され、またチャランカノア方面でも0230、0330、夜襲が敢行されますが甚大な損害を受け守備隊は700名を失い攻撃は頓挫してしまいます。

16日、齋藤中将は守備隊全力による夜襲を下令、17日0200、オレアイの敵橋頭堡に対し戰車第九聯隊第一波に続き、戦車第二波、歩十八第一大隊、歩百三十六(第二・第三大隊)、歩四十聯隊第三大隊等は夜襲を敢行します。
戰車第九聯隊は敵第一線を突破し敵指揮所、砲兵陣地まで突入、続いてガラパン南方から歩百三十六第一大隊、横須賀海軍第一陸戰隊がオレアイ飛行場に突撃しますが、照明弾で白昼化されたうえ当日揚陸された多数の戦車、対戦車砲、火砲に阻まれ攻撃は頓挫、歩兵多数が散華、戦車29両が撃破され軍戦力は急速に低下、重傷を負った歩十八第一大隊長・久保正男大尉はタポチョ山に転進中に散華、第一砲兵中隊長・上本五郎少尉が指揮を継承します。

17日、高射砲第二十五聯隊第六中隊、獨立工兵第七聯隊が相次いで玉砕し水際陣地後方のヒナシス丘陵一帯の陣地を失陥、18日、アスリート飛行場を失陥、米第4海兵師団が島東岸ラウラウ湾に侵攻したため、島南東端のナフタン山は孤立、歩十八第三迫撃中隊は軍直轄となりタポチョ山南麓に向かいます。

18日、井桁少将は戦線を整理し残存部隊(歩兵5個大隊、砲兵1個大隊、野砲12、高射砲6、戦車10)に防御に適したタポチョ山嶺の新防御線への転進を下令、20日、前衛陣地の一六三高地に米第24・25海兵連隊が侵攻、歩十八第一大隊、歩百三十六、歩四十第三大隊、戰車九は抗戦しつつ新防御線に転進します。

軍は予備隊として歩百三十六をチャチャに、ハグマン半島の北岸に獨混四十七旅團集成部隊、チャチャ南西方に戰車九、タポチョ山東の二六九高地に歩四十第三大隊、タポチョ山に歩百三十五聯隊主力、新防御線は西からガラパンに海軍部隊、タポチョ山西麓五根高地に西山集成大隊(西山敬九郎中佐、獨立臼砲第十七大隊、船舶工兵等)、タポチョ西側稜線から二八六高地-三四三高地に歩百三十五第二・第三大隊、タポチョ南側に歩十八第一大隊、ラウラウ湾岸トトシンに歩百十八を布陣し築城を開始します。

21日、一六三高地を失陥、22日、敵は戦車150両を伴い我が新防御線に総攻撃を開始、第2海兵師団が中核陣地である二八六高地-三四三高地(タポチョ山南麓:歩百三十五第二・第三大隊守備)に侵攻して来たため、歩百三十六は師團命令により同高地背後の三四三高地に急進、また第4海兵師団が歩十八第一大隊、歩百十八陣地正面に侵攻、斬り込み、肉迫攻撃により敵の侵攻を拒止します。

23日、同山西麓の歩百三十五第二大隊は西山集成大隊と、南麓の要地・二八六高地の歩百三十五第三大隊は増援の歩百三十六とともに第2海兵師団を拒止していましたが、夕刻、遂に突破され二八六高地を失陥、東麓一九二高地の峡谷では戦車を伴う第27歩兵師団が砲爆撃の援護のもとラウラウに侵攻してきたため歩十八第一大隊、歩百十八はチャチャ北側稜線(タポチョ山東側)に転進し対戦車防御を準備、歩四十第三大隊、戰車九とともに錯綜する地形を利用し敵戦車を側射し侵攻を阻止します(敵側呼称:死の谷)。
24日、チャチャ、三四三高地を失陥、敵はタポチョ山西麓、ガラパン東側高地、五根高地に浸透されますが、タポチョ北東麓(死の谷)方面は甚大な損害を受けながらも戦車を伴う敵の侵攻を阻止します。

25日、敵はタポチョ山頂に侵攻、歩百三十五聯隊180名が迎撃しますが、26日、遂にタポチョ山頂を失陥してしまいます。

19日、マリアナ諸島方面の敵艦隊撃滅を企図し海軍は「あ号作戦」(マリアナ沖海戦)を発動しますが、22日、第一機動艦隊(小澤治三郎中将)は米機動部隊と潜水艦により大鳳、翔鶴、飛鷹、艦上機378機を損失する大損害を受け制空権を失陥してしまいます。

23日、大宮島より行岡支隊がサイパン島逆上陸を企図し大発・小発13隻で出発しロタ島まで進出しますが、29日、全般の状況から断念し引返します。
行岡支隊(6月16日、編成)
歩十八第三大隊(第九中隊欠)
 大隊砲2、速射砲1、重機関銃4、軽機関銃6
師團通信隊の一部
 無線機2
船舶工兵第十六聯隊第二中隊
師團海上輸送隊
工兵1個小隊
合計600名

その他、18日に参謀総長・東條英機大将の指示で大本營が「イ號作戰」(第五艦隊による歩百四十五聯隊、及び物資の強行輸送)を立案するも「あ號作戰」の結果を受け、25日、中止)。
また、第四艦隊(小林仁中将、トラック)も佐世保第一〇一海軍陸戦隊の逆上陸を計画しますが、戦局の急迫に伴い中止します。

24日、大本營は連日サイパン島確保の方策を連日検討するも、現状での打開は不可能として遂にサイパン島確保を断念します。

27日朝、陸海合同司令部は7月2日を期して兵力を再編成すべくタナパグ-二二一高地-タロホホの線を最終防衛線として転進を下令、敵は全線に渡り侵攻を開始、28日、ガラパンに侵攻、守備隊は夜間、挺身切込み、肉迫攻撃を敢行し敵の侵攻拒止にあたりますが損害は増加、同日、陸海合同司令部は無線電信所高地に移動、歩百十八が玉砕してしまいます。

29日、陸海軍合同司令部は戦闘指揮所を地獄谷へ移動、30日、サイパン最大の水源地・ドンニイを失陥、7月2日、我軍の転進に追尾して米軍は急速に浸透、ガラパン-二二三高地(タポチョ山北3km)-二二一・五高地-タロホホの線に侵攻を許してしまい、3日、中心街ガラパンを失陥します。

4日、タナパグ港、ガラパン東側高地、ポンタムチョー岬を失陥、敵は地獄谷南側に侵攻、5日、合同司令部は戦力の消耗、兵器・弾薬・糧食の欠乏、火砲全損の状況に鑑みガラパン方面への総攻撃を決定、参謀次長に訣別電を打電後、無線機を破壊し重要書類を焼却、6日2100、最高司令官の中部太平洋方面艦隊司令長官・南雲忠一中将、第四十三師團長・齋藤義次中将、第三十一軍参謀長・井桁敬二少将、第五根拠地隊司令官・辻村武久少将が司令部内において古式に則り自決、第六艦隊司令長官・高木武雄中将、南洋庁支庁長(北部支庁長)・辻正保大佐、第四十三師團野戰病院長・深山一孝医中佐以下重傷患者600名等も相次いで自決します。

7日0300、陸海軍将兵、在郷軍人、警防団員、青年団員等一般在留邦人も交えた3,000名はマタンサに集結、第四十三師團参謀長・鈴木卓爾大佐、参謀・吉田正治中佐、同・平櫛孝少佐指揮の下、3梯団に分かれ地獄谷から南側山地、及びマタンサの海岸線と山地の間を南方に向かい総攻撃を開始、俘虜尋問から総攻撃に備えていた敵第105歩兵連隊第1・第2大隊陣地を突破、敵を恐慌状態に陥れタナパグ付近まで進撃しますが、態勢を建て直した米軍の砲撃を受け進撃は停止、随所で昼頃まで敢闘しますが玉砕してしまいます。

生存者は尚も各地に潜伏し遊撃戦を続行しますが、敵の掃討により次第に減少、昭和20(1945)年に入り、歩四十第三大隊附・田中徳祐中尉指揮の一群がハグマン半島の海岸洞窟、歩十八衛生隊長・大場大尉指揮の一群がタポチョ山西側のタコ山に潜伏、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

生存者は米軍と停戦協定を締結、9月2日、獨立混成第九聯隊長・天羽馬八少将から降伏命令を受領、12月1日、大場大尉以下47名が下山(その後、25名が山中で収容)、大場大尉、田中中尉は降伏式に臨みます。

一方、6月12日、大宮島に転進した聯隊主力は明石湾-昭和湾中間の青葉山北麓に布陣し大宮(アブラ)港湾西側-港町-天田-浅間岬の防備を担当、作戦地域を天正川(天田西側)-浅間岬として『第二十九師團陣地構築要綱』に則り陣地築城を開始します。
敵上陸直前の聯隊配備は聯隊指揮所を駿河台(浅間岬南西1㎞)前方、第三大隊第九、第十中隊を港町、天田の海岸第一線、第十一を予備として統軍台(浅間岬南西2㎞)南側、羊島(カブラス:港町沖合)に第五中隊、第二大隊を白浜(大宮島の北端)に配置していました。

6月11日、米軍が大宮島に空襲を開始、飛行場、港湾施設が破壊され、15日、米軍はサイパン島に上陸を開始します。

21日、第三十一軍司令官・小畑英良中将がパラオより大宮島に来着(司令部はサイパン、米軍の来寇により帰島が不可能に)します。

6月16日、師團は軍命令を受けサイパン島増援のため第三大隊(行岡生少佐)を基幹とする行岡支隊を編成、23日1720、支隊は小畑中将、高品中将の激励を受け軍参謀・泉來三郎中佐も同行し大発11・小発2隻で表半島を出発しロタ島まで進出(途中2隻100名が米艦隊に捕獲)しますが、29日、全般の状況から断念し引返し、白浜海岸に帰還、30日、港町陣地に復帰します。

7月8日、大宮島に艦砲射撃が開始され、昼間の単独兵の行動、夜間の陣地補修が次第に困難になります。

9日、サイパン島守備の中部太平洋方面艦隊(南雲忠一中将)、第三十一軍(井桁敬治少将(軍司令官代理))が総攻撃を決行し玉砕してしまいます。

14日、敵上陸が切迫する状況に高品中将は歩十八第二大隊にマンガン山付近への転進を下令、17日、大隊は師團直轄に部署されマンガン山、砲台山に移駐、第二迫撃中隊(米澤保雄中尉)主力と速射砲をパラソル台(パラサオ)、同砲兵中隊(久野六彌少尉:山砲3門)を兵器勤務隊高地に配置します。
また、連日の艦砲射撃に水際陣地が破壊されたため、聯隊長・大橋大佐は羊島陣地を徹し聯隊指揮所、第三大隊を統軍台(浅間岬南西2㎞)に移動、師團命令により守備地区内に布陣(大宮湾-天正川)の海軍部隊(第五十四警備隊水警課、第六十防空隊、海岸砲台、機銃砲台)を指揮下に編入します。

15日、師團は聯隊に茶屋山(青葉山南西)に複郭陣地の築城を下令しますが、図上研究中に敵上陸を迎えます。

18日、大宮島に空母15隻による本格的な空襲、及び戦艦6、巡洋艦9、駆逐艦57隻による艦砲射撃が開始されますが、守備隊は強固な陣地に拠っていたため人的損害は90名散華に留まります。

7月21日0500、戦艦6、巡洋艦9、駆逐艦57隻による艦砲射撃、0600、艦載機による空襲の後、0730、昭和湾、明石湾の2ヶ所から米軍が上陸を指向、敵上陸地点を浅間岬付近と判断した聯隊長・大橋大佐は湾正面の獨立混成第四十八旅團の左翼、獨歩三百二十大隊に協力すべく第九中隊を港町西側(駿河台東側)、第十一中隊を予備隊として統軍台東側に陣地変換、0730、米第3海兵師団(西から第9・第21・第3海兵連隊)が見晴岬-浅間岬(明石湾西側)から上陸して来ます。

見晴岬配備の獨混四十八旅團砲兵隊は後方の本田台配備の獨混十聯隊砲兵大隊の野砲、速射砲とともに敵上陸用舟艇第1波10隻超を水際で撃破するも、敵は10数波に分かれて上陸を強行、敵上陸部隊を獨歩三百二十大隊、旅團工兵隊が迎撃、大隊は迫撃砲、白兵戦で敵上陸の阻止に努めますが、4kmにも及ぶ守備地域に続々と上陸してくる米軍は次第に大隊陣地に浸透、さらに敵の砲爆撃により大半の火砲が破壊されてしまい、大隊は大損害を受け遂に見晴岬西側に敵の上陸を許してしまいます。

1000、米第3海兵師団右翼の第9海兵連隊は朝井川沿いに聯隊右翼に侵攻、1500、敵上陸とともに獨混四十八旅團指揮下に編入された第二大隊は砲台山に前進し日向台の第九、第十中隊、駿河台の第十一中隊、第三迫撃中隊とともに機関銃、迫撃砲の火力を集中し敵2個大隊の侵攻を拒止、また戦車を先頭に浅間岬南側を迂回し天田に侵攻してきた敵1個大隊を第十中隊が機関銃、自動砲、肉薄攻撃により拒止しますが、艦砲射撃、艦上機による攻撃により甚大な損害を受け戦力は半減、第十中隊はほとんど玉砕、夕刻、橋頭堡を構築されてしまいます。

1800、大橋大佐は聯隊本部、第三大隊本部を青葉山に集結させ日向台、駿河台正面の敵を撃破すべく夜襲を下令、第三大隊主力(右第一線に第十一中隊、左〃に第九中隊)、第五中隊はマンガン山西北台上の敵野営地に夜襲を決行しますが、照明弾に白昼化され艦砲射撃と機関銃掃射に阻まれ攻撃は頓挫、第五中隊長・新川大二中尉が散華、第五中隊は殆ど玉砕するなど大損害を受け青葉山に転進、陣地を急設します。

また、第二大隊(第六、第七、第二砲兵中隊)もマンガン山東北の敵野営地に夜襲を決行しますが、同じく艦砲射撃と機関銃掃射に阻まれ攻撃は頓挫、第六中隊長・加藤清正中尉が散華、第六中隊は殆ど玉砕するなど大損害を受け、戦力は2/3に低下してしまいます。

夜半、肥後台の獨歩三百十九大隊は肥後川河谷沿いに前進、米第3海兵師団橋頭堡東翼に夜襲を決行しますが、艦砲射撃と機関銃掃射に阻まれ攻撃は頓挫、肉迫攻撃隊を編成した獨工七聯隊第二中隊は玉砕、22日払暁、獨歩三百二十大隊第九中隊は同じく橋頭堡東翼の敵水陸両用戦車群に夜襲を決行しますが機関銃掃射を受け、ともに大損害を受けてしまいます。

一方、師團主力が明石湾方面にあった事から昭和湾は歩三十八聯隊独力で防戦、夕刻には戦力の8割を失う大損害を受け、2230、総攻撃を敢行、22日0400、玉砕してしまいます。

22日、敵は港町に侵攻、聯隊は兵力の半数を失いながらも青葉山からの側射により日向台を堅守しますが、23日、遂に日向台を失陥、1300、敵は統軍台、1600、大和山に侵攻するも聯隊は斬込により敵の侵攻を阻止、弾薬の欠乏から決死隊(伊藤伍長以下40名)を編成し敵占領下の港町に潜入、残置した弾薬の補給に成功します。

23日夕刻、第二十九師團長・高品彪中将は戦力の極度の低下に鑑み、総反撃を決し、24日、「25日2400、総反撃」の実施が下命され、第二大隊(丸山少佐以下1個小隊ほど)が聯隊に復帰、1400、敵は十勝山(青葉山、砲台山の中間)-大和山-信濃山の線に侵攻、砲台山に迫りますが、聯隊は火力を集中、第二大隊が逆襲し撃退します。

24日午後、本田台・マンガン山北側から敵戦車が侵攻、獨混十砲兵大隊の砲撃により数量を撃破するも、陣地後方に迂回した戦車の砲撃を受け玉砕してしまいます。

25日、敵は聯隊左翼に侵攻、大和山、三河山を失陥し青葉山は次第に包囲され、また航空機・火砲に支援され戦車を伴う敵は本田台・マンガン山に侵攻、本田台の獨歩三百二十二大隊は歩三十八第九中隊、獨混十砲兵大隊の残存十榴1門とともに反射面陣地を利用し、また肉攻により敵を拒止しますが次第に損害が増加、マンガン山東側台上の獨混三百二十・三百二十一大隊も戦車を伴う敵の強襲をうけ兵力が半減してしまいます。

1400、大橋大佐は総攻撃に関し砲台山の第二大隊を右第一線、青葉山の第三大隊を左第一線に部署、重点を右方向に指向し工兵中隊は薄暮に敵地に潜入し敵火砲の破壊と擾乱を下令、1700、青葉山東方谷地において軍旗が奉焼されます。
2100、聯隊本部、第三大隊300名は青葉山を出撃、砲台山北側台上の敵第一線突破時に大橋大佐が散華するも、第三大隊長・行岡少佐が指揮を継承、0300、第三大隊は米第21海兵連隊第3大隊右翼から突入、敵後方の駿河台(浅間岬南西)に前進し患者収容所に進撃、第二大隊50名は朝井川東側谷地を抜け同第1大隊正面から突入し戦闘指揮所、迫撃砲陣地、次いで戦車を攻撃、第二大隊長・丸山忠左少佐、第三大隊長・行岡生少佐が相次いで散華するも1200頃まで敢闘ののち玉砕してしまいます。
大橋彦四郎大佐 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲第25代聯隊長・大橋彦四郎大佐

2400、獨混四十八旅團隷下の獨歩三百二十、三百二十一、三百二十二大隊も夫々敵橋頭堡に総攻撃を敢行しますが、敵の逆襲を受け、26日0800、進撃は頓挫してしまいます。

27日、昭和湾地区隊は牧山を経て折田に集結、28日、師團長・高品中将が陣地移動中に的野高地(マカジナ)中腹で敵戦車の銃撃を受け散華、軍司令官・小畑中将が代わって指揮を継承します。

27日夕刻、聯隊生存者は青葉山に復帰、29日、第三大隊副官・山下康祐少尉は生存者20名を率い青葉山を出撃、途中渥美幸一准尉以下第三砲兵中隊40名を掌握し、30日0000、茶屋山の敵陣を奇襲、敵第一線を突破し山頂を目指しますが、天明とともに敵の増援が接近して来たため師團司令部を目指します。

小畑軍司令官は残存部隊の指揮を継承、生存者は本田台南側谷地、的野高地付近から逐次、折田(明石市南東)に集結、春田山に左翼隊集成3個中隊、平塚に右翼隊集成5個中隊を配置(軍参謀長・田村義冨少将指揮)、米軍の拒止に努め、また重傷者の後送を指示し、軍司令官は徒歩で又木山(大宮島北端)に向かいます。

31日、艦砲射撃と航空機に支援された米軍は北方に指向し明石市、次いで南下を開始し品川、折田西部に侵攻、8月2日、春田山に、3日、平塚は戦車を伴う米軍が侵攻、火砲全損、将兵も大損害を受け突破されてしまいます。
軍は多久井岬の線で敵を拒止すべく部隊を右翼隊(藤井少佐指揮、250名)、中央隊(佐藤少佐指揮400名)、左翼隊(大川少佐指揮250名)に再編、武器弾薬の欠乏、さらに水不足のなか敵の侵攻を阻止にあたりますが、6日、中央隊守備の里井、右翼隊守備の宇久井陣地も突破され、7日、敵は高原山、又木山に浸透してきます。
9日、米軍戦車50両が軍司令部の又木山前面に侵攻、対戦車装備を持たない軍は苦戦、小畑中将は兵力の激減に鑑み11日黎明を期して総攻撃を決します。
10日1400、敵戦車の攻撃に又木山の防御線が突破されてしまい、司令部も敵の攻撃に晒されますが、敵は夜半に一旦集結地に後退します。

生存者約300名は司令部壕に集結、10日2000、小畑中将は大本營に決別電を打電、11日0000、通信機を破壊し、重要書類を焼却、0700、米軍戦車が再び侵攻を開始、戦闘指揮中に作戦参謀・橋田精中佐が散華、1435、小畑中将、田村少将は司令部壕内において拳銃で自決、12日、敵は又木山東側道路を突破、北島角方面に侵攻、13日、白浜海岸を見下ろす台端に達し大宮島守備隊は玉砕してしまいました。

歩兵第十八聯隊は山下少尉以下122名が生還します。


歩兵第二百二十九聯隊(沼八九二五)
昭和14(1939)年8月1日、軍令陸甲第二十一號により歩兵第十八、歩兵第六十八聯隊留守隊に歩兵第二百二十九聯隊の編成下令、2日、編成着手、聯隊本部、第一、第二大隊を歩兵第十八聯隊留守隊、第三大隊を歩兵第六十八聯隊留守隊(岐阜)において編成、7日、編成完結(吉武秀人大佐)、第三十八師團(藤井洋治中将)隷下に編入され、高師原、坂本両演習場において編成を進めつつ訓練を実施し、9月13日、宮中において軍旗を拝受します。
歩兵第二百二十九聯隊 軍旗(愛知豊橋)
▲歩兵第二百二十九聯隊 軍旗(昭和14年9月14日、豊橋陸軍練兵場における軍旗拝受式)

10月13日、豊橋、岐阜を出発し大阪港に集結、14日、おれごん丸に乗船し、22日、中華民国広東省黄埔に上陸、師團は第二十一軍(安藤利吉中将)戦闘序列に編入され、28日、聯隊は江門の警備にあたります。

昭和15(1940)年3月1日、師團は広東に集結、4日、舟艇機動により、5日、艦砲射撃、友軍機による爆撃ののち聯隊は石塁に上陸、敵陣を攻略しつつ追撃、8日、中山県城を攻囲し、0930、師團は同城を攻略、敵遊撃隊を撃破、司令兼県長・呉飛を潰走させた後、江門に復帰します。
27日、大範に移駐し警備にあたります。

支那派遣軍は第十一軍の宜昌作戦に策応し、警備地周辺の敵主陣地を破砕、流渓水右岸地区の敵を撃滅すべく、5月7日、師團は広東に集結、9日、従化付近を攻略し北進、流渓水右岸地区に沿って堅陣に拠る敵を撃破、10日、敵牽制の聯隊は師團を離れ北上を開始し、22日、良口を攻略し望到底、黄牛山に進出します。
敵第七戦区軍5個師は韶州より良口に侵攻し誘引に成功、聯隊は敵の包囲攻撃を凌ぎ、28日、軍主力(第三十八、第十八、第百四師團)が包囲殲滅します。
6月3日、軍は反転を開始、4日、師團は従化北東に集結、第七戦区軍、第六三軍は我が反転を退却と判断し追尾、7・8日、師團は攻勢に転移し敵を撃破、14日、大範に復帰します。
7月15日、江門に移駐し警備にあたります。

昭和16(1941)年4月9日、聯隊は江門を出発、18日、師團は広東に集結、5月10日、同地を出発、舟艇機動により東江を遡江、12日、博羅を攻略し恵陽付近を掃討、26日、江門に復帰します(東江作戰))。

6月28日、南支那方面軍は復帰、師團は新設された第二十三軍(今村均中将、11月6日から酒井隆中将)戦闘序列に編入されます。

8月、師團は香港攻略の準備を開始、下旬、第百四師團に警備を移譲します。

南支那方面軍は第十一軍の長沙作戰に策応し、南方より敵を攻撃、援蒋ルートを遮断と敵を牽制すべく、聯隊は第百四師團の指揮下に編入され、9月19日、警備地を出発、20日、第二大隊(宮澤重蔵少佐)が西坑山を攻略、敵一五六師の逆襲を撃退し敵を牽制、9月30日、新会に復帰します。

11月6日、支那派遣軍(畑俊六大将)は大本營命令により第二十三軍に対し第三十八師團を主力とし、11月末までに香港攻略を準備する様下達します。

11月16日、師團は警備任務を解かれ、軍命令により伊藤支隊(第三十八歩兵團・伊藤武夫少将、歩二百二十九、歩二百三十、山砲三十八)を編成、25日、虎門寨付近に集結、12月2日、大陸命第五百七十二號により開戦第一日を12月8日と確定します。

12月8日0340、参謀総長より第二十三軍司令部は「ハナサク ハナサク」及びE方面(香港)への作戦開始を受信、0400、酒井中将は隷下、指揮下部隊に「鷹発令」(作戦開始)を発信、0420、師團先遣隊の伊藤支隊に進撃を下令します。

0720、第二十三軍飛行隊(土生秀治大佐)は天河飛行場を離陸、啓徳飛行場を空襲し英軍航空戦力を壊滅させ、1230、伊藤支隊左翼隊(歩二百二十九聯隊長・田中良三郎大佐)は横岡場より南下、老鼠嶺付近で国境線を突破し英軍の軽微な攻撃を排除し大和市に、右翼隊(歩二百三十聯隊長・東海林俊成大佐)は布告より南下、黄貝嶺付近で国境を突破し竹坑、迂回隊(歩二百三十第一大隊長・江頭多少佐)は沙頭墟から南下、新田付近で国境を突破、安岡に進出、師團は司令部を深圳に前進させます。

9日、0800、後続の歩二百二十八が国境を通過、師團は九龍要塞攻撃のため歩二百三十を右攻隊、歩二百二十八を左攻隊、聯隊を三十八歩兵團とともに左側支隊、歩二百三十第一大隊を青衣島攻略部隊に部署します。

歩二百二十八は敵の防備が手薄なのを好機として独断で夜襲を決行、9日、敵の主陣地防御線ジンドリンカース・ラインの要地・二五五高地、三四一高地を殆ど無傷で攻略、軍全体の作戦を破綻させかねない聯隊の独断専行に対し当初、激怒し後退を命じた師團長・佐野忠義中将でしたが、戦況の確認により聯隊の攻撃を追認します。

10日、左側支隊は沙田海を渡海し敵の妨害を受けること無く大水坑に上陸、11日、青衣島攻略部隊が青衣島を攻略、右攻隊は南下、山砲を伴う敵ロイヤルスコット中隊の攻撃に損害を受けながらも要地・二五六高地を攻略、敵を香港島に退却させ、12日、右攻隊が九龍を、左側支隊が石塚付近の敵防御線を突破し啓徳飛行場を攻略します。

13日、軍砲兵隊(第一砲兵司令官・北島麒子雄中将)は効力射撃を開始、15日、第二十三軍飛行隊は敵砲台に爆撃を開始するとともに13日、17日、軍司令官・酒井中将は降伏勧告を行うもマーク・ヤング香港総督は拒否してきます。

18日2145、2150、右翼隊(左第一線:歩二百二十八(第三大隊欠)、右第一線:歩二百三十(第一大隊欠))、2158、左翼隊(歩二百二十九(第一大隊欠))はそれぞれ右翼隊が二一四五北角、ブレーマー角、左翼隊が水牛湾に上陸、歩二百二十八は西進しジャデネス看視山、20日、歩二百三十とともにニコルソン山を攻略、19日、師團予備隊の歩二百二十九第一大隊に続き、師團司令部がブレーマー角に上陸します。

歩二百二十九は黄泥蒲貯水池南側の敵堅陣を撃破ののち第三大隊(監物平七少佐)を先頭に香港仔方面を目指し南下しますが、20日、地形の錯綜から香港ホテル北西に進出してしまい付近の英軍と遭遇戦となります。
中隊が分散していた大隊は苦戦しますが、聯隊主力が海岸道に進出した事から英軍東西旅団の連絡線を遮断、22日、聯隊は連絡線確保を企図した敵の逆襲を撃退し、第十一中隊(日下部大亮大尉)が強力な銃砲陣地化した独立家屋を制圧、第十二中隊(中島正一郎中尉)がホテルに突入し攻略(この際、聯隊長・田中大佐は多数の民間人が宿泊している事を考慮し砲撃を許可せず)します。
23日、第二大隊(宮澤重蔵少佐)が香港仔を占領、第三大隊は赤柱山に進撃、英軍砲台攻略に向け、25日、付近を掃討、赤柱半島攻略部隊の進出に伴い任務を移譲し北上します。

20日、師團は我が両翼隊の後方の脅威となり、且つ後方連絡線の妨害にあたる赤柱半島方面の英軍砲台を破壊すべく歩二百二十九第一大隊(折田優大尉)、及び21日、上陸してきた歩二百三十第一大隊(江頭多少佐)に赤柱半島、龍背半島の掃討を下令(両大隊で赤柱半島攻略部隊)します。
同日、歩二百二十九第一大隊は赤山、橋山を占領、英軍の逆襲を撃退し大潭篤貯水池の給水を停止させ、22日、激戦ののち歩二百三十第一大隊が石山、23日、歩二百二十九第一大隊が赤柱山を攻略し英軍の逆襲を撃退、野戰重砲兵第十四聯隊第六中隊(松尾良一中尉)を配属され、24・25日、英軍砲台に夜襲を敢行しますが敵の激烈な銃砲火、堅陣に攻撃は頓挫します。

22日、軍砲兵隊が展開を完了し砲撃を開始、23日、歩二百二十八は金馬倫山を攻略、歩二百三十は香港市街に攻撃を開始、24日0700、敵の頑強な抵抗に師團は予備隊として九龍守備にあった歩二百二十八第三大隊を聯隊に復帰させ25日の総攻撃を準備します(敵の掃討が不十分のため26日に延期)。
25日1700、英軍は師團に降伏の意思を伝達、1900、九龍先端のペニシュラーホテルの第二十三軍戦闘司令所において酒井中将、ヤング総督、C.M.マルトビー少将との会談が持たれ英軍は無条件降伏、28日、第二十三軍の香港入城式が挙行されます。

30日、第二十三軍命令により、昭和17(1942)年1月11日、東方支隊(第三十八歩兵團長・伊東武夫少将、歩二百二十八、山砲三十八第二大隊基幹)が編成完結、軍直轄になり、1月4日、第三十八師團は第二十三軍から第十六軍(今村均中将)に隷属転移、12日、東方支隊は香港九龍港を出航、31日、セラム島ロートン付近に上陸しアンボンを攻略、2月1日、蘭印軍を降伏させ、3日、アンボン郊外ラハ飛行場を攻略、豪軍を降伏させます。

1月18日、師團はスマトラ島攻略を下令され、19日、香港九龍港を出航し、24日、仏印カムラン湾に集結、1月20日、南方軍總司令部は第十六軍に『H作戰』(ジャワ攻略作戦)下令します。

2月1日、師團長・佐野中将は歩二百二十九主力、工兵第三十八聯隊を先遣隊(聯隊長・田中大佐)に部署します。
先遣隊(聯隊長・田中大佐)
・バンカ島上陸部隊(第一大隊長・折田大尉):第一大隊本部、第一・第二中隊、第一機関銃中隊、聯隊砲小隊、工兵1個小隊、高射砲1個小隊、第三十三飛行場中隊、軍務戦1個小隊

・ムシ河遡江部隊(聯隊長・田中大佐):聯隊本部、第三・第四・第六中隊、第一機関銃2個小隊、通信隊、歩兵砲中隊 ・・・中央縦隊

・サレ河遡江部隊(工三十八聯隊長・岩淵経夫中佐):工三十八本部、歩二百二十九第七中隊、砲兵1個中隊、工兵1個中隊 ・・・左縦隊

・テラ河遡江部隊(第二大隊長・宮澤少佐):第二大隊本部、第五・第八中隊、第二機関銃中隊、砲兵1個小隊

師團主力
師團司令部、歩二百二十九第三大隊(監物少佐)、歩二百三十第三大隊(大根田安平少佐)、砲兵1個大隊、工兵1個中隊

2月9日、師團先遣隊(歩二百二十九主力)は安洋丸、あらすか丸、鬼怒川丸、佐渡丸、但馬丸、たこま丸、旺洋丸、満星丸に分乗、第三水雷戰隊(橋本信太郎少将、軽巡「川内」、駆逐艦「初雪」、「白雪」、「吹雪」、「朝霧」)の護衛のもとカムラン湾を出航、14・15日、ムントク泊地に入泊、バンカ島上陸部隊はムントク桟橋付近に上陸、各遡江部隊は各河口に進入します。

11日、師團主力はカムラン湾を出航、14日、挺進團司令部(久米精一大佐)、第一挺進團挺進第二聯隊(甲村武雄少佐)260名が挺進飛行戰隊輸送飛行第二中隊のロ式輸送機34機に分乗、飛行第九十八(重爆:資材投下)・九十(軽爆)・八十一(偵察)戰隊、第十五獨立飛行隊(偵察)とともに、飛行第五十・六十四戰隊の護衛を受けクルアン、カハン両飛行場を出撃し降下、15日、パレンバンを攻略、コロニアル石油製油所(8割破壊)、バターフセ石油製油所(ほぼ無傷)を攻略します。

15日、師團先遣隊の歩二百二十九第一大隊(折田大尉)が敵の抵抗を受けること無くバンカ島に上陸しムントク飛行場を攻略、18日、パンカルピナン、19日、南端のトボアリに進出、無血で全島を攻略、第一中隊(竹内正雄中尉)を警備、第三十三飛行場中隊を飛行場運用に残置し、大隊主力は23日~3月1日、海上トラックにてムントクを出航、パレンバンを経由し、4日、ジャンビー油田を無血で攻略します。

2月15日0310、遡江部隊はスマトラ島南部のムシ河、テラ河、サレ河を遡江し夕刻、右縦隊がパレンバン飛行場に到着し空挺第二聯隊・甲村少佐と、1900、中央縦隊がパレンバンに到着し挺進團司令部・久米大佐と、夜半、第六中隊(森下茂中尉)が製油所東端で長谷部少尉とそれぞれ連絡、聯隊は飛行場、製油所を確保、18日、左縦隊はパレンバンに上陸せず遡江を続け、マルタブラ飛行場を攻略します。

先遣隊は田中支隊に改編し、18日、パレンバンを出発、20日、マルタブラを経由しタンジュンカラン、テロックベトンに進撃、支隊はタンジュンカラン攻略において未成飛行場を発見し、これを拡張設定し25日、第三飛行集團(菅原道大中将、パレンバン)隷下の各飛行戦隊が前進します。

2月16日1845、師團主力がムシ河口に入泊、山砲兵第三十八聯隊(神吉武吉大佐)を基幹とし神吉支隊(山砲三十八聯隊本部、同1個中隊、歩二百三十第三大隊、戰車第四聯隊の1個中隊、師團通信隊一部、師團衛生隊の一部)を編成、21日、パレンバンを出発し、22日、ラハト油田、ルブリンガウ、24日、ベンクレンを攻略します。

3月12日、第二十五軍(山下奉文中将、昭南島)隷下の近衞師團(西村琢磨中将、東京)がスマトラ島北部のクタラジャヤ、イッチ、ラブハンルクに上陸し敵の軽微な反撃を排しながら南下、第三十八師團は北上を開始、27日、両師團はパダンで連絡、スマトラ島を攻略します。

この間、第十六師團主力は、3月1日、ジャワ島に上陸、8日、蘭印軍を降伏させジャワ島(オランダ領東インド)を攻略します。

4月19日、第三十八師團はパレンバンを出発、22日、北部スマトラのトバ湖周辺に集結、第二十五軍の指揮下に入り北部スマトラの警備、訓練にあたります。

9月17日、『大陸命第六百八十八號』により第三十八師團はポートモレスビー攻略の増援のため第十七軍(百武晴吉中将)戦闘序列に編入、24日、3梯団に分かれスマトラ島ベラ湾を出港、10月6~30日、ラバウルに到着、歩二百三十はガダルカナル島への増援を示達されます。

10月3日、歩二百二十八はスラバヤを出航、13日、ラバウルに到着、14日、同地出航、15日、ブーゲンビル島エレベンタに上陸します。
10月3日、第二師團(丸山政男中将)がガダルカナル島タサファロングに上陸、5日、第三十八歩兵團司令部、歩二百二十八、歩二百三十は第二師團指揮下に編入、12日、歩二百三十は第二大隊を残置し高速輸送船団に乗船しラバウルを出航、15日、タサファロングに上陸します。

16日、歩二百三十は第二師團とともに密林に啓開された丸山道を通り機動を開始、20日、聯隊は右翼隊(歩兵第三十五旅團長・川口清健少将)に部署され展開線に向かいますが密林の隘路で伸び切った縦隊の収縮、連日の豪雨による泥濘化した道路に行軍は遅れ、川口少将の具申により攻撃予定日は23日から24日に延期、さらに少将は航空偵察写真から攻撃正面に敵は堅固な陣地を構えているため、左側背への迂回を再三具申したところ、さらに1日浪費する事から却下されたうえ右翼隊長を罷免、新たに歩二百三十聯隊長・東海林俊成大佐が隊長に任命されます。
24日、第二師團は左右両翼から攻撃を開始しますが、左翼隊は敵の激烈な銃砲火に阻まれ甚大な損害を受け、右翼隊は敵の主陣地に到達できず(2100、飛行場攻略を意味する「バンザイ」の誤報が発せられたのはこの時)、25日、師團はさらに左翼に歩十六、工二を増援しますが、またも敵の激烈な銃砲火に阻まれ左翼隊長(第二歩兵團長)・那須弓雄少将、歩二十九聯隊長・古宮正次郎大佐が相次いで散華するなど甚大な被害を受け、26日0600、第十七軍は遂に攻撃を中止、26日、師團はルンガ上流河谷に集結、左翼隊は東海林支隊としてコリ付近の飛行場適地占領のため出発、11月3日、コリに到着します。

10月8日、歩二百二十八第一大隊、第十中隊、工三十八1個小隊はコリ支隊(第一大隊長・早川菊夫少佐)を編成、23日、駆逐艦4隻に分乗しショートランドを出航、コリ岬を目指しますが、全般の状況に鑑みブインに引き返します。

11月3日、第三十八歩兵團長・伊東武夫少将、歩二百二十八(第一大隊残置)、工三十八第三中隊、迫撃第三大隊、師團通信隊の一部、師團衛生隊3分の1が軽巡「天龍」ほか駆逐艦15隻に分乗しエレベンタを出航、5日、タサファロング、エスペランスに上陸、海岸沿い道路をコカンボナに前進し住吉支隊(第十七軍砲兵司令部、住吉正少将)、獨立速射砲第六大隊を指揮下に編入し伊東支隊を編成します。
11月6日、師團主力はラバウルを出航、8日、エレベンタ泊地に投錨、師團司令部は駆逐艦「巻雲」に乗艦し、10日、ガ島に投錨、11日、九〇三高地の第十七軍戦闘指揮所に進出します。

12日0800、ガ島の米軍殲滅を期待された師團主力、すなわち歩兵第二百二十九聯隊本部、同第一大隊、歩兵第二百三十聯隊第二大隊、工兵第三十八聯隊、輜重兵第三十八聯隊、第二師團衛生隊、3個野戦病院、獨立工兵第十九聯隊、獨立無線第五十三・第八十小隊、第三野戰輸送司令部、獨立自動車第二百十二中隊、獨立輜重第五十二中隊、第十七防疫給水部、第十七軍司令部、第二船舶團(團司令部、船舶工兵第二聯隊:大発76、第二揚陸隊:小発11)は宏川丸、かんべら丸、山浦丸、佐渡丸、長良丸、那古丸、ありぞな丸、ぶりすべん丸、山月丸、信濃川丸、鬼怒川丸に分乗、糧秣30,000名が30日分、弾薬2会戦分を搭載し駆逐艦12隻、海軍機30機の直掩のもとエレベンタを出航しますが、同日、第三次ソロモン海戦が生起したため、13日0230、ショートランドに引き返します。

14日、ショートランドを出航、0600、護衛の駆逐艦に艦爆4、B17爆撃機2が来襲するも損害はありませんでした。
1050、B17爆撃機8、艦爆17、艦攻8、艦戦8が来襲、かんべら丸、長良丸が被弾沈没、佐渡丸が炎上し航行不能(のち鎮火しショートランドに反転)、1230、艦爆20、B17爆撃機8が来襲、ぶりすべん丸が被弾炎上、1330、艦爆5、B17爆撃機8が来襲、信濃川丸、ありぞな丸が被弾沈没、1530、艦爆17、B17爆撃機4が来襲、那古丸が被弾沈没、400名が散華、5,000名が駆逐艦に救助されますが戦力とならないためエレベンタに反転します。
15日0240、ほぼ無傷の鬼怒川丸、宏川丸、山浦丸、山月丸はガ島タサファロングに擱座上陸を開始しますが、天明とともに陸上砲台、及び沖合の巡洋艦・駆逐艦各1隻より砲撃を受け輸送船は炎上、弾薬の大半(野山砲弾260箱を揚陸)、糧秣の多くを焼失(1,500俵揚陸)、兵力は僅か1,500名に減じタサファロングに上陸します。

18日、聯隊は豫備隊(聯隊本部、第二中隊、第三中隊1個小隊、第一機関銃中隊2個小隊、歩兵砲中隊、歩二百三十第二大隊本部、第五・第八・第二機関銃中隊)に部署、師團は軍命令(次期攻撃拠点たるアウステン山を確保、敵の西進を破砕)に基づき師團司令部を九〇三高地北西麓、豫備隊を勇台西南、東海林支隊を九〇三高地、伊東部隊(歩二百二十八、歩百二十四(岡明之助大佐)、獨立山砲兵第二十六大隊、迫撃第三大隊)をアウステン山(西部見晴台-西部堺台)に配置し持久態勢を採ります。

18日、敵第1海兵師団、第25師団は砲爆撃を伴い全線に渡り侵攻を開始、師團各隊は陣地築城、防戦とともに少数をもって奇襲するなど防戦にあたりますが、12月中に揚陸した糧秣は定量の1/10、17日には断絶、12月23日には前線への弾薬、糧秣の補給が途絶えてしまいます。
加えて敵の砲爆撃を避けるべく不衛生な密林内に陣地を築城、雨季に伴う連日の降雨による湿潤からマラリア、赤痢、皮膚病、怪我の悪化などにより戦力は大幅に低下、師團将兵6,000名のうち戦闘可能者は2,500名、歩行可能者は糧秣輸送のため後方、傷病者が前線にある状態になってしまいます。
※海軍による丸通輸送は駆逐艦により11月30日、12月3日、7日、11日の4回、潜水艦により11月24日~1月5日に16回(4回失敗)、12月20日、21日、26日に陸攻9機により空中投下が行われます。

昭和18(1943)年1月10日、敵は見晴台に攻撃を指向、18日、敵に包囲された丸山高地(二七高地)の歩二百二十八第二大隊(稲垣武義少佐)が玉砕します。

昭和17(1942)年12月31日、御前において大本營会議が開催されガ島よりの転進が裁可、昭和18(1943)年1月4日、大本營は第八方面軍に対しケ號作戦を下令、17日、第十七軍司令部より師團に転進が伝達されます。

18日、師團は敵の攻勢に逐次圧迫されつつあった獨立山砲兵第十聯隊、ルンガ警備隊(歩二百三十第一大隊)、歩二百二十八主力に九〇三高地への集結を下令、22日、各部隊は敵からの離脱を開始、24日、セギロウ河において敵の追撃に備え、25日、同地を徹し、29日、エスペランス、カミンボ地区に集結、2月1日、第一次乗船(2日、ショートランド着、4,935名)、4日、第二次乗船(5日、〃着、3,921名)、7日、第三次乗船(8日、〃着、1,796名)がエレベンタに転進します。
師團は7,646名でガ島に上陸、7,473名が転進に成功します。

昭和17年11月16日、B25爆撃機の空襲の後、オロ湾に豪軍1個大隊が上陸(堀井少将が聞いた砲声はこの上陸時のもの)、ワニゲラ飛行場を奪取、米第128歩兵連隊が空輸(12月1日、米第32、41歩兵師団が増加)され、東部ニューギニア北岸ブナ(横須賀鎭守府第五特別陸戰隊長・安田義達大佐、同陸戰隊、佐世保鎭守府第五特別陸戰隊守備)に侵攻して来ます。

11月15日、第十七軍はポートモレスビー攻略から転進中の南海支隊(堀井富太郎少将、歩四十一、歩百四十四基幹)の後続援護のためラバウル田ノ浦地区で訓練中の歩二百二十九第三大隊(監物平七少佐)に山砲兵第三十八聯隊第二中隊(椎木一夫中尉)を編入、山本重省大佐(歩百四十四聯隊長として補職、補充兵700名を率い転進中の聯隊追求)の指揮下に編入しブナ守備隊を編成、ブナ、ギルワ確保を下令します。
17日、部隊は駆逐艦「風雲」、「巻雲」、「夕雲」、「親潮」、「陽炎」に分乗、第一次上陸部隊(山本大佐以下1,000名)がラバウルを出航、18日、バサブアに上陸し、19日、ブナに進出、第二次上陸部隊(500名)がラバウルを出航し敵機の空襲下バサブアに上陸しブナに進出、陸戰隊司令部がブナ西方の部落、教会地区にあったため、大隊はジロバハ植林地帯(突角陣地)、新旧滑走路外郭の第一線に第九、第二線に西から海岸にかけ第十二、第十、第十一中隊を布陣、山本大佐は両者の中間に守備隊本部を開設、歩百四十四補充要員、山砲三十八第二中隊は本部周辺の旧飛行場西端からギロバ岬に陣地を築城します。

19日0530、米軍700が新飛行場南東に侵攻、第九中隊が撃退しますが、戦力が半減する損害を受けたため予備隊に部署、20日、再度侵攻してきた敵を第一線に配置された第十一中隊が撃退します。
21日、敵は航空機戦爆連合、艦砲射撃、火砲の支援を受け再度飛行場、及び海岸方面、さらに部落の東西南3方向に侵攻、守備隊、陸戰隊は拒止にあたりますが損害が増加、12月18日、戦車を伴う敵が侵攻、大隊は戦車4両を炎上、5両を擱座させますが第十中隊長・吉川正道中尉、第十二中隊長・増島善平中尉、第三機関銃中隊長・谷澤福三中尉が相次いで散華するなど大損害を受け新飛行場を失陥してしまい、クリーク西側に転進します。
25日、第十二中隊の救援に向かった第十一中隊長・日下部大亮大尉が迫撃砲弾を浴び散華、26日、守備隊本部と大隊本部の連絡が途絶、28日、旧飛行場を失陥、23日、旧飛行場に敵が侵攻、守備隊、陸戦隊は夫々海岸に圧迫され包囲されてしまいます。

26日、第十八軍司令官・安達二十三中将はゴナのブナ支隊長・山縣栗花生少将(獨混二十一旅團長、歩百七十聯隊基幹)にブナ救援を下令しますが、救援部隊の遅延、急迫する戦局にブナの放棄、北ギルワの防備を下令します。

29日、守備隊本部に戦車4両が侵攻、陸戰隊司令部は無線機を破壊、海路連絡に向かった伝令の報告からギルワには舟艇が無く離脱するには正面突破しか無い事が判明します。

31日、ブナ支隊より救援部隊(歩四十一、歩百七十第一大隊・同第九中隊)が出発、昭和18(1943)年1月1日、守備隊本部が戦車6両により包囲されるも、肉薄攻撃により撃退、重囲を突破すべく夜襲隊(椎木中尉)70名が出撃しますが、殆ど散華してしまい、山本大佐は離脱は不可能と判断します。

2日、山本大佐は陣前にて米軍にわが国の正義を説いた後、天皇陛下万歳を唱え割腹自決、安田大佐は生存者を率い斬込み散華、第三大隊長・監物少佐、第九中隊長・松尾豊吉中尉はそれぞれ生存者を率い離脱を計りますが敵に補足され松尾中尉は手榴弾を浴び散華、監物少佐はギルワ河渡河中に機関銃掃射を受け長尾軍医中尉、附・岩堀誠一中尉らとともに散華し守備隊は玉砕、生存者(陸軍180、海軍190名)は救援部隊に収容されギルワに転進します。

大本營はガ島奪還のため同島の敵航空戦力を制圧すべくニュージョージア島ムンダに航空基地設営を決定、昭和17年11月18日、第二大隊(佐藤儀一少佐)は航空基地設営援護のため加茂丸に乗船、駆逐艦「黒潮」の護衛の元、ラバウルを出航、20日、ニュージョージア島ムンダに上陸、先行していた呉鎭守府第六特別陸戰隊、22日、第二十二設營隊、野戰高射砲第四十一大隊、25日、第四設營隊、野戰高射砲第五十八大隊、27日、第五・第十飛行場設定隊、高砂義勇隊とともに飛行場設営を開始します。
12月1日、在島部隊によりムンダ基地部隊(岩淵三次海軍大佐)が編成され、敵空襲下、14日、航空基地(滑走路40×100m)が竣工、23日、第二五二海軍航空隊の零戦24機(26日、5機増加)進出しますが、敵機の空襲により損害が続出したため、昭和18(1943)年1月3日、零戦隊は撤退、連日の空襲により損害が続出するも基地部隊は設営を続行します。

昭和17年12月27日、ガ島より引き返した通信隊、第一大隊本部、第一中隊、第三中隊2個小隊、第一機関銃中隊2個小隊(第一大隊長代理 通信隊長・友枝二人大尉)が駆逐艦6隻に分乗しエレベンタを出航、ガ島への輸送中継地確保のためバングヌ島ウィックハイム(ニュージョージア島南東)に上陸します。

昭和18(1943)年1月10日、聯隊補充員、物資監視のためラバウルに残置した人員により第三大隊が再編(小島文三大尉)され、25日、駆逐艦に乗艦しココボを出航、26日、コロンバンガラ島(ニュージョージア島北西)に進出、警備にあたります(歩十三第三大隊を先遣として、昭和18年6月27日、歩十三主力が進出)。

2月7日、ガ島放棄によりムンダ、コロンバンガラ地区に戦線が後退し、敵の砲爆撃が激しさを増してきます。
大本營は防衛強化のため、3月22日、『南東方面作戰陸海軍中央協定』を発令、同協定に先立ち、2月上旬、第八聯合特別陸戰隊(大田實少将)がムンダに進出、ムンダ基地部隊の任務を継承します。

3月1日、第一大隊(5月1日、新大隊長・原正夫少佐着任)は第四中隊の1個小隊をウィックハイムに、第四中隊主力をビルに残置しムンダに移駐します。

5月3日、南東支隊司令部(佐々木登少将、第十七軍戦闘序列、第八艦隊司令長官(鮫島具重中将)指揮下)の編成下令、24日、編成完結し、6月2日、ガ島より転進した歩二百二十九(3月23日、田中大佐は第三十八師團参謀長に転出、4月19日、平田源次郎大佐着任)とともにムンダに上陸、同支隊の指揮下に編入、16日、第七中隊がレンドバ島(ニュージョージア島南、呉六特第二中隊(船田中尉)が守備)に進出します。

6月30日0442、米第43歩兵師団がレンドバ島に奇襲上陸、第七中隊(鈴木利男中尉)が迎撃しますが殆ど玉砕、ニュージョージア島南端ブハム方面の戡定にあたっていた第一大隊は敵1,000の包囲攻撃を受けますが、支隊命令により包囲を突破しムンダに向かい、在ラバウルの海軍航空部隊は連日、敵艦船群への攻撃を開始します。

7月2日、米第43歩兵師団(第169、172歩兵連隊)、第136野戦砲兵大隊等10,000がニュージョージア島鈴木浜(ザナナ海岸:ムンダ岬東方10㎞)に上陸を開始、7日、歩二百二十九主陣地(相川西岸~馬蹄山)に戦爆連合の空襲、艦砲射撃、重砲火の攻撃準備射撃ののち侵攻、第十一中隊陣地が突破されレインケ山の第三大隊が迎撃、連日の砲爆撃を伴う敵の侵攻に損害を受けながらも阻止、14日、ライアナ海岸に上陸を企図した敵の舟艇70隻を第五中隊、第二機関銃中隊が13隻撃沈、20隻撃破し撃退、聯隊の防御戦闘に甚大な損害を受けた敵は第22、25、37歩兵師団を投入してきます。

7月8日、コロンバンガラ島にあった歩十三(友成敏大佐)は支隊命令により機動を開始、14日、鈴木浜の敵橋頭堡に突撃、敵師団司令部を包囲し前線との連絡を遮断しますが天明とともに敵砲爆撃が始まったため密林に集結、28日、第二大隊正面の敵右翼を攻撃、墓場の高地、杉浦台において撃破します。

27日、戦車を伴う敵の侵攻に第二大隊は戦車6両、第三大隊は2両を擱座させ撃退するもバートレー山北側の我が陣地間隙から馬蹄山北方山地に侵攻を許してしまい、また主陣地帯も逐次浸透して来ます。
連日の砲爆撃を伴う敵の攻撃に聯隊は甚大な損害を受け戦力は1/3(466名)に低下、30日、第一大隊長・原少佐が散華、聯隊長・平田大佐は31日夜半を期して総攻撃を決し軍旗を支隊司令部に後送、31日、支隊は戦力の低下に鑑み戦線を整理(総攻撃を中止)、コロンバンガラ島より歩二百三十第二大隊(矢野桂二少佐)が来援し聯隊指揮下に編入されますが、3日、支隊司令部と連絡が分断、5日、第三大隊長・小島少佐が散華してしまいます。

8月6日、第八方面軍は南東支隊の戦力を補填すべく見上大隊(見上喜三郎大尉、1,200名)が第四駆逐隊(杉浦矩郎大佐、駆逐艦「萩風」、「江風」、「嵐」、護衛「時雨」)に分乗しエレベンタを出航しますが、7日、ベララベラ島東側において敵駆逐艦6隻と交戦、時雨を除く3隻が被雷沈没、820名が海没散華してしまい増援は失敗してしまいます。

7日、支隊長・佐々木少将はムンダの放棄、コロンバンガラ島の防備を決定、15日、歩二百二十第二大隊がバンガ島を経由し、20日、アルンデル島に、21・22日、聯隊ほかがアルンデル島へ、26日、コロンバンガラ島へ転進を開始、27日、敵はアルンデル島に上陸、歩十三第一大隊が迎撃、28日、歩二百二十九はジャック港地区に転進します。

31日、敵はコロンバンガラ島に砲撃、空襲を開始、9月20日、南東支隊は大本營指示(8月13日)、第八方面、南東方面艦隊覚書(8月31日)に基づき指揮下各部隊に転進準備を下令、9月27日、2,685名、10月2日、1,450名が駆逐艦によりラバウルに転進します(南東支隊は復帰)。

師團は第八方面軍のラバウルの防衛と攻勢作戦の計画に則り、東部ラバウルの防衛と敵撃滅を任務とし、聯隊はトーマ地区のバルチン山に複郭陣地を築城します。

昭和19(1944)年2月1日、第一大隊(馬場常男大尉)530名(大隊本部、第一中隊第一小隊、第二中隊、第四中隊、第一機関銃中隊半分)がアドミラルティ諸島(輜重兵第五十一聯隊(江崎義雄大佐)基幹が守備)ロスネグロス島に上陸します。
29日、米軍1個大隊がハイン港湾に空襲、艦砲射撃ののち上陸し飛行場に侵攻、30日0000、大隊は夜襲を敢行しますが敵の陣地は予測より縦深なうえ鉄条網、地雷に妨げられ機関銃掃射、火炎投射器により大隊長・馬場大尉以下150名が散華(生存者160名は第一機関銃中隊長・蔵本正夫中尉が指揮継承)、守備隊は3月1日薄暮、夜間、さらに3日と夜襲を反復するも甚大な損害を受けモチヨロ山地区に集結、大隊は飛行場正面(3月17日、西岬に転進)に布陣し持久に転じます。
25日、守備隊はモチヨロ山を失陥、糧秣、弾薬の欠乏、傷病者の増加から、30日、敵駆逐艦の艦砲射撃、重砲撃下、筏等によりマヌス島に転進、糧食欠乏、敵の追撃に苦闘しながら持久に入ります。

昭和18年11月25日、歩二百二十九より将兵を抽出した臨時歩兵第二百二十九大隊(成瀬懿民少佐:ズンゲン支隊)が編成され、28日、監視警戒と情報収集を兼ねココボより大発でニューブリテン島南南西のズンゲンに派遣されます。
※水木しげる先生が配属されたのがこのズンゲン支隊

昭和19(1944)年4月下旬、第二中隊(児玉清三中尉)を残置し主力はラバウルに移駐、大隊は玉砕した第一大隊に改編、第二中隊もそのまま第一大隊第二中隊に改編され、第二中隊は引続き主力(第二、第三小隊)をズンゲン、第一小隊をカロライ、第二小隊浅野分隊をヤンマー、奥田分隊をバイエンに配置し120㎞の海岸線警備にあたります。
5月30日、聯隊主力はトベラ飛行場東部地区に移駐し、一帯を聯隊長・平田大佐の号に因み瓊(けい)山城と命名し陣地築城、自活態勢を採ります。

ジャッキノット湾に上陸した豪第6旅団(第14、19大隊)に備えるべく、10月5日、第一大隊(本部、第四中隊、機関銃・迫撃砲各1個小隊)はトベラを出発、中央山岳地帯を踏破し、12日、ワイタバロ(ズンゲン西北2㎞)に到着、13日、ズンゲン支隊としてズンゲン高地を主陣地として陣地築城を開始します。
2月15日、豪第19大隊がズンゲンに侵攻、第四中隊第一小隊(加子忠男中尉)が迎撃するも兵力差は大きく主陣地に転進、19日、敵はリリール東端まで侵攻、3月5日、敵は本格的に侵攻を開始し第一波は撃退するも、夕刻には一部がメペロ川を渡河、10日、主陣地の一角杉山陣地を失陥してしまいます。
支隊は的確な射撃で度々敵の侵攻を撃退、また5日頃より支隊長以下30組の斬込隊を編成、敵の後方撹乱に成功しますが、連日の敵の攻撃に損害が増加、13日、水源地を失陥、支隊本部は第二中隊陣地に転進、包囲されるの至り、16日、支隊長・成瀬少佐は後退してマラリア、飢餓で倒れるより敵に作戦の自由を与えず軍全体の亀鑑となるべく総攻撃を決心、17日、主陣地の大半を失陥、19日1500、少佐は師團長に決別電を打電ののち、支隊副官・土屋弘中尉、第四中隊長・神宮寺英雄中尉ら140名を率いて斬込み、23日、ウルウト河付近の敵野営地に進撃するも玉砕してしまいます(総攻撃前の訓示で離脱を論示)。

支隊の総攻撃に関し、児玉中尉が遊撃戦を主張するなど部隊の意思統一ができず加子少尉、第四中隊第二小隊長・長谷川少尉以下130名は戦場を離脱、20日、新大隊長・岡本義郎大尉が着任、25日、ズンゲン支隊生存者はヤンマーに集結、同地において師團後方主任参謀・松浦義教少佐の状況調査ののち加子少尉、長谷川少尉は責任を取って自決します。
4月7日、第一大隊は4個小隊に再編されヤンマーの守備にあたり、ウマミテケ川に侵攻してきた敵先頭と交戦中に停戦を迎えます。

8月17日、大本營より停戦の奉勅命令が方面軍司令部に入電、師團長・影佐禎昭中将は司令部に招致され今村均大将より『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、方面軍命令を受領し停戦を迎えました。

18日0900、聯隊本部周辺の集結可能者100名参集のもとビタワナ聯隊広場(密林に造成された50m四方の練兵場)において軍旗が奉焼されます。

9月7日、第八方面軍司令官・今村大将はガバンガ沖合の英空母シュリアスにおいて豪第11師団イーサー少将と会談、降伏文章に調印、10日、豪軍がラバウルに進駐を開始、師團は武装解除され、昭和21(1946)年1月1日、聯隊はガゼル集団(マッキンタイセ大尉監督))として宿営、自活しつつ使役されたのち、昭和21(1946)年3月3日、第一回内地還送患者を最初に、5月13日を最終として名古屋港に上陸、27日、復員完結します。


歩兵第百十八聯隊(譽一一九三三、中部第六十二部隊)
昭和15(1940)年7月10日、『昭和十五年軍備改變要領 其ノ二』により常備部隊の編制を改編、獨立歩兵團の新設、既設師團の3単位への改編が下令、留守第三師團の担当で歩兵第百十八聯隊、第六十三獨立歩兵團司令部(内田孝行少将、豊橋)が新設され、歩兵第十八聯隊補充隊(松本信吉中佐)は復帰、歩兵第十八聯隊の補充は歩兵第六聯隊補充隊に移管されます。

獨立歩兵團は後に師團化を想定した占領地治安部隊として第六十一、第六十二、第六十三、第六十四、第六十五、第六十六、第六十七獨立歩兵團が編成されます。
各獨立歩兵團隷下の歩兵聯隊は1個大隊基幹の低定員編制でした。

昭和16(1941)年4月1日、豊橋において歩兵第百十八聯隊が編成完結(徳弘保衛大佐)、5月21日、宮中において軍旗を拝受します。
聯隊は旧歩兵第十八聯隊兵営において初年兵教育、不発弾処理班教育、部外団体教育、耐寒演習、実践演習に加え、南方派遣要員の特別教育等を、第二大隊は中部軍第一下士官候補者教育隊として幹部教育を実施します。
歩兵第百十八聯隊 軍旗(愛知豊橋)
▲歩兵第百十八聯隊 軍旗(昭和16年5月22日、豊橋陸軍練兵場における軍旗拝受式)

昭和18(1943)年5月14日、軍令陸甲第四十五號『昭和十八軍備改變要領』により留守第三師團司令部と獨立第六十三旅團司令部を基幹として、6月1日、第四十三師團(賀陽宮恒憲王中将、名古屋)の編成下令、10日、編成完結、聯隊は同師團隷下に編入され東海地区の防衛、防空にあたります。

昭和18年7月6日、聯隊は歩兵第三十四聯隊補充隊(静岡)の空兵舎に移駐します。

昭和19(1944)年4月11日、作命甲第一號により師團は隷下部隊に中部太平洋方面への出動を下令、20日、軍令陸甲第三十九號(4月7日)により、第四十三師團(4月3日から斎藤義次中将)は第三十一軍(小畑英良中将)戦闘序列に編入され動員下令(譽業務)、各歩兵聯隊は夫々砲兵大隊(歩百十八は野砲兵第十聯隊補充隊より1個大隊(3個中隊各三八式野砲3門))、工兵中隊、通信隊、補給中隊、衛生隊の諸兵混合部隊を編成し訓練にあたりつつ、25日、動員完結、5月7日、師團司令部は歩百三十五(鈴木榮助大佐)とともに名古屋、歩百十八(伊藤豪大佐)は静岡を出発、8日、歩百三十六(小川雪松大佐)が坂本を出発、9日、横浜に集結します。

14日、師團主力は第一次輸送部隊として東松八號船團により横浜を出航、19日、サイパンに上陸します。

30日、聯隊は第二次輸送部隊として聯隊本部、第一・第二大隊、通信中隊、野砲2個中隊、工兵2個小隊が高岡丸、第三大隊、工兵1個小隊、野砲1個中隊がはあぶる丸に乗船し横浜を出航しますが、6月4日、勝川丸、5日、高岡丸、玉姫丸、6日、はあぶる丸、鹿島山丸が敵潜水艦の雷撃を受け沈没、漂流者は僚船に救助され、7日、サイパン島に上陸します。
聯隊は3,295名中、聯隊長・伊藤豪大佐、第一大隊長・山崎利夫少佐、第二大隊長・林信夫大尉以下2,200名が海没散華(聯隊長代理:第三大隊長・大塚文吉少佐)、1,054名がサイパン島に上陸しますが半数は火傷、負傷しており、歩百三十五、歩百三十六より兵器、被服、糧秣の配分を受け、損害が甚大なことから師團予備に部署され南興神社東方のトトシン付近に布陣し戦力回復にあたります。
聯隊は敵上陸までに第一大隊(山崎利夫少佐)、第三大隊(大塚文吉少佐:聯隊長代理)、通信中隊(真田茂夫大尉)、衛生隊(津田貞一中尉)を回復しますが聯隊長の発令、聯隊本部は編成されませんでした。

6月11日、米艦上機190機が港湾施設、軍司令部、島南(アスリート)・島西(オレアイ)・島北(バナデル)飛行場に来襲、12日、敵大小空母14隻が接近、艦上機延べ1,400機によりマリアナ諸島全域が空襲を受けます。
13日、戦艦7、駆逐艦11隻による艦砲射撃が開始され、14日、さらに戦艦8、巡洋艦5隻が加わり熾烈さを増し水際陣地、砲台、高射砲、建物、飛行場、ガラパン市街地が破壊、夜間の駆遂艦による撹乱射撃により通信網も寸断され、命令伝達は伝令のみになってしまいます。
15日0542、米戦艦、巡洋艦24隻による激烈な艦砲射撃とともに輸送船14隻から発進した水陸両用車700隻に分乗した米第2海兵師団がオレアイ、第4海兵師団がチャランカノアに上陸を開始、0744、第一波上陸部隊が海岸に侵攻して来ます。

オレアイの水際第一線にあった歩百三十六第二大隊(安藤正博大尉)主力は連日の艦砲射撃により相当の損害を受けていましたが、戰車第九聯隊第四中隊(吉村成夫大尉)、後方に布陣した獨立山砲兵第三聯隊(中島庸中佐)、ヒナシス丘陵の野戰重砲兵第九聯隊第二大隊(黒木弘景少佐、十五糎榴弾砲15)とともに全火力を集中し砲撃を開始、続いて白兵突撃により戦車8、水陸両用戦車30両以上を撃破し米軍の上陸を拒止しますが、圧倒的な物量を誇る米軍は4波に渡り上陸を強行、我が第一線は次第に圧迫され、大隊長・安藤大尉が散華してしまいます。
また、チャランカノアに布陣した獨歩第三百十六大隊(江藤進大尉)は獨混第四十七旅團砲兵隊(山根庄三大尉)、高射砲第二十五聯隊(新穂實徳中佐)とともに全火力を集中し砲撃を開始、地形を活かし縦横に巡らした陣地により寡兵よく敵の上陸を阻止しますが、航空、艦砲射撃の支援を受け戰車を伴う敵の侵攻に次第に圧迫され大損害を受けオレアイからチャランカノア南方にかけて数百mに及ぶ橋頭保を構築されてしまいます。

齋藤中将は第二線陣地の強化を図るべく配属された歩十八第一大隊(久保正男大尉)、戰車九第五中隊をヒナシス山に前進させるとともに、水際逆襲を企図し、他島転進のためタポチョ山北東のチャチャに集結中の歩四十第三大隊(河村勇二郎大尉)、第九派遣隊(有馬純彦大佐、第二十四歩兵團、獨立守備歩兵第十四、二十八大隊)、獨歩三百十八大隊(宮下龜治大尉)の第一線陣地への転進を下令、15日午後、オレアイの敵橋頭堡に対し歩四十第三大隊、戰車九第四中隊(吉村成夫大尉)は逆襲を敢行、米軍の連隊本部に突入し水際に押し切る寸前まで進撃しますが、艦砲射撃の支援を受け体勢を立て直した米軍の反撃を受け、歩四十第三大隊は玉砕寸前、戰車中隊長・吉村大尉が散華するなど大損害を受けてしまいます。
また、ヒナシス丘陵にあった獨混四十七旅團司令部も艦砲射撃により旅團長・岡芳郎大佐が散華してしまいます。

15日、第三十一軍参謀長・井桁敬治少将(司令官・小畑英良中将不在のため)は軍全力の逆襲により敵を一気に撃砕すべく夜襲を下令しますが、連絡線の寸断、昼間の激戦から集結が遅れ第一線配備部隊による局地逆襲になってしまいます。
2100、歩百三十六はオレアイの敵橋頭堡に夜襲を敢行、16日0200、横須賀鎭守府第一特設陸戰隊も加わりオレアイ三叉路付近の敵連隊本部まで迫りますが、艦砲射撃の支援を受けた戦車、機関銃の銃砲撃に歩百三十六第一大隊長・福島勝秀大尉が散華、またチャランカノア方面でも0230、0330、夜襲が敢行されますが獨歩三百十六大隊長・江藤進大尉散華するなど守備隊は700名を失い攻撃は頓挫してしまいます。

16日、齋藤中将は守備隊全力による夜襲を下令、軍予備の歩百三十六第三大隊(野々村春雄大尉)は聯隊主力に復帰、17日0200、オレアイの敵橋頭堡に対し戰車第九聯隊第一波に続き、戦車第二波、歩百三十六(第二・第三大隊)、歩四十聯隊第三大隊、歩十八第一大隊等は夜襲を敢行します。
戰車第九聯隊は敵第一線を突破し敵指揮所、砲兵陣地まで突入、続いてガラパン南方から歩百三十六第一大隊、横須賀海軍第一陸戰隊がオレアイ飛行場に突撃しますが、照明弾で白昼化されたうえ当日揚陸された多数の戦車、対戦車砲、火砲に阻まれ攻撃は頓挫、戰車九聯隊長・五島正大佐、歩十八第一大隊長・久保正男大尉、歩百三十六第三大隊長・野々村大尉を始め歩兵多数が散華、戦車29両が撃破され軍戦力は急速に低下してしまいます。

17日、高射砲第二十五聯隊第六中隊(遠藤直一少尉)、獨立工兵第七聯隊(小金澤福次郎大佐)が相次いで玉砕し水際陣地後方のヒナシス丘陵一帯の陣地を失陥、火砲を全損した野重九第二大隊長・黒木少佐は部下とともに斬り込みを敢行し散華、18日、アスリート飛行場を失陥、米第4海兵師団が島東岸ラウラウ湾に侵攻したため、島南東端のナフタン山(獨歩三百十七大隊:佐々木巳代太大尉)は孤立してしまいます。

18日、井桁少将は戦線を整理し残存部隊(歩兵5個大隊、砲兵1個大隊、野砲12、高射砲6、戦車10)に防御に適したタポチョ山嶺の新防御線への転進を下令、聯隊は転進部隊の収容にあたり、20日、前衛陣地の一六三高地に米第24・25海兵連隊が侵攻、歩百三十六、歩十八第一大隊、歩四十第三大隊、戰車九は抗戦しつつ新防御線に転進します。

軍は予備隊として歩百三十六をチャチャに、ハグマン半島の北岸に獨混四十七旅團集成部隊、チャチャ南西方に戰車九、タポチョ山東の二六九高地に歩四十第三大隊、タポチョ山に歩百三十五聯隊主力、新防御線は西からガラパンに海軍部隊、タポチョ山西麓五根高地に西山集成大隊(西山敬九郎中佐、獨立臼砲第十七大隊、船舶工兵等)、タポチョ西側稜線から二八六高地-三四三高地に歩百三十五第二・第三大隊、タポチョ南側に歩十八第一大隊を布陣し築城を開始、聯隊は引続きトトシンにおいて築城を続行します。

21日、一六三高地を失陥、22日、敵は戦車150両を伴い我が新防御線に総攻撃を開始、第2海兵師団が中核陣地である二八六高地-三四三高地(タポチョ山南麓:歩百三十五第二・第三大隊守備)に侵攻して来たため、歩百三十六は師團命令により同高地背後の三四三高地に急進、また第4海兵師団が歩十八、歩百十八陣地正面に侵攻、斬り込み、肉迫攻撃により敵の侵攻を拒止します。

23日、同山西麓の歩百三十五第二大隊は西山集成大隊と、南麓の要地・二八六高地の歩百三十五第三大隊は増援の歩百三十六とともに第2海兵師団を拒止していましたが、夕刻、遂に突破され二八六高地を失陥、東麓一九二高地の峡谷では戦車を伴う第27歩兵師団が砲爆撃の援護のもとラウラウに侵攻してきたため歩十八第一大隊、歩百十八はチャチャ北側稜線(タポチョ山東側)に転進し対戦車防御を準備、歩四十第三大隊、戰車九とともに錯綜する地形を利用し敵戦車を側射し侵攻を阻止します(敵側呼称:死の谷)。
24日、チャチャ、三四三高地を失陥、敵はタポチョ山西麓、ガラパン東側高地、五根高地に浸透されますが、タポチョ北東麓(死の谷)方面は甚大な損害を受けながらも戦車を伴う敵の侵攻を阻止します。

25日、敵はタポチョ山頂に侵攻、歩百三十五聯隊180名が迎撃、タポチョ北東麓において歩百十八第三大隊長・大塚少佐が散華、聯隊の戦力は第一大隊27名、第三大隊5名まで低下、26日、遂にタポチョ山頂を失陥してしまいます。

19日、マリアナ諸島方面の敵艦隊撃滅を企図し海軍は「あ号作戦」(マリアナ沖海戦)を発動しますが、22日、第一機動艦隊(小澤治三郎中将)は米機動部隊と潜水艦により大鳳、翔鶴、飛鷹、艦上機378機を損失する大損害を受け制空権を失陥してしまいます。
23日、大宮島(グアム)より行岡支隊(歩十八第三大隊・行岡(草冠に即)生少佐、600名)がサイパン島逆上陸を企図し大発・小発13隻で出発しロタ島まで進出します(29日、全般の状況から断念し引返す。その他、18日に参謀総長・東條英機大将の指示で大本營が「イ號作戰」(第五艦隊による歩百四十五聯隊、及び物資の強行輸送)を立案するも「あ號作戰」の結果を受け、25日、中止)。
また、第四艦隊(小林仁中将、トラック)も佐世保第一〇一海軍陸戦隊の逆上陸を計画しますが、戦局の急迫に伴い中止します。

24日、大本營は連日サイパン島確保の方策を連日検討するも、現状での打開は不可能として遂にサイパン島確保を断念します。

27日朝、陸海合同司令部は7月2日を期して兵力を再編成すべく、タナパグ-二二一高地-タロホホの線を最終防衛線として転進を下令、敵は全線に渡り侵攻を開始、28日、ガラパンに侵攻、守備隊は夜間、挺身切込み、肉迫攻撃を敢行し敵の侵攻拒止にあたりますが損害は増加、同日、陸海合同司令部は無線電信所高地に移動、歩百十八が玉砕、同聯隊、歩百三十六の軍旗は合同司令部に後送されます。

29日、陸海軍合同司令部は戦闘指揮所を地獄谷へ移動、30日、サイパン最大の水源地・ドンニイを失陥、7月2日、我軍の転進に追尾して米軍は急速に浸透、ガラパン-二二三高地(タポチョ山北3km)-二二一・五高地-タロホホの線に侵攻を許してしまい、3日、中心街ガラパンを失陥します。

4日、タナパグ港、ガラパン東側高地、ポンタムチョー岬を失陥、敵は地獄谷南側に侵攻、合同司令部も砲撃を受け、齋藤中将が負傷、高級参謀・伊藤盛逸大佐が散華、同日、合同司令部において歩百十八、百三十五、百三十六の軍旗3旒が奉焼されます。

5日、合同司令部は戦力の消耗、兵器・弾薬・糧食の欠乏、火砲全損の状況に鑑みガラパン方面への総攻撃を決定、参謀次長に訣別電を打電後、無線機を破壊し重要書類を焼却、6日2100、最高司令官の中部太平洋方面艦隊司令長官・南雲忠一中将、第四十三師團長・齋藤義次中将、第三十一軍参謀長・井桁敬二少将、第五根拠地隊司令官・辻村武久少将が司令部内において古式に則り自決、第六艦隊司令長官・高木武雄中将、南洋庁支庁長(北部支庁長)・辻正保大佐、第四十三師團野戰病院長・深山一孝医中佐以下重傷患者600名等も相次いで自決します。

7日0300、陸海軍将兵、在郷軍人、警防団員、青年団員等一般在留邦人も交えた3,000名はマタンサに集結、第四十三師團参謀長・鈴木卓爾大佐、参謀・吉田正治中佐、同・平櫛孝少佐指揮の下、3梯団に分かれ地獄谷から南側山地、及びマタンサの海岸線と山地の間を南方に向かい総攻撃を開始、俘虜尋問から総攻撃に備えていた敵第105歩兵連隊第1・第2大隊陣地を突破、敵を恐慌状態に陥れタナパグ付近まで進撃しますが、態勢を建て直した米軍の砲撃を受け進撃は停止、随所で昼頃まで敢闘しますが玉砕してしまいます。

生存者は尚も各地に潜伏し遊撃戦を続行しますが、敵の掃討により次第に減少、昭和20(1945)年に入り、歩四十第三大隊附・田中徳祐中尉指揮の一群がハグマン半島の海岸洞窟、歩十八衛生隊長・大場榮大尉指揮の一群がタポチョ山西側のタコ山に潜伏、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

生存者は米軍と停戦協定を締結、9月2日、獨立混成第九聯隊長・天羽馬八少将から降伏命令を受領、12月1日、大場大尉以下47名が下山(その後、25名が山中で収容)、大場大尉、田中中尉は降伏式に臨みます。

聯隊は3,295名で祖国を出発しますが戦闘前に2,240名が海没散華、戦力の回復ができないまま敵上陸を迎えますが不利な状況下、内地での訓練の成果、敢闘精神を最大限に発揮し地形を活かし寡兵をもって圧倒的優勢な敵の侵攻を阻止、敵師団長を解任させるなど皇軍の名に恥じない戦闘を展開し玉砕、82名が生還します。


主要参考文献
『豊橋市史 3・4』(昭和58年3月、昭和60年3月 豊橋市史編集委員会)

『豊橋軍事史叢話』(平成19年5月 太田幸市 三遠戦跡懇話会)

『軍都豊橋 —昭和戦乱の世の青春に捧げる—』(平成19年6月 兵東政夫)

『歩兵第十八聯隊史』(平成6年3月 兵東政夫 歩兵第十八聯隊史刊行会)

『歩兵第二二九聯隊史』(昭和56年9月 歩兵第二二九聯隊史編纂委員会 福々会)

『第三師団戦史』(昭40年 陸上自衛隊第10師団司令部編集)

『戦史叢書6 中部太平洋陸軍作戦<1>-マリアナ玉砕まで-』(防衛庁防衛研修所戦史室 朝雲新聞社)

『戦史叢書47 香港・長沙作戦』(防衛庁防衛研修所戦史室 朝雲新聞社)

『戦史叢書28 南太平洋陸軍作戦<2>ガダルカナル・ブナ作戦』(防衛庁防衛研修所戦史室 朝雲新聞社)

『ガダルカナルとラバウル アナの三十八師団 「第三章 灰色の十字架-ラバウルの悲劇- 松浦義教」』(昭和40年 中日興業)

『いつの日晴れて 学友加子中尉の最期』(平成9年4月 佐田彊)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
66位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった精強帝國陸海軍、命をかけて国や家族を護ろうとした先人達に思いを馳せるとともに、祖国の弥栄を願い国難に殉じた英霊の遺徳に触れ感謝すべく探索・訪問した軍事遺構、護國神社、資料館を紹介、併せて遺構の歴史、地域との関わり、関連部隊などの調査、研究成果を発表しています。

遺構は飽くまで「物」であり、そこに関わった「人」の存在、歴史を理解してこそ遺構の調査、研究は成立すると考えます。
--------------
掲載写真、図面、資料、文章の
無断転載は禁止します。
当ブログを参照した際は度合いによらず必ず引用明記のうえリンクを張ってください。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる