fc2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

歩兵第十八聯隊 兵舎 【移設】

愛知県下の高校に吉田城阯に所在した歩兵第十八聯隊 兵舎の一部が移設されています。
兵舎(移築) 東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲兵舎と言われる建物

【探索日時】
平成27(2015)年4月13日





遺構について
移設兵舎
同校のサイトには「明治18年築」と記載されているのみで具体的に何時移築された、どの兵舎か不明です。

参考文献に「西兵舎はしばらく豊橋市立中部第二中学校・・・として利用されたが、間もなく私立高校校舎にするために解体、運び去られた。」とありますが、“明治18(1885)年築”となると明治32(1899)年以降に建設された西兵舎では無く北側、東側、南側の兵舎になり、国遷アーカイブの空撮を追うと、昭和44(1969)年8月に解体された北側兵舎の一部を別に移築したものの様です。
元々兵舎は全て2階建てですが、現状は平屋で大幅に減築されており移築と言うより部材を使った建物という方が正確です。

北側兵舎であれば四號兵舎で第六、第七、第八中隊が使用していましたが、そもそも兵舎だったのかも不明です。
兵舎(移築) 東から (2) 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲全景
 雰囲気は遺されていますがかなり改修されています

兵舎(移築) 南東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲近影
 下記の様に兵舎の特徴が色濃く遺ります

兵舎(移築) 正面石敷 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲石積みの基礎
 明治初期の建築によく見られる特徴です

兵舎(移築) 正面換気口 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲石製の排煙口
 古い建築によく見る仕様です

兵舎(移築) 北東から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲下見板張の壁面と上げ下げ窓
 当時の建物の最大の特徴です

兵舎(移築) 入口 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲入口近影

兵舎(移築) 入口 (2) 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲持ち送りも当時の物?

兵舎(移築) 北から 歩兵第十八聯隊(愛知豊橋)
▲側面

※当然ながら事前に見学申請を提出、許可を得て見学、撮影させて頂きました。


主要参考文献
『歩兵第十八聯隊史』(平成6年3月 兵東政夫 歩兵第十八聯隊史刊行会)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
41位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった精強帝國陸海軍、命をかけて国や家族を護ろうとした先人達に思いを馳せるとともに、祖国の弥栄を願い国難に殉じた英霊の遺徳に触れ感謝すべく探索・訪問した軍事遺構、護國神社、資料館を紹介、併せて遺構の歴史、地域との関わり、関連部隊などの調査、研究成果を発表しています。

遺構は飽くまで「物」であり、そこに関わった「人」の存在、歴史を理解してこそ遺構の調査、研究は成立すると考えます。
--------------
掲載写真、図面、資料、文章の
無断転載は禁止します。
当ブログを参照した際は度合いによらず必ず引用明記のうえリンクを張ってください。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる