fc2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

香取海軍航空基地 北掩体地区・南掩体地区

旭市、匝瑳(そうさ)市にまたがり所在した香取海軍航空基地の南北に北掩体地区・南掩体地区があり航空機用掩体(所謂、掩体壕)、爆弾庫が設営されてました。
C 掩体壕 西から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲北掩体地区に遺る航空機用の小型掩体

【探索日時】
平成27(2015)年3月29日





香取海軍航空基地について
昭和13(1938)年5月、軍令部は米国が策定した大幅軍備拡張計画、「第二次ビンソン案」のうち、最も脅威になると予測される航空戦備の均衡を保つべく「第四次海軍軍備充實計畫」(マル四計画)の案画を開始するとともに、海軍航空本部は関東地方に外戦兵力基地の設営を計画します。
昭和14(1939)年3月7日、「マル四計画」の成立とともに横須賀海軍建築部は寛文年間に椿湖を干拓し「干潟八万石」と称され、平坦で広大な土地が確保可能な匝瑳(そうさ)郡共和村、椿海村、旭町一帯の農地を買収し航空基地設営を開始、昭和18(1943)年9月6日、香取海軍航空基地が竣工します。
当航空基地では、昭和18(1943)年7月1日、来寇する敵機動部隊殲滅を企図し内南洋の島嶼を不沈空母として配備を想定した第一航空艦隊司令部を始め、10月1日、麾下の第一二一海軍航空隊、11月5日、第五二三海軍航空隊、昭和19(1944)年1月1日、第一〇二一海軍航空隊、2月1日、第六十二航空戰隊司令部、3月15日、第三二二海軍航空隊、2月1日、また増大した豫科練習生に整備術を先行教育すべく、香取海軍航空隊などが編成されます。

昭和20(1945)年2月12日、松山から第六〇一海軍航空隊が移駐、20日、同隊から神風特別攻撃隊 第二御盾隊(21日、突入)が編成、決號作戰(本土決戦)に備えるなか、8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』を拝し、16日、停戦を迎えました。

※詳細は『香取海軍航空基地』を参照


遺構について
『海軍航空基地現状表 内地之部』によると香取海軍航空基地の航空機用掩体(掩体壕)は「小型有蓋25基、同無蓋76基、中型無蓋35基」となっています。
昭和22(1947)年12月12日の空撮を見る限りコンクリート製小型有蓋掩体16、同中型掩体8、小型無蓋32、中型無蓋59が確認できます。

設営時期については昭和19(1944)年7月13日、海軍施設本部が各鎭守府、警備府に所管航空基地への有蓋掩体の急速設備を示達した施本機密第八七三〇號に基づき設営されたと思われ、資料によると近隣町村からの勤労奉仕隊の協力、割当で設営されました。

戦後、全域が開墾され、土盛りだけの無蓋掩体は崩され全て滅失、有蓋掩体も開発で失われ、現在僅かに有蓋中型1基、有蓋小型2基が遺るだけですが、香取海軍航空基地の遺構と言えばこの掩体!
香取 現在(施設のみ)香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲香取海軍航空基地全体図
① 飛行場地区
② 居住地区
③ 香取海軍航空隊
④ 工場地区
⑤ 居住地区
⑥ 隊外酒保

Ⅰ 南掩体地区
A 中型 有蓋掩体
巾28✕奥行13m。
民家の敷地内に遺り、内部は資材置場になっています。
停戦時、九〇式機上作業練習機が格納されていた様です。
A 掩体壕 西から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲正面

A 掩体壕 北から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲側面
 裾は直角に処理されています

A 掩体壕 東から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲背面

A 内部 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲入口上部
 ややコンクリートが剥がれています

A 内部 (2) 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲内部

A 内部 ムシロ跡 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲天井に遺る型枠代りのムシロの跡

A 内部から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲内部から


Ⅱ 北掩体地区
B 小型 有蓋掩体
巾19.5✕奥行10.6✕高6m。
田圃の真ん中に遺り、内部は住宅兼農機具小屋に改造され閉鎖されています。
停戦時、九〇式機上作業練習機が格納されていた様です。
B 掩体壕 南から (2) 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲正面

B 掩体壕 南から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲奥はC

B 掩体壕 北西から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲後側面から
 前端、後端に縁が付けられた凝った構造です

B 掩体壕 北から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲背面

B 内部 左側 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲内部
 左側が入口

B 内部 後ろ側 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲内部 奥側


C 小型 有蓋掩体
Bと同一規格で巾19.5✕奥行10.6✕高6m。
田圃の真ん中に遺ります。
停戦時、流星が格納されていた様です。
C 掩体壕 西から (2) 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲正面側

C 掩体壕 南東から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲側面

C 掩体壕 北から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲前端部分の縁

C 掩体壕 東から 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲背面

C 内部 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲内部 側面

C 内部 (2) 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲内部 後部

C 内部 (3) 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲天井に遺る木材

C 内部 (4) 香取海軍航空基地(千葉旭・匝瑳)
▲海軍型(奴型)の良く見られる支持材

※掩体A・B・Cは全て私有地内に遺り、それぞれの所有者から許可を得て立ち入り、内部見学させて頂いています。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
66位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった精強帝國陸海軍、命をかけて国や家族を護ろうとした先人達に思いを馳せるとともに、祖国の弥栄を願い国難に殉じた英霊の遺徳に触れ感謝すべく探索・訪問した軍事遺構、護國神社、資料館を紹介、併せて遺構の歴史、地域との関わり、関連部隊などの調査、研究成果を発表しています。

遺構は飽くまで「物」であり、そこに関わった「人」の存在、歴史を理解してこそ遺構の調査、研究は成立すると考えます。
--------------
掲載写真、図面、資料、文章の
無断転載は禁止します。
当ブログを参照した際は度合いによらず必ず引用明記のうえリンクを張ってください。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる