fc2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

舘山海軍砲術學校 地下施設

館山市に所在した舘山海軍砲術學校の周辺には多分に漏れず地下施設が設営されていました。
ア 発電所 (2) 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲学校内に遺る自力発電所壕

【探索日時】
平成27(2015)年4月1日





舘山海軍砲術學校について
舘山海軍砲術學校は海軍砲術學校が管掌していた陸戦(基礎教育を除く)、防空教育のうち士官を対象とした海軍砲術學校學生の特修科、専攻科學生、及び予備士官候補者を対象とした兵科豫備學生、及び兵科豫備生徒教育の全部、下士官兵を対象とした普通科・高等科海軍砲術學校練習生、下士官候補練習生、海軍練習生(所謂“特年兵”)教育の全部を管掌、陸戰科において陸戰隊司令、大隊長、及び陸戰隊員に必要な、防空科において防空砲台長、及び防空砲台員に必要な素養をそれぞれ教授、のちに化学兵器科が新設され海軍唯一の化学兵器教育も教授しました。
※詳細は前記事『舘山海軍砲術學校』を参照


遺構について
昭和19(1944)年4月、敵の南洋方面来寇が迫るなか、舘山海軍砲術學校でも空襲に備え、周辺の山腹に地下施設の設営を開始します。
現在、一部は閉鎖、また一部を除き放置されているため、もれなく不法投棄がされています。
▲遺構の配置
① 舘山海軍砲術學校
②〃 平砂浦(へいさうら)演習場
③〃 東砲台・配水池
④〃 射的場

-北側-
ほぼ全ての遺構が私有地内にあります。
ア 自力発電所壕
巾4✕長18m
房南学園の敷地内に遺ります。
横須賀海軍施設部の中里七郎技手の設計、指揮で施設部員のみで設営され、工事中に落盤で1名の方が亡くなられます。
内部は右側に発電機、左側に冷却水槽が置かれます。
ア 発電所 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲入口

ア 発電所 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

ア 発電所 内部から 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部から

ア 発電所 内部床面 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲壕床
 発電所特有の発電機置場の基礎などが無く、レール状の突起があるのみです

イ 弾薬庫?
学園の敷地内から見えます。
土のうで閉鎖されているうえ草が繁茂しており、また近くで用務員の方が作業しており自重しました。
資料では「この山に弾薬庫が掘られた」となっており、壕口がコンクリート補強されている事から弾薬庫と思われます。
隣接してウ壕口があるのですが、写真を撮り忘れました・・・。
イ 地下壕(土嚢でほぼ閉鎖) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

※ア・イは房南学園の敷地内に遺り、事前連絡のうえ日程を調整、見学させて頂きました。

エ 弾薬庫?
民家の庭先に遺り、事情を説明し見せて頂きました。
内部は不法投棄で埋まっています。
エ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲壕口

エ 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部
 結構な奥行きがあります

-南側-
道路に沿って7~15mごとに並びますが位置的に閉鎖、または開口している物も漏れなく不法投棄で埋まります。
サ~ 地下壕 北東から 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲ク~サ壕口

オ 地下壕
壕でコンクリートで閉鎖されています。
オ 地下壕閉鎖 館山海軍砲術学校(千葉館山)

カ 地下壕
殆ど埋まります。
カ 地下壕 (2) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

カ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲近影

キ 地下壕
殆ど埋まります。
キ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

キ 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

ク 地下壕
長さ10m程でガラクタが詰め込まれています。
ク 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

ク 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

ケ 地下壕
長さ5m程で、この状態を見ると危険防止のため埋め戻されている様です。
ケ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

ケ 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

コ 地下壕
上記の壕が素掘りに対し、この壕は壕口のみですがコンクリートで補強されています。
奥を見ると左側のサと連結している様です。
コ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

コ 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

サ 地下壕
こちらも壕口はコンクリートで補強されています。
サ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

サ 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

サ 地下壕 内部から 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部から

シ 崩落跡
溝状になっています。
シ 地下壕(崩落) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

ス 掘りかけ?
斜面が窪んでおり、間隔から掘りかけの地下壕と思われます。
ス 地下壕(掘りかけ?) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

セ 掘りかけ?
セ 地下壕(掘りかけ?) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

ソ 掘りかけ?
ソ 地下壕(掘りかけ?) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

タ 地下壕
壕口にコンクリートで補強されています。
タ~ナは結構な奥行きがある様ですが、内部はガラクタ、ゴミが詰め込まれており探索できませんでした。
タ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

チ 地下壕
こちらも壕口がコンクリートで補強されています。
チ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

チ 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

ツ 地下壕
こちらも壕口がコンクリートで補強されています。
ツ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

ツ 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

テ 地下壕
こちらも壕口がコンクリートで補強されています。
テ 地下壕 館山海軍砲術学校(千葉館山)

テ 地下壕 内部 館山海軍砲術学校(千葉館山)
▲内部

ト 地下壕
こちらも壕口がコンクリートで補強されています。
タ~トはモルタルで閉鎖されていた様ですが、モルタルが薄すぎて崩れています。
ト 地下壕 (2) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

ナ 地下壕
閉鎖されています。
ナ 地下壕(閉鎖) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

ニ 地下壕
閉鎖されています。
ニ 地下壕(閉鎖) 館山海軍砲術学校(千葉館山)

ヌ 地下壕
配水池、西砲台に登る山道の入口付近にあります。
残念ながらこちらもゴミが詰め込まれており見通せませんが、奥行きは殆ど無い様です。
ヌ 壕口 館山海軍砲術学校(千葉館山)


主要参考文献
『消えた砲台-少年と館山砲術学校』(平成3年10月 山口栄彦 東銀座出版社)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
66位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった精強帝國陸海軍、命をかけて国や家族を護ろうとした先人達に思いを馳せるとともに、祖国の弥栄を願い国難に殉じた英霊の遺徳に触れ感謝すべく探索・訪問した軍事遺構、護國神社、資料館を紹介、併せて遺構の歴史、地域との関わり、関連部隊などの調査、研究成果を発表しています。

遺構は飽くまで「物」であり、そこに関わった「人」の存在、歴史を理解してこそ遺構の調査、研究は成立すると考えます。
--------------
掲載写真、図面、資料、文章の
無断転載は禁止します。
当ブログを参照した際は度合いによらず必ず引用明記のうえリンクを張ってください。

リンク
Twitter @yuukyuunotaigi
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる