FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

親族の軍歴 その4 「調査の方法、進め方」

祖父の軍歴調査を進めていますが、ここで陸軍・海軍のそれぞれの調査方法や進め方をまとめておきます。





僕の一族は父方の祖父(陸軍、復員後病没)、母方の祖父(陸軍、復員後病没)、父方の大叔父(祖父の弟:陸軍、戦没)、母方の大叔父(祖母の妹の主人:海軍、復員後病没)の4名が軍人として大東亞戰争に出征しています。
このうち、母方の大叔父は履歴票の原本があるので経歴が分かります。

軍歴調査の話を知人にしたところ、自分の父親(海軍)も調べて欲しいと言う事で調査代行する事にしました。

以上から調べる対象は陸軍で復員2名、陸軍で戦没1名、海軍で復員1名の合計4名(全て故人)となり、それぞれの軍歴調査の方法、必要書類、調べ方を下記に記します。

軍歴の開示請求先
※クリックで詳細表示
陸軍・・・終戦時(戦没時)に本籍のあった各都道府県庁の担当部署
海軍・・・厚生労働省になります。

●陸軍・復員・のち病没(故人)・・・父方の祖父、終戦時本籍地:兵庫県
照会先:兵庫県庁健康福祉部社会福祉局社会援護課恩給援護係
※兵庫県の開示請求者は本人、配偶者、子以外は不許可のため、子(僕の父)の名で請求しました。
令和元(2019)年現在、三親等(ひ孫)まで拡大されている様です。

「兵籍簿」原本のコピーが開示(郵送)されます。

<必要書類>
個人情報開示請求書
 県庁サイトからダウンロード。各自治体により様式は異なるも、内容はほぼ一緒

死者の個人情報の開示請求に関する他の遺族の意見
 事前に確認した際に郵送されてきました。
 要するに祖父の子全員の同意書(氏名とサインだけなので・・・)が必要です。

祖父と開示請求者の続柄が分かる戸籍
 祖父の場合、配偶者(僕の祖母)他界、同居の子供が存在しないため:「除籍謄本」
 ※配偶者や同居の子供が生存している場合は「改正原戸籍謄本」(「戸籍謄本」は戸籍法改正により電子化が進んでおり、電子化以前に亡くなっている場合は戸籍から削除されてる可能性があるため)

開示請求者の本人確認書類2種類
 (保険証と住民票、免許所、住民票など)のコピー
 →送付後、開示決定通知書が届き、開示(写しの送付)されます。

※兵庫県は規制が厳しく、他府県のように孫が開示請求できず、また必要書類も多岐に亘ります。
正義 軍歴_0001(一門の軍歴)
正義 軍歴_0002(一門の軍歴)
▲開示された兵籍簿のコピー


●陸軍・復員・のち病没(故人)・・・母方の祖父、終戦時本籍地:和歌山県
照会先:和歌山県福祉保健部福祉保健総務課
※兵庫県の例もあり、代が下ると必要書類が増える可能性があるため、開示請求者は配偶者である祖母の名で請求しました。
「兵籍簿」原本のコピーは不可、担当者が書き写した「軍歴証明書」(懲罰関連の記載がない)が開示(郵送)されます。

<必要書類>
軍歴の開示請求書
 上記の福祉保健総務課に電話で請求

祖父と開示請求者の続柄が分かる戸籍
 祖父の場合、配偶者(祖母)が生存しているため「改正原戸籍謄本」

開示請求者の個人確認書類
 保険証のコピーで可
博 軍歴証明書(野砲兵第四聯隊)
博 軍歴証明書(野砲兵第四聯隊) (2)
博 軍歴証明書(野砲兵第四聯隊) (3)
▲開示された軍歴証明書


●陸軍・戦没・・・父方の大叔父:戦没時本籍地:兵庫県
照会先:兵庫県庁健康福祉部社会福祉局社会援護課恩給援護係
※開示請求者は親族であれば誰でも可能ですが、コピーは不可で知りたい事項のみ抜粋(記載事項全てで申告)。
担当者が書き写した「軍歴」が開示(郵送)されます。

<必要書類>
軍歴照会の申請書(書式なし)
 必要記入事項(戦没者の氏名、生年月日、本籍地、戦没年月日、請求者の氏名、住所、電話番号、続柄、開示目的(慰霊のためなど)を記した用紙

※戦没者の詳細が分から無くても、電話で問い合わせて親族確認(戦没者の母の名前、戦死場所等)ができれば申請書の書き方や必要記入事項は教えてもらえるので指示に従って書類を作成します。
情報が全く分からない場合は本籍地の護國神社か靖國神社に問い合わせれば、情報(護國神社各神社の書式、靖國神社は「御祭神之記」(要奉賛会入会))が頂けます。
大叔父・英夫の軍歴調査
▲開示された軍歴証明書


◯海軍・復員・のち病没(故人)・・・友人の父親:終戦時本籍:鹿児島県
照会先:厚生労働省社会・援護局業務課調査資料室資料第4係
※開示請求者は親族であれば誰でも可能
「履歴原表(履歴簿)」の原本のコピーが開示(郵送)されます。

<必要書類>
旧軍人軍属の個人情報開示申請書※申請書(Excelファイル)
 調査する事項・・・「履歴原票のコピー全部」
使用目的・・・家系図作成のため

調査対象者(友人の父)の死亡年月日が確認できる戸籍書類
 「改正原戸籍」に記載

調査対象者(友人の父)と依頼者(友人)との関係がわかる戸籍書類
 「改正原戸籍」に記載

調査依頼者の身元が確認できる書類
 運転免許証、健康保険証等のコピー

調査依頼者の住民票
 開示請求日前30日以内に作成されたもの
履歴原票(軍歴)
▲開示された履歴原表のコピー


上記の様に「軍歴調査」は各自治体により必要書類などが異なりますので、まずは各都道府県庁の関係部署(大抵は福祉関係の部署)、もしくは厚労省にメールか電話で問い合わせをして指示された通りに行うのが無難です。
必要経費は1,000円程度でできます。

兵庫県の様に、孫では不可と言う自治体もありますので、興味の有る方はお早めに調査する事をお勧めします。

郵送されて来る「軍歴」は原本のコピーは問題無いとして、書き写した物に関しては担当者の軍関連の知識の多少により誤字、印字が不鮮明で判読ができない地名などが推測しきれず「不明」として処理されることがあるので注意が必要です。
疑問に思ったことに関しては届いてすぐに電話で確認する事をお勧めします。


●軍歴証明が存在しない方
今回の対象者は軍歴証明や履歴原票が存在しましたが、まれに軍歴証明が存在しない方もおられます。
外地で停戦を迎えた方は諦めず、陸海軍とも厚生労働省(引揚援護を行っていたため)に問い合わせる事で引揚関係の『帰還軍人軍属個別調査票』など引き揚げ時に作成した書類、俘虜関連の書類が遺されている事があります。
本人が帰国時に記載した書類なので軍歴証明ほど詳しくありませんが、おおよその足跡は辿る事ができます。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

祖父の軍歴履歴書

祖父の軍歴証明書を、ほしいと思っていた者です。
大変参考になりました。
有り難う御座いました。
太平洋戦争って言わないところに、おじいちゃんへの愛を感じました。

Re: 祖父の軍歴履歴書

大和撫子様、はじめまして。

御祖父様の軍歴証明書を取る手助けになり、良かったです(^o^)
該当記事はありがたい事に、まとめブログや知恵袋にもリンクされている様で、この時期になるとアクセスが急増しているので、関心の深さが知られます。
私も取るのに色々と調べて手間がかかったので、新たに取られる方がスムースに取れる様にまとめておきました。

自治体によってはガードが固いので大変ですが、遠くない先祖の記録なので、ぜひ知って欲しい内容です。

太平洋戦争と言う名称は戦後米国に押し付けられた物なので、借り物感があり個人的には好きではありません。
先人が戦ったのは大東亜戦争であり、拙ブログではできるだけ当時の名称を忠実に使用する事を心がけているので大東亜戦争を使用しています。

siberia

わたしも、祖父が、grand dad が、
戦没者です。。
関東軍とのことですが、満州やハイラルや
シベリア抑留のようです。
孫の世代は、わからないことだらけで
祖父の実家も知りません。。。。
祖母の実家なら、まだわかりますが。。。、

ほんとう、戦後の始末はたいへんでしたね。。。

いまは風化していますが

Re: siberia

siberia 様、はじめまして。

私が言える事ではありませんが、お爺様もご遺族もさぞ大変だったと思います。

関東軍が侵攻してきたソ連軍と交戦した時は、関特演の時とは比べ物にならないくらい戦力が低下していましたからね。

シベリア抑留を含め日ソ中立条約の一方的破棄、それに続く滿洲、樺太、千島での言語に絶する程の違法行為の数々、ソ連及びそれに続くロシアこそ戦犯国家に他なりません。

戦後の我が国はソ連等の影響下にある言論が支配的だったため意図的に隠蔽されてきましたが、ソ連の戦争犯罪こそ糾弾されてしかるべきだと考えます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

兵籍簿の写し

2019年現在、兵庫県への申請の際は、直接電話で兵籍簿の写しが欲しい旨を伝えると、軍人の名前、本籍の住所、生年月日を聞かれ、それに答えると、該当する軍人がいるかどうかの回答がその時点であります。そして、開示請求者の住所を伝え、後日、必要書類が書かれてある説明用紙が届き、提出すると、数週間で兵籍簿の原簿のコピーが届きます。請求可能者は、三親等以内(孫まで)になっています。

No title

すみません。三親等以内=ひ孫までの間違いです。

Re: 兵籍簿の写し

そら様ママ 様

情報ありがとうございます。
兵庫県はかなり厳しかったのですが、三親等(ひ孫)までに拡大されているのですね。
早速、追記しておきます!
カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる