当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

模型

俳優の石坂浩二さん(67)がプラモデルの同好会を結成したようです。
この世界では石坂さんのプラモデルファンというのは結構有名な話です

僕も帝国海軍の艦艇模型(1/700ウォーターラインシリーズ)を趣味で造っているので、同じスケールモデラーとして石坂さんがこの年になっても精力的に作成されているのはとても励みになります





ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成   2009.5.17 21:23



 俳優の石坂浩二さん(67)は知る人ぞ知るプラモデルファン。模型歴は何と50年以上という筋金入りだ。今年、自ら中年世代の愛好家を募って「ろうがんず」なる同好会を結成し、仲間とともに静岡市で17日まで開かれた第48回静岡ホビーショー(静岡模型教材協同組合主催)の「合同作品展」に初出品した。

 昭和33年に国産プラモデルが誕生して50年を超えた今、当時の「プラモ少年」は“老眼世代”になった。

 一方で、プラモデルの世界は精密さを追求し、メーカーの技術向上や情報量の増大に伴って部品の細密化が進む。ユーザー側にも「実物通り」の仕上がりを追求する傾向が強まり、モデラーとしては例えば小さなネジ一つまで“忠実に再現”し細部に至るまで実感的な塗装をしなければ気が済まない。

 長年のファンは、老眼鏡や拡大鏡を頼りに苦心して製作する状況だ。こうした中、老眼世代のモデラーを自任する石坂さんは会を通じて「原点に返ってもっと気楽にプラモデル作りを楽しもう」と一石を投じたい考えだ。

 16日、会場で記者会見した石坂さんは「仕事を離れる世代の人で、もう一度プラモデルの世界に帰りたいという“出戻り”の人たちの手助けをしたい」と同好会発足の動機を熱く語った。
前のページ1ページ2ページ 3ページ 4ページ 次のページ

 「プラモデルは、僕が中学生のころはもっと簡単にできた。そんな経験をした人がこの世界に戻っても、細かくてどう組み立てればいいのか分からないということになっている」と石坂さん。

 会では、プラモデルを作るときにどんな老眼鏡をかけたらいいかという提案や、組み立てる喜びをストレートに味わえる入門的な製品の開発をメーカーに求めていきたいという。

 絵画や料理など、多彩な趣味を持つ石坂さんだが、プラモデルには強い愛着を感じるようだ。

 「毎日のように作っていますよ。朝やると遅刻する恐れがありますから、仕事から帰ってですね。(作りかけを)出しっ放しにしておくようにカミさんにも言ってあるんです。寝るまでの2時間のうち、1時間半はやっているんじゃないでしょうか。外国に行くときも持って行きますよ」と屈託ない。

 趣味が高じてキットを作り切れないほど抱えてしまうファンも少なくない中、石坂さんは作って楽しむ正統派だという。それでも、自宅にある“在庫”は「貴重なやつとか懐かしいのもあって、死蔵に近いのは500個くらい。作ると決めたのは100個くらいある」とか。「目は老眼になっても手先は衰えないから作りますよ」。

 会見の後、国内外の約160の愛好会が作品を持ち寄った「モデラーズクラブ合同作品展」の会場を見て回り、参加者に気さくに話しかけるなどして実に楽しそうに過ごした。

 石坂さんは、今回初めて「ろうがんず」の一人として第二次大戦で使われたドイツの戦闘機「FW190A8」のプラモデルを使ったジオラマ「かっこいいのはドイツかな?」を出品。異なる模型メーカーの3機を並べた力作で、その作品のでき映えを人形の空軍兵士らが審査している情景だという。「(このうちの)一つがものすごく難しくて2機捨てました。3機目でやっとうまくいった。そんなことで丸2カ月くらいかけました」と目を細める。

 「ろうがんず」の発会人メンバーは石坂さんを入れて会社員や著述業、カメラマンら7人。横浜市内に事務所を置き、すでに模型誌などで新会員を募集中。「6月末あたりに新会員を決める」という。

 石坂さんは「『ろうがんず』の名の下、老眼になってもプラモデルに挑もうという人たちを仲間に迎え、将来は全国に分会を設立したい」と意気込んでいる。

    ◇
 同会への参加希望者は小文「私のプラモデル」を添えて、〒225-0002 横浜市青葉区美しが丘2ノ20ノ1美しが丘アレービル302号「ろうがんず」へ。「当初は横浜に近い方」限定で、発会人総会で決めるとのこと。 (産経新聞


記事によると、ストレート組(特に改造や手を入れず、メーカーが造ったままの製品を組み立てる)を目指すようです。

僕の模型作製の形ですが、「程良く」「造りこむ」を目指しており、以下の項目を念頭に作成します。
写真や図面を見比べながら、省略箇所、間違っている箇所をより実物に近づくように造りこむ。
部品は極力プラ棒やプラ板で自作する。
写真に写らないもの(通信線、柵等)は作らない。

最近はエッチングパーツ等の金属製改造パーツが結構出回っていますが、値段が高く物によっては本体キットよりも高いものもあります。しかも1隻の艦に対し2枚も3枚も必要なものもあり本体1000円、改造パーツ5000円となるとプラモデルよりパーツを買っているのが理解できません
たしかにエッチングパーツを使えば細かい部品はシャープに仕上がり見栄えも良いのですが、手先が器用であれば誰でも使えるので誰が造っても同じ物ができ、個性がなくなります。
そのため、僕は自作が難しいトラス部分を覗いてエッチングパーツは殆んど使いません

僕の尊敬する艦船モデラーが何人かいますが、それら所謂「超絶モデラー」と呼ばれる人達はエッチングパーツを使ったうえで、さらに個性を出して造られているところが尊敬する所以です
模型作製は同じ物を作りながらいかに個性を出すか、「何を作ったか、ではなく誰が造ったか?」なので僕も頑張りたいです
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる