当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

最強武将伝 三国演義 第2話「漢王室の風雲」

今回は十常侍による朝廷の壟断、大将軍・何進殺害から董卓による専横、曹操の董卓暗殺失敗まで(『演義』第2回途中~第4回途中)でした。





黄巾の乱は治まったものの、宮廷では未だ腐敗しきった宦官が蔓延っていた。
その宦官の排除を大義名分に朝廷を我がものにせんと、董卓が密かに動き出す。
董卓軍襲来の知らせを聞いた宦官たちは、まだ幼い皇帝である少帝と、その弟陳留王を擁し王宮から脱出する。

一方、宦官の悪政を憂いつつ、董卓の野望を阻止せんと、曹操は大臣である王允と結託し、皇帝の救出に向かう。
しかし、少帝一行は董卓軍に発見され、 少帝を宦官から助けたという名目で董卓は朝廷に上がってしまった。

権力を握らんとする董卓は、傀儡政権を目論み、少帝を廃位させ、 弟の陳留王を即位させることを宣言する。
これに反対した大臣や武将たちは、董卓軍と一戦を交えることとなった。

その戦いの最中、董卓軍に豪傑呂布が立ちはだかる。
呂布の戦いぶりに手も足も出ない董卓であったが、呂布は勇猛なだけで知謀がない事を悟り、 呂布の買収に動き出す。
欲に目がくらんだ呂布は、ついに逆賊董卓の部下になってしまった。
呂布を得た董卓は、いよいよ権力を掌握し悪政を行う。
耐え兼ねた曹操は董卓暗殺を謀るが、未遂に終わり、都を追われることとなった。

<登場武将>
曹操
袁紹
丁原
呂布

董卓
李儒
李粛

王允
貂蝉
袁隗
少帝(劉弁)
献帝(劉協)
張譲
段珪
伍孚?
  (赤文字:初登場)


>宮廷では未だ腐敗しきった宦官が蔓延っていた。
まずは十常侍による朝廷の壟断、続く何進による十常侍殲滅計画、十常侍による何進殺害もナレーションであっさり流されました
簡単に言えば、宦官と外戚の争いのうえ、特に有名武将が活躍するわけでもなく、尺の関係もありますし仕方ないと思います。

>宦官たちは、まだ幼い皇帝である少帝と、その弟陳留王を擁し王宮から脱出する。
続いいて袁紹による十常侍殲滅です。
十常侍は『演技』では張譲、趙忠、封諝、段珪、曹節、侯覧、蹇碩、程曠、夏、郭勝の10名(『史実』では12名でメンバーも違う)ですが、アニメでは少帝と劉協(のちの献帝)を連れて逃走する張譲と段珪のみの登場(紹介テロップなし)でした。
演技では両名は別々に逃走、ともに進退極まり入水自殺しますが、アニメでは同道して逃走し段珪が袁紹に刺殺(実際は盧植らの追撃を受け入水)、張譲のみ入水自殺(実際は董卓の追撃を受け)でした。
アニメでは分かりやすくするためか、何進の配下は袁紹と曹操しか出てきませんでしたが、袁紹より曹操のほうが偉そう(会話や態度)に見えました
気のせいでしょうか

>少帝一行は董卓軍に発見され、
何進の命により都に向かう董卓軍の先鋒を務めていた「南蛮族」のような武将は誰でしょう???
華雄でしょうか?

>董卓軍に豪傑呂布が立ちはだかる。
呂布が登場します。
丁原とともに登場しますが、丁原の紹介テロップが無いので、一瞬「王允」とゴッチャになりました
両人とも白髪、白髭、文官の格好なので紛らわしい
(李粛に紹介を出すくらいやったら、丁原にも出してほしかったです)

丁原と董卓が城外で戦った際に先述の南蛮人風の董卓の武将が出てきましたが、呂布に数合で討ち取られました
華雄ちゃうんかいほな誰や???

紹介テロップはありませんでしたが、董卓暗殺に失敗する伍孚らしき人物が出てきました
なかなかマイナーなのを押さえてるなぁ

>欲に目がくらんだ呂布は、ついに逆賊董卓の部下になってしまった。
呂布が董卓に寝返りますが丁原の殺害場面は無く、呂布のセリフに「丁原は逆臣ゆえ、私が処罰しました」と遠回しな表現でした
のちの呂布の行動につながる悪逆性を強調するには必要不可欠な場面と思われるのですが・・・

>董卓は、傀儡政権を目論み、少帝を廃位させ、 弟の陳留王を即位させることを宣言
董卓が少帝を廃し、劉協を皇位に付けますが、その際の少帝、何皇后(何進の妹)の殺害は省略されていました。
董卓の悪逆ブリを表す格好の説話ですが、子供向けアニメなので仕方ないでしょう
ただ、村祭りを襲って男は殺害、女は慰み者に連れ帰る話はだいぶ丸くなっていましたがそれらしい話が出てきました

細かいことですがセリフの「少帝(しょうてい)」と「朝廷(ちょうてい)」が聞き取りづらく感じましたこのへんが声優としての発声訓練を受けていない違いなのでしょうか?

董卓により袁隗一族が皆殺しにされましたが、袁隗が殺されるのは袁紹が「反董卓連合軍」を結成したからであり、時期が早すぎます
また、袁隗と袁紹の関係(叔父と甥)や、袁紹の消息(少帝配位に関して董卓と反目し出奔)などの背景が説明されていないので説明不足に戸惑います

>耐え兼ねた曹操は董卓暗殺を謀る
董卓暗殺に行く曹操と呂布が廊下ですれ違います。
実際は董卓に面会した曹操が「自分の乗馬が良くないので、来るのが遅れた」と弁解したところ、董卓が呂布に曹操に馬を与えるから見繕うように命じ、呂布は退出します。
この辺りも特に問題ない範囲でした。

作品は適度な省略、脚色で出来は良いのですが、相変わらず声優が?です
ちゃんとした声優でやってくれ~!!!
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる