FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

三重縣護國神社

三重県津市に三重縣護國神社が鎮座しています。
三重縣護國神社 拝殿(津)
▲三重縣護國神社 拝殿

【参拝日】
平成21年7月15日






三重縣護國神社は近鉄津駅前に鎮座、戊辰の役(明治元年)から大東亜戰争までの国難に殉ぜられた三重県にゆかりの御英霊60,344柱を御祀りされています。
三重縣護國神社 拝殿(津)
▲三重縣護國神社 拝殿

境内に各種顕彰碑、慰霊碑、他戦友会・奉賛会等からの献灯が建立されています。
天皇・皇后両陛下御親拝記念
三重縣護國神社 天皇・皇后両陛下御親拝記念碑(津)
▲昭和50(1975)年10月27日、建立

歩兵第百五十一聯隊戦没者慰霊碑
三重縣護國神社 歩兵第百五十一聯隊戦没者慰霊碑(津)
▲昭和55年10月、歩兵第百五十一聯隊戦友会により建立

慰霊 歩兵第五十一聯隊
三重縣護國神社 慰霊 歩兵第五十一聯隊(津)
▲昭和51年4月、歩兵第五十一聯隊(祭第七三七〇部隊)生存者一同により建立

歩兵第百三十三聯隊戦没者慰霊碑
三重縣護國神社 歩兵第百三十三聯隊戦没者慰霊碑(津)
▲昭和51年4月、一三三会により建立

近衛歩兵第一聯隊碑
三重縣護國神社 近衛歩兵第一聯隊碑(津)
▲平成21年4月、三重県近歩一会により建立

母の像、大東亜戦争銘板
三重縣護國神社 母の像、大東亜戦争プレート(津)
▲昭和50年12月、三重県遺族会青壮年部により建立


また、拝殿の横には小さいですが遺品資料室が併設されています。
資料館には郷土の聯隊関連の資料、御遺品が綺麗に展示されており、英霊の遺徳を偲ぶ事ができます。
普段は閉まっていますが、社務所で見学したい旨告げると開場して頂けます。
三重縣護國神社 ご遺品(津)

三重縣護國神社 装備品(津)

遺品資料室を見学し拝殿で一礼して去ろうとすると、御高齢の女性がおみくじを引いていたのですが番号が見えないらしく困ってらしたので見てあげました。
その女性の話によると、御兄さんがレイテ島で散華されたそうで、今日は命日祭が行われるとの事です。

三重県の久居に衛戍した歩兵第三十三聯隊は第十六師團隷下としてフィリピンのレイテ島を守備しますが、大東亜戰争末期の昭和19年10月に20倍以上の敵上陸部隊を迎撃、敵の第24師団に多大な損害を与えるも兵力の差は如何ともし難く聯隊長・鈴木辰之助大佐は軍旗を奉焼のうえ残存兵力約30名を率いて切り込みを敢行、玉砕してしまいました。

このご婦人のお兄さんの様に悠久の大義に殉じた偉大な英霊たちのお陰で今の我が国の繁栄と平和があるのを感じ、再度拝殿に参拝し、神社を後にしました。


三重縣護國神社 【地図】 059-226-2559
【三重縣護國神社 公式サイト】
明治2(1869)年、津藩主・藤堂高猷(たかゆき)が津八幡宮に「表忠社」を建立、戊辰の役で戦死した津藩士の霊を祀ります。
その後、表忠社は「招魂社」、「官祭招魂社」と社名を変更、明治42(1909)年、現在地に御遷座します。

昭和14(1939)年3月15日、内務省令第十三號『招魂社ハ之ヲ護國神社ト改稱ス』発令により、4月1日、三重縣護國神社と改称、内務大臣指定神社となります。

昭和20(1945)年、空襲により本殿・神饌所以外の建物が焼失してしまいます。
8月15日、大東亜戦争停戦により我が国は連合国軍による占領下に置かれ、三重縣護國神社は「三重神社」と改称を余儀なくされます。

昭和28(1953)年、我が国の独立とともに再び「三重縣護國神社」と復称、昭和32(1957)年、本殿等を新たに造営復興し、その後数度の改築・新築を経て現在に至ります。

昭和50(1975)年10月27日、昭和天皇・香淳皇后両陛下が御親拝されます。

例祭日
4月21・22日 春季例祭/10月21・22日 秋季例祭

諸祭儀
1月1日 歳旦祭
2月11日 紀元祭
2月17日 祈年祭
3月3日 ひなまつり
春分の日 春分祭
5月5日 端午の祭り(子供武者参り)
6月30日 夏越大祓
7月23日 万灯みたま祭
7月24日 式年みたま祭
7月25日 万灯みたま祭
8月15日 終戦の日 英霊感謝祭
秋分の日 秋分祭
11月3日 明治祭
11月15日 七五三
11月23日 新嘗祭
12月23日 天長祭
12月31日 年越大祓・除夜祭

毎月1日15日 月次祭
随時 御祭神慰霊祭
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる