FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

帝都旅行~3日目 靖國神社 春季例大祭

3日目はこの旅行の最大の目的である靖國神社の春季例大祭に出席+去年の1月に遊就館の「靖國の神々」の展示室に飾っていただいた叔父・英夫の遺影を見に行きます。
僕は遺族でもあり、崇敬奉賛会終身正会員なので例大祭の案内を毎回送って頂けます。








昨日に続き6:50に起床し、朝食バイキングに向かいます
昨日の晩にバイキングを食べ過ぎたため今日は余り食べれませんでした・・・

海浜幕張から九段下まで電車で移動なのですが、一応調べてきた(JR京葉線東京行で八丁堀まで、東京メトロ日比谷線・北千住行で茅場町に、東京メトロ東西線・中野行で九段下まで)もののイマイチ分からなかったのでホテルの人に聞いたところ、武蔵野線で西木場まで行って、東西線で九段下まで行くのが簡単と教えて頂きました

8:00のホテルを出て、海浜幕張に来たのですが新幹線の乗車券の都合で結局東京駅まで出ることになりました
京葉線で東京まで出て、そこから地下鉄で九段下まで行くことにしました

東京駅には無事着いたものの、そこからの路線が分かりません
駅員に聞いたら「九段下までなら東西線だな~かなり歩かなきゃいけないよ~」とのことで、教えられた通りひたすら歩きますこの時点で受付終了の9:30まで20分を切っており焦ります

さらに東西線の駅に着いたとこで聞くと今度は半蔵門線に案内されましたまたまたひたすら歩きます

途中 、新幹線の発券所があったので、この辺に帰ってくるだろうと言う事でコインロッカーに荷物を投入します
さらに歩いて駅に着いてみると「大手町」となっています言われるままに歩いて結局1駅歩きました

実際は京葉線の東京駅から丸の内線の東京駅まで歩き、丸の内線で大手町、半蔵門線で九段下で良かったのに、東西線とか言ったあの駅員にやられました
ようやく九段下駅に着いたときにはすでに9:40です
会場に入れるかが心配になってきました

流れる汗をそのままに境内を目指します
英夫さん会いに来ましたよ~
参道
~参道入り口

一礼して3の鳥居を潜るとそこは僕が何よりも最も尊敬する人たち・・・偉大なご英霊、そして叔父英夫の鎮まる場所です
祖国、愛する家族、大切な人、モノを護るべく1つしかない大切な命を捧げて戦場に散華された方々のおかげで今の平和な日本があるのです。
英霊を慰霊顕彰するのは、彼らが命をかけて護ってくれた今を生きる我々の務めでもあるのです。

さて、2の鳥居手をくぐり、手水舎で心身を清め神門をくぐり、1の鳥居で一礼しようとしたのですが既に神事が始まりかけていたので、そのまま受付の参集殿に向かいます
参道と神門
~参道と神門

参道と拝殿
~参道と拝殿

拝殿
~拝殿

参集殿
~参集殿

心配された遅刻ですが、同様に何名かが一緒に遅刻しており、問題なく入れました。
再び手水鉢で身を清め、榊でお祓いを受け席に着きます。
前回は拝殿の中でしたが今回は本殿脇の特設テントでした。
10:00頃より例大祭は開始され、11:30頃には滞りなく終了しました。その後、一同順番に本殿に進み昇殿参拝が行われ、開かれた御神境の前で拝謁、家族の事、国の行く末をお願いし、お神酒を受けて退出しました

その後、遊就館に向かいます
遊就館
~遊就館

前回見学させて頂いたときは10:00~17:00、11:30~17:00と12時間半かかってもまだ時間が足りなかったので、今回はその残りの展示と特別展の見学を重点とします

僕の専門分野なので、友人に簡単に解説すべく心構えをしてきたのですが、肝心の友人が体調不良でダウンしてしまいました

仕方ないので休憩所で休んでいてもらい、一人で見学です
こちらは何度来ても、何度同じ御遺品に触れても祖国を護るべく一身を捧げた御英霊の御姿、御心を感じ、感謝の気持ちで一杯になり、いつ知れず熱いものが両頬を伝っています
八八式七糎半野戦高射砲
~陸軍「八八式七糎半野戦高射砲」

三年式八糎高角砲
~海軍「三年式八糎高角砲」

九七式中戦車(チハ)~戦車第九聯隊
~陸軍「九七式中戦車(チハ)~戦車第九聯隊(サイパン)」

四一式山砲
~陸軍「四一式山砲」

三年式14センチ砲(戦艦「陸奥」副砲)
~三年式十四糎砲(戦艦「陸奥」副砲)

空技廠 特別攻撃機「桜花」一一型[MXY7](レプリカ)
~空技廠 特別攻撃機「桜花」一一型[MXY7](レプリカ)
  
一通り見学させてもらって、いよいよ英夫叔父さんに対面です
当初伝えられていた場所と少し違うよう(御遺影の展示移動中?)でしたが、無事発見し友人とともに拝見しました
名簿
~名簿

英夫さん
~大叔父

身内のいない英夫叔父さんに子孫として僅かながら報いることができたのではないでしょうか。

最後に特別展「矢弾丸(やだま)尽きるとも -我レ生還ヲ期セズ-」を拝見、愛する家族や故郷に思いを馳せ、祖国の繁栄を祈りつつ日夜不屈の戦いを続け散華された御英霊の姿に触れ、感謝の気持ちでいっぱいとなりながら遊就館を後にしました。

最後に拝殿で再び家族の事、国の行く末をお願いし、境内の入口付近にあり、南方の激戦地で飲む水もなく散っていった多くの御英霊が喉が乾かないようにと水が湛えられた「慰霊の泉」でブーゲンビル島で散華された英夫叔父さんに三たび家族の事、国の行く末をお願いしました。
そして、一礼して3の鳥居から出て境内の境界で再び一礼し、英夫叔父さんに「また来ます!それまで家族をお願いします!」と別れを告げて次の目的地「しょうけい館」に向かいます。
慰霊の泉
~慰霊の泉

相変わらず体調の優れない友人は近くのロイホに置いて1人で行って来ました。
こちらは戦傷病者、傷痍軍人の展示施設で入場は無料です。
ある軍人の入営から戦闘での負傷、過酷な野戦病院の様子、戦傷病者の移送の流れ、戦後のGHQによる理不尽な仕打ち、その後の様子などが詳細に解説されており、また思想的な偏りがない貴重な施設で、非常に勉強になりました
CIMG9212.jpg

この時点で16:00となり、17:03出発の新幹線に乗らないとだめなのでロイホの友人を迎えに行き東京駅に向かいました

本当に充実した3日間となりました
今回は時間の関係で断念した「防衛省見学」を次回は盛り込み、「皇居参観」ももう一度行ってみたいです

※写真は一部平成19年10月に撮影したモノを使用しています。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる