当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

天地人 第29回「天下統一」

今回は天正18(1590)年3月の小田原の役で北国勢が出陣する辺りから、天正18(1590)年冬までの話でした。





小田原の役があっさり終わってしまったため、これと言って書くこともないのですが・・・

今回も本来なら死んでいるはずの遠山康光がでてきました。
てっきり北条氏政と徳川家康の間で暗躍するのかと思いきや、出てきただけでした。
なぜ本来なら上杉景虎とともに自刃した康光を意味深な笑みを浮かべてまで生かしたかが分かりません悪に徹する役回りにするなら分かりますが・・・?

上野・松井田城の守将、大道寺政繁が出て来ましたが降伏した場面のみの登場でした。
政繁は北国勢に対し果敢に抵抗、本丸に敵の侵入を許すにあたり遂に開城降伏します。その後は北国勢の先鋒として北条方の城を攻めるのに活躍しますが、最終的には秀吉の不興を買って自刃を命ぜられてしまいます。
この辺りの描写を全く描かないにも関わらず登場させた意味が分かりません
秀吉が「北条家の重臣を全て排除する」と言う意図が描かれれば、兼続主従が秀吉の天下統一事業の冷徹さを思い知る、という面で効果があったように思うのですが・・・

八王子城の攻略が出て来ましたが、平和への最後の砦のような位置づけでした
北国勢は力攻めで攻略した後、撫で切り(殲滅)を行い、籠城していた兵、領民を多数殺戮しますが、ドラマでは一切描かれていませんでした
兼続主従主従は平和のためなら、敵は皆殺しでも良いという理論は大東亜戦争末期の米軍による無差別爆撃や原爆の投下を想起させる悪質なものです
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる