FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

天地人 第31回「愛の花戦」

今回は天正19(1591)年7月の出羽庄内一揆鎮圧から、文禄2(1593)年6月の文禄の役(朝鮮出兵)における上杉景勝の渡海までの話でした。





題名から分かるように、文禄の役や秀吉の子・鶴松の夭折という大きな出来事があるにも関わらず女性が中心の回でした。

まず冒頭で出羽庄内一揆の鎮圧が出て来ました。兼続が「妻子が共に暮らせる世なら一揆など起こらない」と言っていましたが、この一揆の原因は太閤検地に反対するものですので的外れです。

続いて北政所と淀殿との「黒百合」の逸話を例にした山百合の話がでてきました。
この「黒百合」の逸話『絵本太閤記』に出てくる話で元々は佐々成政の切腹の原因を北政所と淀殿との確執に絡めた完全な創作です。

文禄の役の理由を今までのドラマ等に見られる「単に秀吉の領土的野望」や「鶴松夭折のうさばらし」、ひどいものでは「秀吉の痴呆」などと言ったものから「秀吉の命令一下、諸大名が動く仕組み造り=豊臣政権を盤石なものとするため」としていました。
「Japanデビュー」で歴史を捏造したNHKには珍しく、マシな解釈でした。
しかし、実際はそんな単純なものではなく「新領土獲得、加増による諸大名の忠誠度維持」、「支那による冊封体制からの脱却(参考HP)」等様々な理由がありました。
ただ一つ言えることは、当時の世界において他国を制圧、領土を拡大することは、何ら問題ではなくむしろ「英雄」として歴史に刻まれるということです。
朝鮮出兵が成功し、朝鮮、支那の制圧が成功していれば、秀吉は我が国の歴史上屈指の「英雄」となっていたでしょう。現在の我が国では朝鮮出兵を自虐史観でとらえる余り、侵略などと否定的に捉えるきらいがあります(大阪城天守閣の展示パネルですらそうなっている)が、このような解釈は歴史を曲解しているに過ぎず、現在の視点で当時の歴史を語ると言う、まったく意味のないことです。
当時の世界では「強い国=領土拡大=英雄」、「弱い国=滅亡=愚か」であり、滅亡する国は自国の防衛を疎かにした愚かな国というものであり、朝鮮出兵の問題点は「対外出兵」等ではなく、「兵站線の軽視」による失敗ということです。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる