当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

姫路城、平成の大修理

かねてから行きたいと思っていた、「姫路城大修」の見学概要がようやく公表されました。






姫路城「平成の大修理」を間近で見られる施設を来年3月にオープン 2010.8.25 20:29



 兵庫県姫路市は25日、世界文化遺産の国宝姫路城の「平成の大修理」を間近で見られる見学施設「天空の白(しら)鷺(さぎ)」を来年3月下旬にオープンさせると発表した。施設が手狭で1日の収容人数が2千人程度のため、10月にもインターネットでの事前予約の受け付けを始める

 見学施設は8階建てで、7階と8階で瓦のふき替えや壁の塗り替えなどの工事を間近で見られる。作業が完了する平成26年春に閉鎖する。入館料は大人200円、中学生以下100円。

 同市は来場者のストレス軽減と旅行会社などの商品開発のため、見学時間を1時間単位とする予約制度を導入。インターネットに公式ホームページを立ち上げ、団体客(30人以上)は6カ月前、個人は1カ月前から受け付ける。

 当日入場も可能だが、花見シーズンなど混雑時には入場できない可能性が高いという。また、見学施設の開館に合わせて、工事に支障がない大天守の地階と1-3階を再び公開する。(産経新聞


一般の観光客、それも遠方から来るとなると大天守が全く見えない姫路城は魅力に欠けるかも知れません。
しかし、僕のように近畿在住であれば少し遠いですが、いつでも来れますし、何より普段は絶対に見れない屋根の上から修理を見れるのは城好きとして数少ない貴重な機会です

姫路城天主

前回姫路を訪れたのは4年前の平成18年2月でした。
その時は1泊2日で姫路城、兵庫県歴史博物館、姫路駐屯地、太陽公園、赤穂城、赤穂市歴史物博物館、龍野城、書写山圓教寺と回ったのですが、残念ながら姫路駐屯地は自衛隊の方が中国道で起きた事故に巻き込まれ、その救援のため対応できない、と言う事で中止になりました
また、兵庫縣姫路護國神社には時間の都合(行きに予想外の大渋滞に巻き込まれ)で行けていませんでした。

来年の春旅行(桜以降の端境期、5月半ば頃)で姫路城大修理、兵庫縣姫路護國神社、姫路駐屯地の3ヶ所を重点として周辺を回ろうと思います。

上記の記事では一応、予約しておいた方が良さげなので忘れないようにしないと
当然、自衛隊も予約が必要なので、これを忘れると行っても何も見るところが無い、と言う最悪の事態になってしまいます
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる