当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

最強武将伝 三国演義 第22話「赤壁・周瑜の陰謀」

今回は赤壁の前哨戦(蔡勲VS甘寧)から蔡瑁・張允の始末まで、(『演義』第44回~第45回)です。




周瑜は諸葛亮暗殺を決意するものの、曹操に立ち向かっている今は、その人材を生かすことにした。
周瑜が曹操軍の兵站基地を攻撃しようとするのに対し、諸葛亮は呉の水軍を生かす戦いをするように仕向けた。

こうして、周瑜は曹操の水軍と対峙した。
水上船を得意とする呉軍は、甘寧を中心に曹操軍を襲撃し、見事に勝利し、曹操軍は退却した。

その夜、周瑜は曹操軍の水軍を偵察しに行った。
そこで周瑜は曹操軍水軍の陣形を見て、指揮をとる蔡瑁と張允がなかなかの人物であると知り、危惧を覚えた。

曹操軍陣営では曹操が呉軍の水上戦の強さに暗い面持ちになっている。
その彼に蒋幹は、周瑜と自分は親友であり、投降を勧めてくると告げた。

周瑜は蒋幹を盛大に迎え入れる。
周瑜は彼の来訪目的を見通しており、最初に投降の話はするなと釘を刺す。
酒宴の席を設け、周瑜は大いに酔っ払う。
蒋幹は周瑜の密書を発見した。
そこには、蔡瑁と張允が周瑜と通じていることが明記されていた。
これが偽の密書だとは知らず、蒋幹は急いで曹操陣営に戻り、曹操にこのことを告げた。
激怒した曹操は、有能な蔡瑁と張允を処刑してしまい、周瑜の謀略は成功した。

曹操軍の水軍の大将が于禁と毛玠に代わったことを知った周瑜は大いに喜ぶが、ふと思いつき、魯粛に諸葛亮の動向を探らせにやった。
<登場武将>
周瑜
魯粛
甘寧
太史慈

曹操
程
蒋幹
蔡瑁
張允
蔡勲


赤壁の戦いは尺をたっぷり取っている関係で前回に続き余裕のある内容でした。

>周瑜は諸葛亮暗殺を決意するものの、・・・人材を生かすことにした。
>周瑜が曹操軍の兵站基地を・・・諸葛亮は呉の水軍を生かす戦いをするように仕向けた。
諸葛亮と周瑜が船上で聚鉄山の急襲策を打ち合わせる(『演義』→陸上に布陣後、帷幕の中で)、諸葛亮の仮住まいが陸上にある(『演義』→河に浮かべた小舟)等、細々した違いはありましたが概ね『演義』通りの進行です。

>水上船を得意とする呉軍は、甘寧を中心に曹操軍を襲撃し、見事に勝利し、曹操軍は退却した。
『演義』ではこの赤壁前哨戦の前に劉備が周瑜の陣を訪れる件があります。
諸葛亮の音沙汰が無いのを心配した劉備が、糜竺を遣わし様子を見に行かせたところ、諸葛亮には会えず周瑜に軍議を開きたいから劉備自身が来るように進められます。
そこで、劉備は関羽を護衛に周瑜を訪ねます。
一方の周瑜は劉備が後に呉の災になるとして暗殺しようとしますが、関羽を見て断念します。
その様子を知った諸葛亮は帰る間際の劉備に暗殺計画を告げ、後日、趙雲に迎に来るように告げ分かれます。

その後はアニメの通り進行します。
アニメでは甘寧だけの登場でしたが、『演義』では韓当、蒋欽が共に出てきます。
また蔡勲が独断で突撃したように描かれていましたが、『演義』では蔡瑁の指示で突撃します。

>その夜、周瑜は曹操軍の水軍を偵察しに行った。
アニメでは周瑜が甘寧を連れて偵察に行きましたが、その船中で「班超がローマに遣わした甘英が甘寧の先祖」と語っていました。
ゑ???そんな話聞いたことねぇよ???
甘寧の出自については『演義』では「巴郡臨江県」、『呉書』では「先祖は南陽郡の人であったが、巴郡に移住してきた」と記されており、「秦の名将・甘茂、甘羅」が先祖とも言われていますが、甘英が先祖とは全く所見です。
何の意図があっての創作か不明ですが、歴史捏造がお家芸の支那ですから、適当にこじつけたのかも知れません
この場面、『演義』では周瑜のみで偵察に向かい、当然甘英の創作話はありません。

>その彼に蒋幹は、周瑜と自分は親友であり、投降を勧めてくると告げた。
蒋幹が出てきました。
周瑜に良いように踊らされ、曹操大敗の遠因になる道化役の人物です。
多分に漏れず小物に描かれています
『正史』では弁舌さわやかな名士なのですが・・・

その後の展開、蒋幹に偽手紙を掴ませ蔡瑁と張允を曹操に始末させる件は『演義』通りでした。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる