当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

徳島旅行 1日目

久々に友人と旅行に行ってきました






冬場と言う事もあり、雪の心配のない南部で、いままで言った事の無い場所・・・徳島となりました

徳島の方には悪いのですが、これと言ったものが何もありません
他の県ではまんべんなく観光地が分散しているのですが、徳島は阿波踊り90%で他が10%と非常に偏っています

まぁ僕は「城」「軍」の2ヶ所があれば問題ないのですが

ってことで、徳島に行きます

朝6:15に起床し、友人を拾って、阪神高速に乗ります
阪神高速はどこまで行っても700円と思っていたのですが、大和田から乗ると東線と西線を跨ぐため、無駄に料金がかかります
その後もちょいちょい徴収されて・・・ブツブツ

途中、京橋PAのパン屋で朝食を済ませます
PAにも関わらず、ここは食事が充実していましたまた利用しよっと

第二神明→神戸鳴門自動車道、途中生田川付近で渋滞に遭いましたが辛うじて流れていたので順調に進み、9:30過ぎに最初の目的地「徳島縣護國神社」に到着しました
全景

元々は徳島城にありましたが、土地が狭隘のため現在地が篤志家により寄進され遷座されたため、境内、社殿ともに非常に新しいものでした。
友人とともに参拝を済ませ、慰霊碑を見学、残念ながら「遺品館」は無いので、神社を後にします。

続いて、徳島市街を一望できる「眉山」に行きます。
かつての有料道路を登り、駐車場に車を停め、付近を歩いてみましたが、木で隠れて肝心の景色が余り見えません
良く見るとどうやら頂上ではないようです
再び車で頂上に向かい、付近を散策します

眉山は標高280mで、徳島市街、吉野川河口、淡路島、鳴門大橋が一望できます
パノラマ写真

雄大な景色を満喫し、「平和祈念パゴタ」を見に行きます。
平和記念塔パゴタ

内部にはビルマ戦線で散華された方々のご遺品等が展示されていますが、残念ながら土日しか開館しておらず、閉まっていました
開けて~
仕方ないので付近を散策、「明治天皇聖徳仰碑」、「剣山神社」を見学し車に乗り込みます。
明治天皇聖徳仰碑

続いて、眉山西麓にある西部公園の「徳島県忠霊塔」を参拝します。
徳島県忠霊塔

こちらの忠霊塔ですが、かつて僕が住んでいた群馬県大泉町の城の内公園にある「英霊塔」と同じ形状をしています
大きさは徳島のほうが小さく見えましたが、当時子供だったので大泉のものが大きく見えたのかもしれません
友人とともに殉国の英霊に参拝し懐かしさに浸りながら、周囲にある「ドイツ軍兵の墓」を見学、下山します。
ドイツ兵 墓

ここらで12:00になったので昼食を摂ります。
徳島ラーメンを食べようと思ったのですが、なかなか食べる場所が見つからなかったので、目に着いたうどん屋に入りました
ここは隣に製麺所があり、自家製麺を使用したうどんが楽しめます
二人ともサバ寿司定食をたべましたが、なかなか腹いっぱいになりました

昼1発目は、徳島を衛戍地としていた「歩兵第四十三聯隊の関連遺構」を探しに行きます
事前に調べたものの、何も引っかからない=何も無いようですが、一応見に行きます
予想通り何もありません
射撃場跡兵営跡練兵場跡徳島陸軍病院跡と区画は残っているものの、周囲の水濠跡や塀はおろか通常ある「聯隊跡の石碑」すらありません
歩兵第四十三聯隊 兵営跡
~歩兵第四十三聯隊 兵営跡(徳島大医学部、大学病院)

練兵場
~練兵場跡(蔵本運動公園、加茂名中学)

射撃場 南端付近南西から~ パノラマ写真
~射撃場跡(自治研修センター、森林林業研修所など)

徳島陸軍病院 正門跡
~徳島陸軍病院(県立中央病院)

唯一徳島陸軍病院跡に立つ県立中央病院の駐車場の生垣の中に「徳島陸軍病院院庭造営記念碑」と「中央病院由来碑」が残っているだけでした
ここまで痕跡が無いのは非常に珍しいと思います

続いて、「中富川古戦場」に向かいます
古戦場付近

天正10(1582)年8月28日、四国制覇を目指す土佐の長宗我部元親と落日の三好家・十河存保が阿波を巡って戦った合戦です。
結果は長宗我部元親が激戦を制し、阿波制覇を確実なものとしました。
この合戦の戦死者を祭った「若一王子神社」を参拝し、土手から吉野川を眺め当時に思いを馳せましたが、現地は特に案内板も無く、寂しい限りです
若一王子神社

続いて「勝瑞城跡(見性寺)」に向かいます。
ここは最盛期には山城、摂津、河内、大和、丹波、淡路、和泉、讃岐、阿波に覇を唱えた三好家の本拠地です
現在は三好氏の菩提寺見性寺となっていますが、本丸敷地、土塁、堀の一部が何とか残っているものの近畿一円を支配した三好家の居城としては寂しいものがあります
南側 堀
~本丸南側の堀

境内には近代的な本堂と、三好家当主の墓がありますが、説明板などは一切無く、どれが誰の墓だかさっぱり分かりません
本丸跡 パノラマ写真
~本丸跡

三好之長・元長・義賢・長治の墓
~三好之長・元長・義賢・長治の墓

やはり、滅亡した大名家の遺構はどこでも厳しいものがあります

続いて、今日最後の目的地「鳴門渦潮」を見に行きます
この日は天気は良かったものの「小潮」のうえ春一番の南風が強く、条件は良いとは言えませんでした

うずしお汽船の観潮船に乗り込み、現地に向かいます
平日ということもあり、僕ら以外には家族連れの1組だけと空いていたので船外に出てみました

残念ながらやはり条件が悪く、はっきりした渦潮は見れませんでしたが、なかなか豪快な波を楽しむことができました
うずしお

本日の予定はこれまでですので、旅館に向かいます
途中、お土産屋3建をハシゴして、鳴門わかめや鳴門金時、キューピーなど土産を購入します。

そして、本日の宿「旅館 水の」に到着です
建物はだいぶ老朽化しており、清掃は行き届いているものの廊下やエレベーター、調度品など全体的に汚損が目立ちます
部屋は全室海側で景色は良いですが、やはり老朽化しており、じゅうたんやソファーの汚損が目立ちます

取り敢えず一服して、風呂に行きます
大浴場は特に可もなく不可もなく、ふつうの旅館の大浴場(10人程度収容)でした。

続いて食事です。
6:30にと言ったのですが、約20分遅れで運ばれてきました
受付の際、今日は大きな宴会が入っており、他の客の食事が7時代に集中していたようで多少の前後はありますとのことだったのでまぁ仕方ないかなと・・・
料理

給仕の方に、僕は酒が飲めないので水を頼んだのですが、いつも通り最初は冷蔵庫の物を進められました。
しかし、食事時のサービスとしてピッチャーで頼むと、了解はしていただけたものの「今日は立て込んでいるので遅くなります」と言われました。
それは仕方ないことなので、待っていましたがなかなか来ません
取り敢えず牛乳を買って行ったのでしばらくは大丈夫でした。

最初の配膳時に後で「天ぷらがあります」と言う事だったのですが、これまた来ません
普通は食べ初めて少ししたところで次の料理が来るのですが、ほとんど食べ終わったあたりでようやく次の料理がきました
なぜか最初の給仕の人と違う人が持ってきてくれましたが、水はまだきません
取り敢えず再度、水を注文し、2回目の料理を食べ始めます。
天ぷら、茶碗蒸し、煮物などがきましたがだいぶ放置されていたのか冷め切っています
「汁物と漬物が最後にきます」とのことでしたが、これまたなかなかきません

2回目の料理が食べ終わってくつろいでいると、ようやく最後の汁物、漬物、デザートそして水が来ました
ご飯物が食べ終わっているのに漬物、食後に水・・・

食事は一般的な海鮮の懐石料理で、鯛しゃぶや釜飯も美味しく満足のいくものでしたがこの連携の悪さは頂けません
数々の旅館に泊まってきましたが、ここまで連携の悪い旅館は初めてでした
友人はプンプンでした

食後は布団でゴロゴロしながらテレビを見て、就寝しました

一日目は計画通り順調に進みましたが、明日の天気が「大荒れ」となっているので非常に心配です
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる