当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

桂駐屯地創立56周年・ 中部方面後方支援隊6周年・ 関西補給処桂支処51周年記念行事

今日は京都で行われた「陸上自衛隊 桂駐屯地創立56周年・ 中部方面後方支援隊6周年・ 関西補給処桂支処51周年記念行事」に行ってきました






数日前の天気予報では「大荒れ」でしたが、昨日の予報では「15時頃より雨」だったので行ってきました
桂駐屯地は戦時中の「三菱重工業 京都発動機製作所」の跡地を利用しており、当時の巨大な「機械工場」の建物が現在も倉庫として使用されています。
三菱重工業 京都発動機製作所 機械工場内

雨天の際はこの工場内で式典が行われるので問題はないのですが、規模が縮小される恐れがあります
2年前に訪れた時も雨、今回も雨と天気に悩まされます

6:30に起床、7:00に出発します。
道路も空いており、8:10に到着してしまいました早っ!!
すでに熱心なファン10名ほどが待機しています早っ!!

8:30に開門され、駐車場に向かいます。
実は一般の車両来場は禁止だったようですが、駐屯地側のミスと言うことで入れてもらえました
駐屯地記念行事は一般の車両来場禁止が多いので注意しましょう!

桂駐屯地は中部方面後方支援隊本部、第107全般支援大隊、第103不発弾処理隊、中部方面輸送隊、関西補給処桂支処、第318基地通信中隊桂派遣隊、第131地区警務隊桂連絡班が駐屯し、我が国の平和を日夜護ってくださってます。
陸軍で言えば「陸軍需品廠」や「陸軍兵器補給廠」にあたる部隊です。

さて、一般席はほとんど無いのでロープ際の芝生上にシートを敷いて陣取ります。

式典まで時間があるので資料館見学に行きます
広報資料館

こちらの展示は駐屯地の歴史を綴ったパネル、部隊柄、米軍・帝國陸海軍の砲弾・信管が中心となっており、なかなか興味深いものがあります。

時間が迫って来たので、会場に戻ります。
程なくして近畿ではお馴染みの第3音楽隊を先頭に観閲部隊が入場、続いて各部隊長、簡閲部隊指揮官が入場します。
観閲部隊入場
~観閲部隊入場

執行官・桂駐屯地司令 保坂収一等陸佐は壇上に着席されており、国旗もひな壇後方から登場します
執行官・桂駐屯地司令 保坂収一等陸佐
~執行官・桂駐屯地司令 保坂収一等陸佐

国旗入場・登壇
~国旗入場・登壇

国旗に対して敬礼の後、保坂収一等陸佐による部隊巡閲、執行官式辞、来賓式辞が行われました。
執行官巡閲
~執行官巡閲

来賓式辞は3名(民主、自民、公明?)で全員が先日の支那漁船による尖閣諸島侵略に触れ、特に僕の尊敬する数少ない政治家の1人である自民(参)の西田昌司先生は民主政権の腰ぬけ対応に関し何度も「政権が我が国の主権に対し責任を持たない」事を強調、現場に迷惑をかけている低能ぶりを糾弾し、会場からも最も多くの拍手が送られていました。
続いて来賓の紹介が行われ、執行官が降壇、国旗が退場して式典は終了しました。
西田昌司・参議院議員祝辞
~西田昌司・参議院議員

音楽隊の演奏に合わせ、部隊が退場、次の行事の準備中に音楽隊が演奏を行います。

他の記念行事では、この後車両による観閲行進があるのですが桂駐屯地では行われず、訓練展示に移行します。

まずは格闘展示が行われます


続いて装備品による展示です。
今回は輸送部隊のトラックが進行中に敵機による爆撃を受け一台は後輪が破損(車輪の取り変え)、一台は走行不能のため回収、さらに不発弾を処理する、というものでした。

まずは不発弾を処理します。
不発弾処理
こちらの駐屯地には第103不発弾処理隊が所在し、東海、中部、近畿、中国、四国の不発弾処理を担当、先日発見された森ノ宮での不発弾処理も行いました。
今回はロケットレンチという火薬の推進力を利用して離れた場所から信管を吹き飛ばす方法が展示されました。

危険な作業に従事する処理隊の活躍に頭が下がります。

続いて後輪が破損したトラックの車輪の交換を行います。
車輪交換

重レッカで車体を浮かし、手早く車輪を交換です

続いて走行不能となったトラックを重レッカ2両で持ち上げ、セミトレーラで素早く回収します。
トラック回収


どの作業もムダな動きが無く、迅速に処理されていきました
さすが自衛隊や!!

これにて記念行事は終了です。
丁度終わるのを待っていてくれたかのように雨が降り出しました。

見物客はおのおの傘や合羽で雨を防いでいましたが、隊員の方、特に装備品展示の方は雨でもそのままでした。
ご苦労様です

午後からは「高機動車」の体験試乗、工場内で行われた第三音楽隊・三施太鼓の演奏会を見学(迫力のある実に素晴らしい演奏でした)、雨のため人がまばらになった装備品展示を貸し切り状態で見学し、14:30家路に着きました
三施太鼓演奏
~三施太鼓演奏

74式戦車
~74式戦車
 燃費は300m/ℓだそうです

74式戦車エンジン
~74式戦車のエンジン

03式中距離地対空誘導弾 発射装置
~03式中距離地対空誘導弾 発射装置

重装輪回収車
~重装輪回収車

自衛隊員のみなさま、雨の中本当にご苦労様でした。
そして、ありがとうございました
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる