当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

樺太1945年夏 氷雪の門

以前から拝見したいと思っていた上記の映画を「第七藝術劇場」で観てきました。






<あらすじ>
1945年夏、太平洋戦争は既に終末を迎えようとしていたが、戦禍を浴びない樺太は、緊張の中にも平和な日々が続いていた。しかし、ソ連が突如として参戦、日本への進撃を開始した。北緯50度の防御線は瞬く間に突破され、ソ連軍は戦車を先頭に怒濤のごとく南下してきた。
戦禍を被った者たちは、長蛇の列をなして西海岸の真岡の町をめざした。
真岡郵便局の交換嬢たちは、4班交代で勤務に就いていた。彼女たちに中には、原爆を浴びた広島に肉親を持つ者がいる。最前線の国境に恋人を送りだしたものがいる。戦火に追われて真岡をめざす姉を気づかう者がいる。刻々と迫るソ連軍の進攻と、急を告げる人々の電話における緊迫した会話を、胸の張り裂ける思いで聞き入るほかになすすべがなかった。

 8月15日。全く突然に終戦の報がもたらせられた。敗戦国の婦女子がたどる暗い運命、生きられるかもしれないという希望、様々な思いが交錯する中で、樺太全土に婦女子の疎開命令が出た。一人、また一人と、交換嬢たちも引き揚げて行く。だが、その中には命令に従わず、“決死隊"としてその編成に参加し、交換手として職務を遂行しようと互いに励ましあい、責任を果たそうと心に誓う20名の乙女たちがいた。ソ連の進攻は依然として止むことなく、むしろ、激しさを増した。戦争は終わったのではないか?人々は驚愕し、混乱した。

 それは8月20日、霧の深い早朝。突如、真岡の町の沿岸にソ連艦隊が現われ、艦砲射撃を開始した。町は紅蓮の炎につつまれ、戦場と化した。
この時、第一班の交換嬢たち9人は局にいた。緊急を告げる電話の回線、町の人々へ避難経路を告げ、多くの人々の生命を守るため、彼女らは職場を離れなかった。じりじりと迫るソ連兵の群。取り残された9人の乙女たち。胸には青酸カリが潜められていた。
氷雪の門
 局の窓から迫るソ連兵の姿が見えた。路上の親子が銃火を浴びた。もはや、これまでだった。班長はたった一本残った回線に「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら」と告げると静かにプラグを引き抜いた…
(公式サイト 映画『氷雪の門』より)


この映画は大東亜戦争停戦の昭和20年8月20日に樺太の真岡で実際に起こった「真岡郵便電信局事件(真岡郵便局事件)」を元ににして造られた映画です。
(原作は『樺太一九四五年夏・樺太終戦記録』(金子俊男))
大東亜戦史を調べたことの有る方なら知らない人はいない有名な哀話です。

この映画は昭和49年に完成、東宝チェーンでの上映が決まりますが、反ソ連的と言うソ連の圧力を受けて規模を大幅に縮小して上映、その後封印されてしまったいわくつきの幻の名作です。
数年前に國神社の遊就館で短期上映されましたが、今回はようやく全国での上映となりました。

もちろん映画なので史実に忠実ではありません。
製作の過程において原作者、監督、脚本家などなどの脚色が加わり細かい場面は史実とは異なりますが、大まかな流れであるソ連の日ソ中立条約を無視した侵略→一般住民の疎開→ソ連による住民虐殺→8月15日後も続くソ連の侵攻→真岡郵便局女性電話交換手9名自決は実際に起きた事実です。

映画自体は現在の目で見ると、ナレーションでの説明を多用したり、戦闘場面も稚拙だったりと表現方法に時代的なモノを感じます。
どうしても僕は軍事的な場面に目が行ってしまうのですが、樺太防衛の第八十八師團司令部の個人名が仮名(峯木十一郎中将→仁木中将、鈴木康大佐→鈴本大佐)になっていたのは当時の映画によくある事なので良いとして、北地区で善戦敢闘する歩兵第百二十五聯隊が非力、殆ど守備隊が出てこない、銃器などの兵器の造形が甘かったり、國民義勇戦闘隊の召集が分かりにくいなど多少の不満が目に付きます。
ただ、我が陸軍が昨今の安っぽい反戦平和映画に出てくる残虐非道の「ニセ日本軍」では無く、住民の安全を第一に考え友好国であるソ連の突然の背反行為に苦悩しながらも冷静に対処する光輝ある「大日本帝國陸軍」として史実に即して描かれているのは好感が持てます。
虚構のニセ日本軍が出てきたら一気に興ざめ、白けてしまいます。

前半は家族関係や恋愛等、戦時中ながらも楽しく明るく暮らす電話交換手の女性達が描かれ緩慢とも言える程ゆっくりと話は流れます。
しかし、ソ連軍が日ソ中立条約を一方的に破棄し国境を越えて我が国(当時樺太は南半分が日本領、北半分がソ連領)に越境侵略を開始した中盤からは一気に緊張感が高まります。
話が進行して行くうちに時代考証や軍事的な描写が甘いといった不備は忘れ、映画に引き込まれて行きます。

この映画製作上、重要な点の1ッである「ソ連の戦争犯罪」がかなり抑えた表現ながら描かれます。
①ソ連は当時有効(翌年4月まで有効)だった「日ソ中立条約」を一方的に破棄して樺太、滿洲を侵略。
②戦争法規を無視して略奪、強姦、虐殺を行い停戦交渉の軍使を次々に射殺。
③北海道に向かう疎開船を容赦なく撃沈。
④白旗、赤十字をことごとく無視して攻撃。
①③に関しては明確に、④は白旗攻撃のみ描かれていました。
我が軍停戦後の8月16日、国際法規に則り即刻停戦することを申し入れる第八十八師團長仁木(峯木)中将に対し、ソ連第16軍司令官チェレミソフ少将は「敗戦国に国際法はない!」と侵攻を止める意志が無いとする会見を描き、明確にソ連の不法行為を描いています。
しかし、②は機銃掃射を含む一般住民の虐殺場面はあるものの、電話交換手9名が自決した最大の理由(陵辱を恐れた)となる強姦が描かれておらず、この映画の最大の失点と思います。

國民義勇戦闘隊の召集に応じソ連軍を食い止めるべく死地に赴く父親が妻に子供達を頼む場面があります。
家族を護るため戦場に向かう当時の日本人として当たり前の姿が描写されており、不必要な後付の解釈の無い涙を誘う名場面です。
僕の周りでもすすり泣く声が・・・

ソ連軍は一般住民を容赦なく虐殺しまくりながら侵攻を続け、唯一の通信手段である電話交換の業務は重要度を増すなか、8月15日、我が軍は無条件降伏し大東亜戰争は停戦となります。
しかし、ソ連軍はなおも侵攻を続け、真岡の老幼婦女子に疎開命令が出ます。
が、9名の女性電話交換手は通信の寸断により多くの命が失われるのを危惧し、電話交換業務の続行を志願します。
ついに8月20日、真岡にソ連軍が猛烈な艦砲射撃を加え上陸を開始、ここでも住民、および降伏の軍使の虐殺が行われるなか、最後まで交換台に向かった交換手9名は最期を悟り青酸カリをあおって自決します。

過度の個人主義が蔓延した現在の価値観からすれば彼女たちの行動は理解できないかも知れません。
しかし、彼女たちの採った行動は僅か65年前の日本人には普通の感覚でした。
この映画の重要な点の1ッ、多くの日本人が忘れてしまった「滅私奉公」(私利私欲を捨て社会のために尽くす)の精神と同時に、貞節を重んじる姿です。

彼女たちの滅私奉公の精神、職に殉じた責任感、節操を現代の日本人は見習わなければならないと思います。
またこの映画に描かれたような大東亜戦争中にソ連が行った戦争犯罪の数々を風化させてはならず、同時に戦争が終わってからも戦い続け戦火に散った民間人がいたこと、こういった史実をもっと多くの日本人が知るべきだと思います。

そして、そう言った先人の犠牲の元に現在の平和が築かれたことを決して忘れてはならないと思います。
彼女たちは今、多くの英霊とともに靖國神社に祀られています・・・
靖國神社 拝殿

余談ですが、初めて靖國神社の遊就館を訪ねた際、普段どんな感動しても涙を見せない僕も予備知識があったにも拘わらず彼女たちの展示の前では頬を熱いモノが伝わっていました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる