当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

長宗我部氏の新資料発見

長宗我部家に仕えた一条家の旧臣の子孫宅から長宗我部國親、元親、信親、盛親、香宗我部親泰の書状がはっけんされました






長宗我部歴代の新史料8点を確認 2010年12月11日08時45分



長宗我部 新発見 文書

 四国をほぼ統一したとされる戦国大名・長宗我部元親の父・国親による最古の文書を含む長宗我部氏の歴代当主が発給した文書など新史料8点が確認されたと、土佐山内家宝物資料館(高知市鷹匠町2丁目)が10日発表した。
 渡部淳館長は「一度は滅亡の憂き目に遭いながらも、国親が岡豊城周辺で勢力を盛り返していく過程が裏付けられる。どの文書も長宗我部研究の一級史料」としている。

 長宗我部氏の家臣だった川田家(現在は村島姓)に代々伝わってきた文書。
10月、同館が宿毛市で開いた「歴史資料保存相談窓口」に同市在住の子孫の男性が持ち込み、同館や高知県立歴史民俗資料館の野本亮学芸員らが鑑定したところ、現在の署名に当たる花押(かおう)や文書の形式などから、国親らの未確認の史料であることが判明した。
 土佐藩の史料などによると、川田氏は一條氏の家臣だった後、長宗我部氏に仕え、検地役人や高知市種崎の役人を務めた中級家臣。

 新たに見つかった文書の大半は川田氏の領地の所有権や相続に関するもので、国親の文書2通、元親の長男信親、四男盛親、弟の香宗我部親泰の文書各1通、元親から盛親宛ての文書の写し1通。いずれの文書も、署名以外は書記官が記したものとみられる。
 このほか、江戸期のものとみられる文書の包み紙、元親の座像が刻印された供養札も文書と同じ木箱に入れられていた。

 このうち天文3(1534)年の国親の文書は、国親が川田氏に国分寺(南国市国分)の領地(屋敷2反、田1反)を支配、耕作する権利を認めた内容。
国親が岡豊城を再興してから周辺に支配を拡大し、失った権力を取り戻しつつあった10年ほどの具体的動向はほとんど不明だったが、野本学芸員は「寺領を支配下に置くなど、宗教政策に力を入れていたことが分かり、後世の軍記物の記述とも一致する」とする。

 また、国親の天文23(1554)年3月の文書は、川田氏に与えられた大津郷(高知市大津)の領地(土地4反、塩田など)の相続を保証した内容。国親の法名(仏門に入った人が宗門から授けられる名)である「覚世」の字があり、野本学芸員は「天文23年6月以降とされてきた出家の時期が3カ月早まった」と解説する。

 これまでに確認されていた国親発信の文書は13通(原本5、写し8)。
天文5年の写し(偽文書とする説もある)が最古とされてきたが、天文3年の文書はこれより古い。
野本学芸員は新史料について「後世の軍記物でしか分からなかった国親期の研究が大きく進む」と話している。

 文書は、11日から来年1月30日まで同館に展示される。(高知新聞


長宗我部ファンとしては堪らない発見です!!
今年の歴史系ニュースで最も驚いたニュースとなりました。
去年も年末に三国志の曹操の墓が発掘されましたが、今年は長宗我部氏の文書でした。

長宗我部氏は國親の父・兼序(元秀)が周囲の領主に攻撃され自刃の後、一旦滅亡します。
國親は幼少ということで助命、一条房家に庇護されたのち再興し、勢力を拡大していきます。

一旦滅亡したということや弱小領主ということもあり、ゲーム等の知名度に比べ史料も少なく再興直後の事蹟も良く分かっていません。

今回発見された文書のなかには領地に関する物も含まれていたようなので、今まで不明だった部分が少しでも解明される期待があります。

元親の弟で、土佐の有力豪族・香宗我部氏へ養子へ入った親泰と、元親の嫡男・信親の同じ日付の書状もあった。
親泰が川田家へ出した命令に対し、おいではあるが宗家の信親が「親泰御書中の如(ごと)く申し付くべく候」と保証しており、渡部館長は「信親がおじよりも強い権限を持っていた可能性がある。
研究史の中で全く想定されてこなかった」としている。(読売新聞


また今までは本能寺の変直後の信親と叔父・親泰の動向から親泰の序列が上位と考えていただけに、両者の地位関係も興味深いものがあります。

僅か8点とは言え、内容が余りに濃く、今後の解明・研究が期待されます。

観に行きたいですが遠い・・・
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる