FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

天地人 第43回「実頼追放」

今回は慶長9(1604)年6月の玉丸(のち上杉定勝)誕生から、同慶長9(1604)年9月の大国実頼の高野山追放まででした。





景勝に待望の男子・玉丸(のち上杉定勝)が誕生しました。
ドラマでは前回の最後に後ろ姿だけ、今回の最初にチョロッとだけの登場でした。
他の女性キャラに比べて格段に粗末なあつかいで、しかも名前、素性すら紹介されず単に「側室」というだけの登場です。
定勝の母親は正二位権大納言・四辻公遠の娘で桂岩院(実名は不詳)という優れた家格の女性です。
ドラマでは景勝が養子を迎えるとか言いだし、正室・菊姫、母親・仙桃院の説得で仕方なしに側室を迎え、男子誕生にも喜ばず、桂岩院が亡くなっても無関心と、薄情に描かれています。
確かに桂岩院は玉丸出産後の産後の肥立ちが悪く、すぐに亡くなってしまいますが、亡くなるまで景勝は医師の治療を初め、神社仏閣への快癒祈願など万策を尽くし、その甲斐なく亡くなった際は深く悲しみ直江兼続の管轄で上杉家菩提寺の林泉寺で葬儀を行っています。

兼続の本多政重養子縁組に関して、政重の素性を語る場面で単にかつての「敵」と表現していました。
前々回にも言いましたが、この政重、かなり変わった経歴の持ち主で血縁的には本多正信の子で「敵」ですが、経歴上は豊臣家恩顧の、しかも関ヶ原では宇喜多秀家の臣として1隊を率いており、むしろ「盟友」と言えます。
ドラマでは、この西軍として共に戦い、家康側近の父・正信に反抗していた政重の経歴を事細かに言ってしまうと、後に続く大国実頼による直江家・本多家の養子縁組反対が薄れてしまうので隠蔽したと思われます。

細かいことで前回指摘し忘れましたが、実頼は上杉家の米沢減転封の際には国元におらず伏見に留まっています。
ドラマのように米沢城の一室で話すことはありません。
さて、直江家・本多家の養子縁組に反対する実頼ですが、ドラマでは本多正信、正純の前で直接反対の意向を伝えていましたが、実際は政重を迎えるために上洛した西山宗秀、飯田元貞を伏見宿の宿に招き、斬殺、高野山に出奔します。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる