当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

江~姫たちの戦国~ 第2話 父の仇

今回は天正7(1579)年、お市の方と3姉妹が安土城落成祝いとして、信長を訪ねるところから始まりました。






この場面は当然ながら創作です。

ちなみにこのときの姉妹の年齢は諸説ありますが、一般的には茶々:10歳、初:9歳、江:6歳です。
一応?演技上は子供っぽさを演出していたようですが、いくら当時の人が大人びているとは言え、かなり無理があります。
まだ初回の子役のまま(江のみ別の子役でも充てて)で良かったと思うのですが・・・
この年令であの会話は凄すぎます。

ついでに言えば、織田信包が出てきましたが、信長の9歳下とは到底見えません(信長より遥かに年長)でした。


安土城の大広間に柴田勝家、明智光秀、織田信忠、同信雄、同信孝、徳川家康、同信康などの信長家臣団が勢ぞろいしていました。

時代劇ではお馴染みの権勢を示す場面です。
しかし、いつもこう言った場面を見ると思うのですが、小国ならともかく天下人のような地位の大大名家、しかもこの時期の織田家でこれだけの武将が一同に集められるでしょうか?

この時期、信長、信忠、柴田勝家は謀反した荒木村重の籠る摂津伊丹城を攻囲しており、また明智光秀も波多野秀治の籠る丹波八上城を攻囲しています。
伊丹城攻囲中の5月、信長、信忠、柴田勝家は一端帰国、八上城が6月に落城しているので事後処理等を全て家臣に任せて光秀は安土に登城、伊丹城攻囲戦が再び動き出す9月までの間何とかこの家臣団を集めることは可能ですが、どうなんでしょう?

徳川家康、同信康も仲良く参列、しかも信長の前で家康が「信康と五徳(信長娘)は夫婦仲が悪い」と暴露していました。
この事から、ドラマでは通説の信康・築山殿と五徳が不仲、築山殿が武田勝頼に内通していることによる「信長による命令説」を執るようです。

昨今言われている「家康と信康の対立説」を執るのであれば、信康が家康から叛心ありとして幽閉されるのがこの3ヶ月後ですから、この時期には既に修復不可能な状態と見るのが当然で、親子仲良く参列は不可能な状況と思われます。

何か江のキャラが天真爛漫過ぎて違和感があるのですが、どうなることやら。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる