当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

江~姫たちの戦国~ 第3話 信長の秘密

今回は天正7(1579)年9月の所謂「信康事件」の発生と、事件の真相を嗅ぎまわる江と言う内容でした。






江の所作が当時のモノとかけ離れていると言うか、現代劇のようにバタバタ走り回り兎に角武家の姫とは言えない「はしたなさ」が目に付きました。

「行儀悪い」、「活発」といった行動により史実であれば7歳程度の江を表現しているようですが、さすがに現在24歳の上野樹里を7歳に見るのは無理があります。
第1回の時にも言いましたが、茶々役だった芦田愛菜(6歳)をそのままスライド配役させた方がシックリ来たと思うのですが・・・

だいいち現在より大人びているとは言え、7歳の幼女が信康事件に疑問を持つものでしょうか?

さて、肝心の信康事件ですが、近年は大いに疑問視されている通説である「武田家内通説」が採られ、またお市のセリフからも「信康の方が信忠(信長嫡男)より器量が良く、信長が恐れた」と言う捕捉が加えられた旧態依然とした説が採られていました。

前回に信長が江に対し、「討ち取った浅井久政・長政親子、朝倉義景の頭蓋骨を薄濃にして杯にし酒を飲んだ」という通説を否定する場面(解釈は信長公記と異なっていましたが)があったので、今回も「通説の否定」が期待されましたが見事に裏切られました。

信康事件に関しては「徳川家康と信康の対立に対し、信長が家康に処理を任せた」というのが真相と言われます。
その後、時代が降るにつれ徳川政権の安定と相まって、家康による理由はどうであれ子殺しの暗部を隠すために歴史が書き換えられていき、「信康は信長の命令で殺された」という通説が定着していきました。

来週は本能寺の変ですが、光秀謀反はどう描かれるのでしょうか。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる