当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

京都偕行社

京都府紀伊郡深草村(現、京都市伏見区深草)一帯に衛戍した第十六師團隷下部隊の遺構探索、続いて京都偕行社を紹介します。

正面玄関 北東から パノラマ写真






第十六師團隷下部隊の配置
第十六師團 210724
~昭和21年7月の師團隷下部隊、及び軍施設配置

第十六師團
~現在の地図に上記施設を写したもの

※緑文字が当記事の施設
①第十六師團司令部
京都偕行社
③師團長付き当番兵宿舎
④師團長官舎
⑤騎兵第二十聯隊
⑥京都陸軍刑務所
⑦京都第一陸軍病院
⑧歩兵第九聯隊
⑨京都聯隊區司令部
⑩第十九旅團司令部→第十六歩兵團司令部→京都地區司令部
⑪陸軍兵器廠京都支廠→京都陸軍兵器支廠
⑫京都練兵場
⑬馬場
⑭第十六師團糧秣部
⑮野砲兵第二十二聯隊
⑯輜重兵第十六聯隊
⑰京都地區憲兵隊伏見分隊
⑱北(伏見)射撃場
⑲南(大亀谷)射撃場
⑳大亀谷演習場
21配水場
22陸軍墓地
23旧射撃場
A師團街道
B第一軍道
C第二軍道
D第三軍道

京都偕行社の場所
敷地は現在ヌヴェ-ル愛徳修道会本部修道院になっています。

遺構について>(カタカナは上掲地図のモノ、場所詳細は後述
キ 偕行社建物
ク 正門門柱
ケ 裏門門柱
コ 厠
サ 皇太子殿下行啓碑(庭の一画)

偕行社の北西側には酒保がありましたが、平成15(2003)年、基礎土台の腐食により倒壊の危険があるため惜しくも解体されてしまいました。

遺構探索
※青字は地図、サイトにリンクしています。
見学については修道会として使用中のため、また対応できる職員が皆無のため現在はできません
何かの行事の時、もしくは関係者を頼るしかありません。


★以下に掲載の写真はほとんど過去に見学した時の物です。
(一部を除く)

修道会が来た頃には荒廃していたようで、修理、改築を重ねているので外観、内装ともに多少の手が加えられています。
それでも民間に払い下げられた建物としては驚異的なほど保存状態は良好です。

外観ですが、最前部に突き出した庇を中心に背後の突出部及び主棟が左右対称に広がる典型的な偕行社建築をしています。

正面側(北側)は東側の増築部分や塗装を除けば殆ど当時のままです。
正面玄関 北西から
~正面玄関(上掲の写真も同じ)

一方、背面側(南側)は当時は開放式の廊下がありましたが、現在は当時の柱を利用しつつ窓枠を付け密封式の廊下になっています。
南側 全景
~開放式の廊下は全て密封式の室内廊下に改造されています。

南側 渡り廊下下側の星章ガラリ
~南側廊下の下にある星章を模ったガラリ

密封式の室内廊下
~密封式の室内廊下

西側渡り廊下
~西側の廊下に面した窓
 本来は南側もこの様な窓が並んでいたと思われます。

室内は大広間を何ヶ所か区切って部屋を造り、背面側(南側)は窓枠を拡張して引き違い戸に改造されています。
部屋1
~中央の大広間は礼拝堂になっています。

部屋1 天井
~区切られた大広間の天井
 分かりにくいですが微細な装飾が施されています。

ただ、扉(蝶番等も)や天井は当時のまま大切に使われています。
部屋3
~部屋と部屋の間にある当時の扉

部屋3 蝶番
~繊細な彫刻の施された当時の蝶番

棟札
~偕行社上棟式時の棟札
 明治43(1910)年4月15日の日付と建築委員会、大工の名前が記入されています。

ク正門
正門門柱
 門扉は撤去されていますが、門柱は現在も正門として使われています。

ケ裏門
裏門門柱
 聖母女学院との境にあり、常時閉鎖されています。

コ厠 北西から
~偕行社東側にある厠

皇太子殿下行啓碑と灯籠
~築山にある灯籠と皇太子殿下(大正帝)行啓碑

南側の庭
庭園

沓塚陵墓参考地により屈曲した境界
~敷地北東隅には「沓塚陵墓参考地」があるため敷地が屈曲しています。

酒保
~平成15(2003)年、倒壊の危険があるため惜しくも解体されてしまった「酒保」

部屋3にある酒保の柵を転用した机
~酒保2階の柵を利用して造られた机

酒保解体の際、既に工事が始まっているにも拘わらず解体に反対する団体が門前で大騒ぎをして大変困惑したようです。
帝國陸海軍を愛する僕としても解体は残念だとは思います。
しかし、民間に払い下げられてしまった以上、やむを得ない面もあります。
確かに後世に遺して欲しい軍の遺産ですが、修理保存には何100万、下手したら何1,000万もかかります。
その金額を所有者個人に負担させるのか?どこから捻出するのか?もしくは誰が出すのか?という問題になってきます。

修道会の方の話では京都市から「文化財に指定しては?」と打診もあったようですが、文化財に指定してしまうと改築や増築ができず、現役で使用している以上不可能なため断ったそうです。

自治体の所有施設であれば解体の反対運動も可と思いますが、個人の所有物である場合は管理は個人任せになるので単純に保存運動による計画変更とは行かず非常に難しい問題と言えます。

物件によって文化財保護法を緩和する、もしくは自治体が主導で何かしらのアクションを起こすなどしていく必要があると思います。

今後の軍事遺産、遺構の保存の課題だと思います。

主要参考文献
『軍都伏見の跡』(平成7年 伏見探勝会) 
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる