当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

京都偕行社

京都府伏見区深草に所在するヌヴェール愛徳修道会本部修道院京都偕行社の跡地にあります。
京都偕行社 ア正面玄関 北東から パノラマ写真(京都深草)
▲京都偕行社 全景

【探索日時】
平成23年3月1日

【改訂情報】
平成30年4月30日、体裁改正





第十六師團関連諸施設の配置
第十六師團司令部 第十六師團 現在位置のみ(京都深草)
▲現在の地図に施設を転写
① 第十六師團司令部
② 第十六師團兵器部
③ 第十六師團経理部 被服庫
④ 露天馬場
⑤ 第十六師團経理部 糧秣倉庫
⑥ 第十九旅團司令部
⑦ 京都聯隊區司令部
⑧ 歩兵第九聯隊
⑨ 騎兵第二十聯隊
⑩ 野砲兵第二十二聯隊
⑪ 輜重兵第十六聯隊
⑫ 京都陸軍病院
⑬ 京都陸軍拘禁所
⑭ 京都偕行社
⑮ 師團長附当番兵宿舎
⑯ 第十六師團長官舎
⑰ 京都陸軍練兵場
⑱ 大亀谷陸軍練兵場
⑲ 配水場
⑳ 伏見陸軍射撃場
㉑ 京都陸軍射撃場
㉒ 京都憲兵隊
㉓ 京都陸軍墓地
A 師團街道
B 第一軍道
C 第二軍道
D 第三軍道
※名称は昭和16(1941)年頃
※緑文字が当記事で紹介の施設


遺構について
⑭ 京都偕行社
明治40(1906)年2月29日、陸軍省は京都府下に第十六師團の衛戍を決定、4月26日、深草村付近への師團設置が決定します。
第四師團経理部は随時用地を買収、臨時陸軍建築部大阪支部により施設が建設され、10月30日、第十六師團司令部が大阪から移駐して来ます。

明治42(1908)年7月12日、第十六師團司令部(被服倉庫)の敷地を転用し、明治43(1909)年4月15日、上棟式を挙行(建築委員・木村重行二等主計正以下歩兵、騎兵、砲兵、工兵、輜重兵、主計、軍医、技師、技手15名)、大工・清水半兵衛棟梁により京都偕行社の建設が開始されます(竣工時期不明)。

昭和20(1945)年8月15日、『大東亞戰爭終結ノ詔書』が煥発され、16日、停戦に伴い、28日、陸軍施設は内務省を通じ大蔵省に移管、大阪財務局の管理下に置かれますが、31日、連合軍は全陸海軍用地の接収を示達して来ます。

9月21日、ハイライン大佐以下の調査団が京都に到着、25日、米第6軍が和歌山市二里ヶ浜に上陸、日本國際航空工業㈱に進駐、大建ビル(四条烏丸)を接収し司令部を開設、同日、深草村の各陸軍施設も接収されます。

昭和24(1949)年、米軍施設に転用されなかった師團司令部、偕行社、騎兵営の北側がメール・マリー・クロチルド・リュチニエ女史(聖母女学院創立者)に払い下げられ、京都偕行社はカトリックヌヴェール愛徳修道会本部修道院に転用され、現在に至ります。

京都偕行社 第十六師團 現在14(京都深草)
▲遺構の配置

ア 偕行社本館
外観、内装とも修理、改築、増築されていますが、民間に払い下げられた建物としては驚異的な保存状態です。
善通寺偕行社と類似の形状をしています。
京都偕行社 ア正面玄関 北東から(京都深草)
▲本館 正面

京都偕行社 ア正面玄関 北西から(京都深草)
▲正面玄関 近影
 ピンク色の縁は戦後の塗装?

本館裏側3面は 開放式の廊下がありましたが、現在は窓枠を付け密封されています。
京都偕行社 ア南側 全景(京都深草)
▲裏側
 
京都偕行社 ア南側 渡り廊下下側の星章ガラリ(京都深草)
▲裏側廊下の床下にある星章を模ったガラリ

京都偕行社 ア西側渡り廊下(京都深草)
▲西側の外廊下
 本来は開放式でした

京都偕行社 ア南側渡り廊下(京都深草)
▲裏側の外廊下
 こちらも元々は開放式でした

-内部-
室内は大広間を区切って部屋に改造、また裏側は窓枠を拡張して引き違い戸に改造されています。
京都偕行社 ア部屋1(京都深草)
▲中央の大広間は区切られ礼拝堂になっています

京都偕行社 ア部屋1 天井 (2)(京都深草)
▲精緻は装飾の施された大広間の天井

京都偕行社 ア部屋1 天井(京都深草)
▲改築された壁が天井の装飾を分断してしまっています

京都偕行社 ア部屋2(京都深草)
▲小部屋に改造された大広間

京都偕行社 ア部屋3(京都深草)
▲当時のままの扉が遺ります

京都偕行社 ア部屋3 扉(京都深草)
▲扉近影

京都偕行社 ア部屋3 蝶番(京都深草)
▲凝った意匠の蝶番

京都偕行社 棟札(京都深草)
▲上棟式の棟札
 明治43(1910)年4月15日の日付と建築委員会、大工の名前が記入


イ 厠
当時のままの様です。
京都偕行社 イ厠 北西から(京都深草)


ウ 酒保
平成15(2003)年、基礎木材の腐食により倒壊の恐れが出たため惜しくも解体されてしまいました。
京都偕行社 ウ酒保(京都深草)

京都偕行社 ウ部屋3にある酒保の柵を転用した机(京都深草)
▲酒保2階の外柵を利用して造られた机


エ 正門門柱
当時のまま、現在も教会の正門として使用されています。
京都偕行社 エ正門(京都深草)
▲道路から

京都偕行社 エ正門 内側から(京都深草)
▲偕行社側から


オ 裏門門柱
聖母女学院との境にあり、常時閉鎖されています。
京都偕行社 オ裏門(京都深草)

京都偕行社 ア偕行社から見た師團司令部(京都深草)
▲裏門越しに見える第十六師團司令部庁舎


カ 皇太子殿下行啓碑
正面の築山にあり、皇太子殿下とは後の大正帝です。
残念ながら上部が欠けています。
京都偕行社 カ皇太子殿下行啓碑(京都深草)

京都偕行社 カ皇太子殿下行啓碑と灯籠(京都深草)
▲灯籠も当時の物


庭園
当時のままの様です。
京都偕行社 ア南側の庭(京都深草)


当時のまま遺り、北東隅は古墳(沓塚陵墓参考地)を避ける様に湾曲しています。
京都偕行社 沓塚陵墓参考地により屈曲した境界(京都深草)

※見学について、以前は予約制で個人(少人数)のみ行えましたが、後に申し込んだ同好の士の話では対応できる人数がいてないと言う事で現在は受け付けていない様です。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●ほぼ放置ですがこっそりTwitterも始めました。
@yuukyuunotaigi

●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる