当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

騎兵第二十(のち捜索第十六)聯隊(垣六五五七・中部第三十九部隊)他

京都府紀伊郡深草村(現、京都市伏見区深草)一帯に衛戍した第十六師團隷下部隊の遺構探索、続いて騎兵第二十(のち捜索第十六)聯隊兵営跡を紹介します。

セ騎兵第二十聯隊跡 横の馬繋柱
~「馬繋柱」拡大
 手綱を結ぶ輪が付いています。






第十六師團隷下部隊の配置
第十六師團 210724
~昭和21年7月の師團隷下部隊、及び軍施設配置

第十六師團
~現在の地図に上記施設を写したもの

※緑文字が当記事の施設
①第十六師團司令部
②京都偕行社
③師團長付き当番兵宿舎
④師團長官舎
騎兵第二十聯隊
⑥京都陸軍刑務所
⑦京都第一陸軍病院
⑧歩兵第九聯隊
⑨京都聯隊區司令部
⑩第十九旅團司令部→第十六歩兵團司令部→京都地區司令部
⑪陸軍兵器廠京都支廠→京都陸軍兵器支廠
⑫京都練兵場
⑬馬場
⑭第十六師團糧秣部
⑮野砲兵第二十二聯隊
⑯輜重兵第十六聯隊
⑰京都地區憲兵隊伏見分隊
⑱北(伏見)射撃場
⑲南(大亀谷)射撃場
⑳大亀谷演習場
21配水場
22陸軍墓地
23旧射撃場
A師團街道
B第一軍道
C第二軍道
D第三軍道

騎兵第二十(のち捜索第十六)聯隊兵営の場所
聯隊兵営は第十六師團司令部の南側に隣接し、現在は聖母女学院中・高・短大、深草中市営住宅、一般住宅になっています。

遺構について>(カタカナは上掲地図のモノ、場所詳細は後述
セ 騎兵第二十聯隊跡碑、馬繋柱

数年前までは南門付近に「陸軍用地」の標柱が残っていたようですが、現在は撤去されています。

遺構探索
回れる範囲で兵営の境界(北側は学校敷地)に沿って歩いてみましたが、当時の遺構は痕跡すら残っていませんでした。
営門の跡も名神高速が通り跡型もありません。

唯一、兵営中央付近に建つ騎兵第二十聯隊跡碑サの横に馬繋柱が1本だけ移設されていました。
セ騎兵第二十聯隊跡
~「騎兵第二十聯隊跡」碑と移設されている「馬繋柱」


ついでに周辺にある当時の遺構を紹介します。
兵営南西に隣接する深草小学校の脇にある「紀元二千六百年記念」碑
紀元二千六百年記念碑

同じくこの道路沿いにある「軍人湯
軍人湯 看板
~入口上にある看板

軍人湯
~道路沿いにはいかにも赴きある建物が建っていますが、「軍人湯」はこの建物と建物の奥に入ったところの突き当たりにあります。

きっと当時の軍人さんも外出時には汗を流したことでしょう。

衛戍部隊
騎兵第二十聯隊(のち捜索第十六聯隊―垣六五五七・中部第三十九部隊―に改編)
明治38(1904)年7月、姫路において編成(安田徐次郎中佐)、明治37(1904)年2月8日に新設された第十六師團に隷属しました。
明治39(1905)年8月8日、軍旗を拝受、第十六師團に従い明治三十七八年戰役(日露戦争)に出征しますが戦役はほぼ終結していたため戦闘に加わることなく、9月5日、講和条約が締結されます。
10月18日、關東総督(大島義昌大将)の隷下に編入され滿洲の警備に当り、明治40年、内地に帰還します。
第十六師團の深草村衛戍に従い、明治41(1907)年11月、新築された深草の兵営に転営します。

大正8(1919)年3月、から大正10(1921)年4月、南滿洲鉄道守備のため滿洲駐箚、遼陽の警備に就き、シベリヤ出兵に参加します。
昭和4(1929)年4月から昭和6(1931)年4月、滿洲に駐箚し警備に就き、昭和9(1934)年8月から昭和11(1936)年7月、滿洲に派遣、斉斉哈爾の警備に就きます。

昭和12(1937)年7月7日、支那事變勃発にともない、8月、第十六師團の従い塘沽に上陸し北寧鉄道に沿って天津に進み、北支戦線に参加、11月、上海に上陸、常熟、無錫、丹陽、句陽道を進み、12月13日、支那国府軍の首都南京城紫金山、中山門、和平門の攻撃に参加します。
昭和13(1938)年1月、河北作戰に参加、5月9日、徐州會戰に参加、徐州西方で潰走する支那国府軍の退路を遮断、騎兵の機動力を生かし残敵の掃蕩を実施しました。
7月、武漢作戰に参加、長江北岸の最前方において敵主力を追撃、京漢線西方の応城から徳安南方に進撃し、敵を捕捉撃破し退却する敵の退路に進出しますが、兵力僅少のため敵を殲滅することはできませんでした。
昭和14(1939)年4月、襄東會戦に参加、5月、第二軍騎兵團(騎兵第四旅團長・小島吉蔵少将)に属し敵の後方に周り包囲戦を実施、第二軍司令官・西尾寿造中将より感状を授けられます。
7月11日、第十六師團に復員が下令され、8月、京都に復員します。

昭和16(1941)年、騎兵第二十聯隊は連隊本部・乗馬1個中隊・装甲車1個中隊の捜索第十六聯隊(松田哲人中佐)に改編されます。
10月、戦争準備のための動員下令、編成は乗馬は廃止され軽装甲車2個中隊、自動車2個中隊に改編されます。
12月8日、大東亜戰争開戦により、12日、第十六師團主力と共にルソン島南端のフィリピン・ルソン島のレガスピーに上陸マニラに進撃します。
5月7日、米比軍降伏により比島作戰は終了、第十六師團とともにミンダナオ島に前進し、残敵掃蕩、敵潜水艦基地、破壊工作拠点、匪賊討伐に従事します。

昭和19(1944)年、第十六師團主力はレイテ島の守備に就きますが、聯隊は船舶輸送力の関係上、ルソン島に残置され第十四方面軍(山下奉文大将)直轄となりマニラ西方地区に位置し、次期作戦に備え教育訓練に従事します。
昭和20(1945)年、米軍がルソン島に上陸を開始、聯隊には歩兵1個大隊が配属され日比支隊としてマニラ東方地区に行動します。
第十四方面軍司令部がルソン島北部のバギオに転出するにあたり、方面軍司令部を掩護しつつともにバギオに移動、方面軍司令部と行動を共にし食料弾薬の途絶する中、長期持久体制を取るなか9月3日、停戦を迎えました。


騎兵第百二十大隊
昭和13(1938)年、騎兵第二十聯隊留守隊(京都)において本部・乗馬2個中隊・機関銃1個小隊にて編成、5月15日に留守第十六師團司令部(中岡弥高予備役中将)により編成された第百十六師團(清水喜重予備役中将)に隷属します。
5月、中支に出動し、6月、上海に上陸、10月、武漢作戰に参加します。
昭和14(1939)年12月、長江岸冬季作戰に参加します。
昭和15(1940)年4月、春季皖南作戦に参加します。
昭和16(1941)年、軍備改編のため解隊されました。


捜索第五十三聯隊(中部第三十九部隊)
昭和15(1940)年7月、京都の騎兵第二十聯隊補充隊において編成(梁瀬泰中佐)、9月16日に編成された第五十三師團(馬場正郎中将)に隷属します。
昭和18(1943)年11月、臨時動員下令(奥仲寿蔵中佐)、本部・乗車1個中隊・装甲車1個中隊で編成、第五十三師團とともにビルマに出動します。
師團は第三十三軍(本多政材中将)に編入、ビルマ北部に移動、蒋援ルート「レド公路」の遮断に就きます。
昭和19(1944)年秋、バーモ付近において米式装備の支那国府軍と交戦、聯隊長・奥仲寿蔵中佐が散華、斎藤隆信大尉(昭和20年1月、少佐)が指揮を継承します。
昭和20(1945)1月、師團とともに攻勢を強める英印軍を食い止めるべくイラワジ會戰、3月29日、克作戰、5月18日、シッタン作戰に参加、英印軍との戦闘を交える中で停戦を迎えました。

主要参考文献
・『帝国陸軍編成総覧』(昭和62年12月 上法快男編 芙蓉書房)

・『日本騎兵史 上巻・下巻』(昭54年 佐久間亮三・平井卯輔編 原書房)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる