当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

京都陸軍墓地、京都地區憲兵隊伏見分隊、師團街道、軍道、練兵場、射撃場他

京都府紀伊郡深草村(現、京都市伏見区深草)一帯に衛戍した第十六師團隷下部隊の遺構探索、最後に京都陸軍墓地京都地區憲兵隊伏見分隊など周辺の関連遺構をまとめて紹介します。

橋脚星章(南側)
~第二軍道の「師團橋」橋脚の星章






第十六師團隷下部隊の配置
第十六師團 210724
~昭和21年7月の師團隷下部隊、及び軍施設配置

第十六師團
~現在の地図に上記施設を写したもの

※緑文字が当記事の施設
①第十六師團司令部
②京都偕行社
③師團長付き当番兵宿舎
④師團長官舎
⑤騎兵第二十聯隊
京都陸軍刑務所
⑦京都第一陸軍病院
⑧歩兵第九聯隊
⑨京都聯隊區司令部
⑩第十九旅團司令部→第十六歩兵團司令部→京都地區司令部
陸軍兵器廠京都支廠→京都陸軍兵器支廠
京都練兵場
馬場
第十六師團糧秣部
⑮野砲兵第二十二聯隊
⑯輜重兵第十六聯隊
京都地區憲兵隊伏見分隊
北(伏見)射撃場
南(大亀谷)射撃場
大亀谷演習場
21配水場
22陸軍墓地
23旧射撃場
師團街道
第一軍道
第二軍道
第三軍道

遺構について
※青字は地図、サイトにリンクしています。
カタカナは上掲地図のモノ。遺構が残っている施設跡は赤字にしています。

京都陸軍刑務所(元京都衛戍監獄)
住宅地になっており、区画が当時のままである事以外何も残っていません。

陸軍兵器廠京都支廠(のち京都陸軍兵器支廠)
南半分が龍谷大学、北半分が京都府警察学校になっています。
京都陸軍兵器支廠 正門付近(龍谷大学深草学舎)
~京都陸軍兵器支廠南端(手前の道路は第一軍道)

数年前までは警察学校内に大型の倉庫が1棟残っていましたが、現在は取り壊されてしまいました。
区画以外何も残っていません。

京都練兵場
現在住宅地になっており、区画以外何も残っていません。
練兵場跡中央にある西浦中央公園に「町略史」が建っており、文中に「京都練兵場」の記述があります。
町略史(西浦町中公園)

京都練兵場は明治41年(1908)年、第十六師團の深草衛戍の際造成されました。
当初は深草瓦町一帯の30万坪を予定していましたが、地元農民が良地を失うと反対したため急拠、西浦の35万坪に変更されました。

練兵場正門の正門は東側の中央にあり、周囲は土堤とカラタチの生け垣で囲まれていました(現在無し)。
練兵場入口付近
~現在の練兵場正門付近

正門の南に「秣倉庫」(約600坪)、東南隅に「貨車演習場」(軌道上、貨物車、プラットホームがあり軍馬、野砲、軍需品の積卸しの演習が行われる)、南西隅に「病馬廠」と馬繋柱が多数あり、西北一帯は塹壕や起伏のある「障害演習場」、東北には木造の「便所」がありました。
また、「貨車演習場」の西側には「記念碑」(内容不明)、南側中央の北門の前には円形の「午砲台」(正午に午砲が発射、通称「ドーン」、昭和13年に撤去され「第十六師團記念碑」が建てられる)がありました。

現在は何も残っていませんが、伏見城の復興天守(昭和39年築)西側に倒れて置かれている巨大な石碑が上記の「記念碑」では無いでしょうか。
この石碑の裏面に「昭和七年四月二十五日」との刻印があることから軍人勅諭渙発50周年記念碑のようです。
第十六師團 石碑

第十六師團 石碑 (2)
~石碑裏側の刻印
 「昭和七年四月二十五日
  第十六師團司令部
  歩兵第十九旅團司令部
  歩兵第九聯隊
  騎兵第二十聯隊
  野砲兵第二十二聯隊
  工兵第十六大隊
  輜重兵第十六大隊
  京都聯隊區司令部
  京都衛戍病院
  京都憲兵隊本部
  京都憲兵分隊」
 
伏見城は「伏見桃山キャッスルランド」ができるまではただの城跡(森林)であり、軍がわざわざこの様な場所に石碑を建てるとも考えられず、また石碑が元々この場所にあったのであれば台や柵などの付属部品があるはずですが、それらがありません。
この事からこの石碑は元々この場所にあった物が倒れた(倒した)ものでは無く、「他の場所から運んできた」と見るのが妥当です。
推測ですが、名神高速建設(昭和38年)の際に練兵場跡の南側にあった石碑をこの場所に置いたのでは無いでしょうか?
できれば本来の姿に戻して欲しいものです。

馬場
住宅地になっており、区画以外何も残っていません。

第十六師團糧秣部
名神高速と名神高速と住宅地になっており、区画すら残っていません。

京都地區憲兵隊伏見分隊
伏見税務署の南西角(隣の駐車場との境)に「ノ 陸軍用地」標柱があります。
ノ陸軍用地

北(伏見)射撃場
採石、セメント工場群になっており、区画が辛うじて残っています。
北西側 北東から
~射撃場北側(道路の左側が場内)
 道路右側は斜面になっており、辛うじて形状を留めています。

南(大亀谷)射撃場
京都教育大付属特別支援学校、荒れ地になっており、区画が辛うじて残っています。
北東から南を見る
~雑草に覆われていますが、このフェンスの向こう側は急激に落ち込んでおり射撃場特有の形状をしています。
 
大亀谷演習場
住宅地になっており、区画が辛うじて残っています。

民家の石垣に「ハ 陸軍省所轄地」の標柱が残っています。
ハ陸軍省所轄地

21配水場
京都市上下水道局桃山配水所になっています。
近年まで南側外周に「陸軍省所轄地」の標柱が2本建っていましたが、現在は撤去されてしまいました。

この配水場は師團の深草衛戍時に建設され、宇治川の取水場から喞筒(ポンプ)でこの場所まで揚水、師團隷下部隊の兵営まで配水していました。
昭和13(1938)年、京都府の要望により一般市民にも配水しました。

22京都陸軍墓地
現在は旧軍用地転換法により「深草墓園」と改称され、中央に京都市の納骨堂が建てられています。

遺構としては「ヒ 歩兵九聯隊将兵英霊合祀之碑、満州事変戦病没者合同墓碑」が納骨堂の南側に、「フ明治三十七八年戰役戦病死者合葬碑(将校、准士官、下士、兵卒の4基)」が南側の階段を登りきった山頂に建てられています。
滿洲事變戦病没者合同墓碑、歩兵九聯隊将兵英霊合祀之碑
~左:滿洲事變戦病没者合同墓碑(昭和11年5月31日建立)、
 右:歩兵九聯隊将兵英霊合祀之碑(昭和9年3月建立)

明治三十七八年戰役将校同相当當官戦病死者合葬碑
~明治三十七八年戰役将校同相当當官戦病死者合葬碑(明治39年11月建立)

明治三十七八年戰役准士官戦病死者合葬碑
~明治三十七八年戰役准士官戦病死者合葬碑

明治三十七八年戰役下士戦病死者合葬碑
~明治三十七八年戰役下士戦病死者合葬碑

明治三十七八年戰役兵卒戦病死者合葬碑
~明治三十七八年戰役兵卒戦病死者合葬碑

また、山頂ヘ上がる階段の脇頂上付近合葬碑の背後の薮に「ヘ 陸軍省所轄地」、墓園北側の個人墓地との境に「ホ 陸軍用地」が2本あります。
ヘ1 陸軍省所轄地
~陸軍省所轄地(山頂ヘ上がる階段の脇)
 この標柱の奥(東側)にも倒れかけのモノが1本あります。

ヘ3 陸軍省所轄地
~陸軍省所轄地(頂上付近)

ヘ4 陸軍省所轄地
~陸軍省所轄地(合葬碑の背後の薮)

ホ1 陸軍用地
~陸軍用地(墓園北側の個人墓地境)

ホ2 陸軍用地
~陸軍用地(墓園北側の個人墓地境)

霊域の外周(特に階段脇の南側、宝塔寺との境)には未だ「陸軍省所轄地」の標柱がある可能性がありますが、斜面が崩れている箇所が多数あり危険です。

なお、墓園入口の左側の生け垣の中に石碑の台のような物がありますが、「陸軍墓地」の標柱の跡ではないでしょうか?

23旧射撃場
伏見城北堀公園になっており、区画が辛うじて残っています。
西から
~眼下に言える運動場が射撃場西端

師團街道
現在も師団街道のままです。
道路以外は何も残っていません。
師團街道(第一軍道との交差点)
~師團街道(中央の道路)

龍谷大学南東隅交差点を挟んだ対面に「師団街道・第一軍道」の道路標識があります。
師團街道・第一軍道交差点

第一軍道
現在も第一軍道のままです。
疎水に架かる橋の東詰に「マ 昭和三年参月竣工」の碑文と道路沿いに多数の花崗岩支柱が残っています。
昭和三年参月竣工碑
~「昭和三年参月竣工」の第一軍道上の橋梁

花崗岩支柱 第一軍道
~第一軍道沿いの花崗岩石柱(他にも多数あります)

第二軍道
一般道になっています。
3本の軍道中、師團司令部に接続する最も重要な道路であり、最も遺構が残っています。
第二軍道
~第二軍道

疎水にかかる橋は現在も師団橋の名称で、西詰には「ミ 師團橋」の石柱が建っています。
師團橋 全景 南から
~師團橋 全景

師團橋石柱
~師團橋石柱

また、東詰には「ム 参月竣功 第十六大隊架設(上部が欠けているので何年か不明)」碑、橋の橋脚両側には「メ 星章」が燦然と輝いています。
参月竣功 第十六大隊架設
~「…参月竣功 …第十六大隊架設」

橋脚星章(南側)
~橋脚の星章(南側)

他の軍道同様、道路沿いには「花崗岩支柱」が散見されます。
花崗岩支柱 第二軍道

第三軍道
一般道になっています。
他の軍道同様、道路沿いには「花崗岩支柱」が散見されます。
花崗岩支柱 第三軍道
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

お~

これは知らなかった てゆうか 知らない遺構 史跡が沢山ありすぎで 寿命がくるまでにどれだけ見れるのか(≧ε≦)京都陸軍の跡地… かねと時間があれば訪ねてみたいです 射場は やはり土手で囲われてるのは堺にあった射場とおんなじなんですなあ~ 当たり前やけど 妙に感慨~

ひろしさん、こんばんは!
この深草の遺構は地域が固まっているので何とか1日で見れると思いますよ。
当日は生憎の雨模様と、細かい所まで見ないと気が済まない性格が災いして、かなり時間を無駄にしてしまったので2日かかってしまいました。
大戦末期の本土決戦に備えて造られた陣地や地下疎開工場など、各地にはまだまだ知られざる遺構が眠っていそうで、全部回るのはかなり厳しいですよね。
射場は聯隊の兵営とセットなのですが、余り取り上げられることが無いものの、結構同様の構造で各地に残っています。
何も無いことが多いですが、地形が残っていれば「良」ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メール、失礼しました

いつもコメントありがとうございます!
ひろしさん、こんばんは!

深草の陸軍遺構はパソコンで閲覧していただければ地図を掲載していますので、機会がございましたらまた見てみてください<(_ _)>
一部予約がいりますが、目ぼしい遺構は結構電車ですぐ行ける距離にありますので。

堺の屋外射場と言えば、信太山演習場の北東くらいにある場所ですね。
現在の地図でも「演習場」との表記がありますが、築城の訓練に使われているかもしれませんね。
昭和21年の空撮を見てみると、現在と同様の区画のようですが当初は射撃場か?と思ったのですが、
それにしては距離が短く何の施設か疑問でした。
自衛隊時代に射撃場であったという事は、陸軍時代も射撃場だったかも知れませんね(^-^)/
貴重な情報、ありがとうございます(^-^)/

地震の救援に赴き、文字通り最前線で命がけで災害と戦っておられる自衛官の皆様には本当に頭が下がります。
(現政権のパフォーマンスには殺意さえ覚えますが・・・)
一般人には別の災害への備えや抑止力という認識はないのでしょうかね?
現に香港紙が報じていますが、「ドサクサに紛れて尖閣を奪え」と言った主張もありますし、米海軍がいち早く出動したのも、日本海に抜けたのも放射能ではなく「どこぞの国への牽制」とも言われるくらいですし。
そもそもマスコミが「何故か」自衛隊の現地での活動をほとんど報道しないのが一因ともいえますが・・・

少なくとも私の周辺では民主党の無策、無能ぶりに比べどれだけ自衛隊の活躍が頼りになるか、
部隊を駐屯地に残しておかないとダメなのも理解していますので、ご安心ください。
また、お仲間にお会いになりましたら宜しくお伝え下さいませ(^o^)/

いや~[e:328]

ほんま史跡 遺跡は夢とロマンがありますねぇ(^O^) 五月連休に機会がありゃ 深山重砲兵連隊の砲床跡でも見物にいこうかな(?_?) 二年前嫁と息子と淡島神社にはいきましたが(稲川純二さんの怖い話して淡島神社が出てきて うれしがってつれていったら息子は感激&人形に驚愕狼狽)

史跡・遺跡

「我々の祖先がこれらを作った」と考えるだけで興味が付きませんね。
由良要塞は結構良好に遺構が残っているので私も一度行ってみたいと思います。
淡路島は何も無さそうで洲本城、要塞、飛行場跡などなど色々ありますからね。
淡島神社、有名な人形の神社ですね(;^_^A
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる