FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

大阪護國神社 春季慰霊大祭

本日は大阪護國神社で挙行された春季慰霊大祭に参列してきました。
式典前(大阪護國神社)







大阪護國神社に我が一族は誰もお祀りされていませんが、祖父たちの戦友がお祀りされており、また大阪に住んでいる者として英霊に感謝の誠を捧げに行きました。

仕事の途中ですが・・・。
さすがに大阪護國神社は参列者も多く、神戸の5倍程の席が用意されています。

受付を済ませ、神饌を頂きます。
大阪はいつも氷砂糖です、ちなみに神戸はハンドタオル、國神社は國神社の神紋を模った10㎝程の饅頭と金平糖です。
他の護國神社は何が頂けるのでしょうか?
大阪は國神社青年部「あさなぎ」大阪支部の方々や日本会議大阪の方々が準備等ご奉仕されていました。

式が近付くにつれ次第に空席も埋まってきましたが、相変わらず年寄りが9割を占めており、先々が心配です。
大阪は来賓も豪華で戦友会や遺族会、軍恩会に加え国会(現、元職)、府議、市議会議員、陸自第3師団長などが参列、西村眞悟先生もいらっしゃってました。

10:00になり雅楽とともに神官団が入場してきます。
神官入場(大阪護國神社)

1、国歌斉唱

2、東日本大震災の犠牲者に黙祷

3、修祓:宮司が祝詞奏上後、神官が来賓、続いて参列者のお祓いをします。

4、宮司一拝

5、宮司、御本殿の御扉を開く:宮司が105,000余柱の御英霊が神鎮まる御本殿の御扉が開かれます。

6、献餞:御英霊の御前に御供が供えられます。 神戸は供えるところからでしたが、大阪は既に供えられている御供の蓋が開けられます。また、英霊が戦場で不自由された煙草や甘味なで一般神社に無い御供もあります。

7、宮司、祝詞を奏上:御英霊に対し宮司が感謝と慰霊の祝詞を奏上します。

8、大阪府遺族連合会会長、祭文を奏上:御英霊に対し大阪府遺族連合会会長(岡倉三郎氏)が感謝と慰霊の祭文を奏上します

9、神楽『浦安の舞』ご奉納:“浦安”とは我が国の事で、「紀元二千六百年奉祝会」(昭和15年)に合わせ、先帝陛下の平和を願う御製『天地の神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を』を歌詞とした神楽です。
神楽「浦安」奉納(大阪護國神社)

10、参列者、玉串奉典:参列者は海ゆかばの荘厳な曲が流れるなか大阪府遺族連合会会長・岡倉三郎氏、大阪市遺族会副会長の玉串奉典に合わせ参拝します。

11、大阪護國神社総代、陸自第3師団長代理、柳本卓治(自民)、竹本直一(自民)両衆議院議員、東徹(維新)大阪府議、高野伸生(自民)大阪市議、岩木均(維新)・吉田利幸(自民)・西野修平(維新)各府議、多賀谷俊史(自民)市議、西村真悟(立ち日)・左藤章(自民)・中山泰秀(自民)各元衆議、大阪府遺族連合会各支部長、同女性部代表、同住之江会代表、永田産業(株)永田秀次氏、神社会、英霊にこたえる会大阪府本部、日本会議大阪、檜兵團戦友会、海軍桜の会、近畿偕行会、大阪府郷友会、関西甲飛会、関西戦中派の会、大阪勝山会、信太山砲四会、大阪府軍恩連盟、大宝工業(株)、(株)こころざし、大阪冶金興業(株)、大和心のつどい、神州正気の会、あさなぎ関西支部、日本会議大阪支部の方々が玉串拝礼を行います。

12、電報ご披露:靖國神社・京極高晴宮司、中山太郎元外相、橋下徹大阪府知事、平松邦夫大阪市長ほか国会・府議、市議会議員、各神社、周辺自治体長

13、柳澤忠麿宮司 挨拶
今回発災した東日本大震災に触れ、天皇陛下の御言葉に見える「雄々しさ」という言葉に言及し、その語源となった明治大帝御製「敷島の 大和心の雄々しさは 事あるときぞ 現れにけり」の御歌の如く全国民が一丸となって乗りきらなくてはならないと思います。自衛隊を始め決死で作業に当られる方々は國神社、護國神社にお祀りされる殉国の御英霊に重なってなりません。今日、作業に当られる自衛官を始めとする人々に感謝をするのと同様に、国の大事に殉じた御英霊に国民が感謝を捧げるのは当然です。ただ、現在の崇敬者が先細りするのは目に見えているので、今後も国家が続く限り絶やしてはならない英霊の奉賛が叶うようにどうかご協力お願いいたします。(要旨)
柳澤忠麿宮司(大阪護國神社)

これにて春季慰霊大祭は終了しました。
國神社や神戸護國神社では式典終了後、昇殿参拝、御神酒の頂戴があるのですが、大阪は最後は自然解散的に散会となります。

参列の方々は英霊崇敬の志が篤いと思うのですが、献餞や玉串奉奠など間が開いた時の私語だけは何とかならんのかなと・・・
僅か1時間半の式典も黙っていられない程モラルが低い老人たちに聊かイラッとさせられました。
あくまで英霊の敬仰であって、病院の待合室ではありません。
場をわきまえない一部の老人のせいで、せっかくの厳粛な式典が台無しです。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる