当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

鳥羽城跡から出土の石垣、保存困難で撤去へ

先月末の大雨で発生した土砂崩れでたまたま露出した鳥羽城の石垣でしたが、保存が困難として撤去されてしまうようです。






大雨:鳥羽城跡のがけ崩落、築城時の石垣が露出 近鉄線路脇に落下 /三重  2011年5月31日



 鳥羽市の県指定史跡・鳥羽城跡(標高39・8メートル)頂上部のがけが雨で崩落し、1メートル四方の岩など数個が落下、真下を走る近鉄志摩線の防護柵(さく)を突き破って、線路脇に落ちていたことが30日、分かった。近鉄の運行に影響は出ていないが、市は周囲の市道を立ち入り禁止にし、撤去作業中だ。崩落跡から乱積みの石垣が出土し、落下した岩は築城当時の石垣とみられ、市教委が調べている。

 市によると、29日正午過ぎ、近くの鳥羽水族館から市消防本部へがけ崩れが起きていると通報があった。市職員が現場を確認したところ、近鉄志摩線の西側約5メートル付近に、1メートル四方、高さ約80センチの岩が転げ落ちていた。線路は高さ1・5メートルのブロック積みの防護柵を設置していたが、岩は幅3メートル深さ1メートルの逆三角形状に突き破っていた。線路沿いの市道岩崎中之郷線にも縦1メートル、横70センチ、厚さ30センチの岩など2個や多数の石が落ちていた。

 鳥羽城跡頂上部は天守閣や本丸があった場所で、廃城後は旧鳥羽小の運動場として使われていた。がけは幅7、8メートル、長さ約10メートルにわたって崩れ、崩落跡からは幅5、6メートルにわたって乱積みの石垣が現れた。市教委の調査では「積み方が古く、おそらく築城当時の石垣に間違いない」という。

 鳥羽城は小山に戦国武将の九鬼嘉隆が1586年から8年をかけて築城した。大手門(水門)が海側に作られ、四方を海に囲まれた珍しい「海城」とされる。1871年に廃城となり、3層の天守閣は取り壊された。09年秋にも往時の石垣が見つかっている。(毎日新聞 地方版


鳥羽城は織田信長に仕え、九鬼(正確には鬼の字の上の点は無い)水軍を率いた九鬼嘉隆が築城した全国的にも珍しい大手門が海に面した浮城です。
鳥羽城説明
~鳥羽城絵図(現地説明板より)

九鬼嘉隆と言えば某シミュレーションゲームでは御馴染の鉄甲船(大安宅船)を建造、第二次木津川口海戦では本願寺に物資を搬入すべく表れた毛利配下の水軍を撃破したことでも有名です。

鳥羽城は九鬼家が三田に転封後、目まぐるしく城主が変わり、かつ幕末の地震で倒壊、明治維新後に廃城になったため遺構も少なく、謎の多い城です。
できれば、残してほしい石垣でしたが、城郭ファンには有名でも一般的には無名な城の悲しいところで、難しいようです。
鳥羽城石垣
~現存石垣

鳥羽城石垣 (2)
~現存石垣(奥)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

う~む

私のやうな にわか史跡ファンは鳥羽城は知りませんでした(?_?) まだまだ未知な事が多いですわあ 保存できないのは残念ですね(≧∇≦) 九鬼水軍も知りませんでしたわ(≧ε≦) 九鬼姓の知人は居てましたが 末裔なのか(?_?)‥

こんにちは

鳥羽城は鳥羽水族館の裏にあるのですが、跡地に市役所や学校が建設され廃城後の破壊が著しく、遺構と言えば一部の石垣しか残っていません(;_;)
藩主が頻繁に変わっている事からも「この有名武将の城」と言った知名度が低く、保存度と相まって近世城郭のうちでもマイナーな部類に入ると思います。
鳥羽市も余り「九鬼水軍の本拠」と言った売り出し方もしていないようですし・・・
九鬼姓はかなり変わっているので、末裔かも知れませんよ(^O^)
海に行ったら血が騒ぐとかなかったですか?(笑)
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる