当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

八尾駐屯地創立57周年・中部方面航空隊創隊49周年記念行事

本日は陸上自衛隊・八尾駐屯地で挙行された「八尾駐屯地創立57周年・中部方面航空隊創隊49周年記念行事」に行ってきました。
OH-1偵察(八尾駐屯地)
▲OH-1観測ヘリコプター「ニンジャ」






去年は諸事情により縮小された八尾駐屯地記念行事でしたが、今年はどうでしょうか?

八尾駐屯地の駐車場(大阪府中部広域防災拠点)は開門が遅く、入口前の道路に並ぶ必要があるので去年とほぼ同様の朝6:30に起床、7:00に出発します。
7:55に現地に到着しましたが、今年は既に駐車場は開いています。
「今年も開門は遅い」と思い油断してヌカッたか!と思いながら車を停め西門に向います。
と・・・今年は西門の遥か手前の防災拠点との境で並んでいます。
去年は一般駐車場だった場所が今年は「招待客駐車場」になったため、今年はこの場所に並んでいるようです。
相変わらず車組は圧倒的に不利・・・と感じながら並んでいると8:15頃に車組は入場が許可され、かつ西門も開いておりそのまま会場に入ります。
他の門がいつ開門したか不明ですが去年のように時間差は無く、ほぼ同時間に開門したようです。
ただ、開門時間は予定より早かったようです。

八尾駐屯地の記念行事は毎年一般席が少ないのですが、今年は遂に無くなり全員地面になりました。
しかも演壇・招待客席のさらに両脇になるためかなり見辛く、一応西側の最前列は取れたものの僕の場所からはスピーカーが邪魔で演壇付近の行事は余り撮影できませんでした。
一応東側の最前列も押さえたのですが、こちらは柵が目の前にあり「撮影に不向き」「時間が経つと逆光(八尾は南向で常に逆光)がきつくなる」と判断し撤収しましたが、選択を間違えました・・・

前置きが長くなりましたが、記念行事は毎年細かい部分が変わるので注意が必要です。

さて、記念行事です。

式典開始まで1時間あるので、まずは恒例のCH-47Jの体験地上滑走の抽選に並びます。
去年は4回挑み3連敗玉切れ中止でしたが、今年は1回挑戦しハズレ、再度並ぼうと思うも余りの列の長さに再挑戦は諦め席に戻りました。

9:40になり近畿ではお馴染みの第3音楽隊が入場、分列行進曲の曲に合わせて観閲部隊が入場します。
部隊が整列、続いて観閲部隊指揮官が入場、さらに執行官・中部方面航空隊司令(八尾駐屯地司令兼補)濱田博之一等陸佐が登壇します。
続いて国旗入場・登壇、執行官巡閲、執行官式辞、来賓祝辞、国旗降壇・退場、部隊退場と式は進みました。
執行官(濱田博之一等陸佐)巡閲(八尾駐屯地)
▲執行官(濱田博之一等陸佐)巡閲

この後、観閲部隊はヘリコプターのエンジンを始動、離陸までの間に第3音楽隊が大震災復興支援のための「応援曲詰め合わせ」を演奏します。

演奏が終わるとヘリ部隊が一斉にホバータキシー、観閲飛行のため一糸乱れず西に飛び去りました。
去年は14機と少なかったヘリも今年は24機と元に戻り、去年は不具合で動かなかった「AH-64D アパッチ」も殿で飛行しました。
AH-1S(八尾駐屯地)
▲AH-1S対戦車ヘリコプター「コブラ」

AH-64D(八尾駐屯地)
▲AH-64D「アパッチ・ロングボウ」

その間、会場では恒例の富田林高校のバトントワリングが行われました。
今年は女子高生が倍増していました!
バトントワリング~第一部(八尾駐屯地)

続いて再び第3音楽隊による演奏が行われ、演奏後に執行官が登壇、ヘリ部隊が東の空から観閲飛行を行い上空を通過します。
観閲飛行(八尾駐屯地)
▲観閲飛行

式典終了後は去年は無かった訓練展示が行われます。
まずは格闘展示が行われます。

今回は「銃-素手」「ナイフ-素手」「ナイフ-ナイフ」など5組、さらに2人-5人での格闘展示が披露されました。
相変わらず迫力があります!
格闘展示 (2)(八尾駐屯地)
▲1対1

格闘展示(八尾駐屯地)
▲2対5

ここで、観閲飛行を行ったヘリ部隊が帰投します。

ヘリが待機場所に着陸後、再び富田林高校のバトントワリングが行われます。
華があるぜ~!

次いで各ヘリの紹介が行われます。
例年は主な任務が紹介されますが、今年は3月11日に発災した東日本大震災での活躍を踏まえ「災害時に於ける任務」の紹介でした。
OH-6D・・・被害状況の偵察
OH-6D~偵察(八尾駐屯地)

UH-1J・・・孤立地区への燃料輸送
UH-1J~燃料輸送(八尾駐屯地)

UH-1J・・・孤立者の救援
UH-1J~孤立者救援(八尾駐屯地)

OH-1・・・今年末に八尾に配備される機材の紹介
OH-1~今年末に八尾に配備(八尾駐屯地)

読売テレビのヘリ(八尾駐屯地)
▲取材?に来ていた読売テレビのヘリ

最後に模擬戦が行われます。
流れは
敵が陣地構築開始

バイクによる偵察
バイク偵察(八尾駐屯地)

OH-1による偵察
OH-1偵察(八尾駐屯地)

軽装甲機動車・偵察警戒車による威力偵察
車両偵察(八尾駐屯地)

負傷者の後送
負傷者発生(八尾駐屯地)

榴弾砲射撃による制圧
榴弾砲射撃(八尾駐屯地)

地上部隊前進するも進展せず

ヘリボンにより敵後方に部隊増援(警戒部隊投入、上空からの援護射撃、増援部隊投入)
UH-1J ヘリボン警戒部隊投入(八尾駐屯地)

UH-1J 機関銃援護(八尾駐屯地)

再度、榴弾砲射撃による制圧

戦車投入(軽装甲機動車・偵察警戒車援護)
戦車投入(八尾駐屯地)

敵、退却開始

地上部隊前進

敵を追撃

と、流れはいつもと大体一緒ですが、戦闘が若干上乗せされていました。

以上で式典は終わりました。
今年は去年縮小された分が上乗せされたような感があり、大満足な内容でした。

午後からはUH-1の体験試乗抽選に並んだり(今年もハズレ)、資料館の見学(後日、軍跡巡りの記事で詳述)をしたり、装備品の展示を見学したりしながら14:00頃に駐屯地を後にしました。
AH-1S (2)(八尾駐屯地)
▲AH-1S

AH-64D (2)(八尾駐屯地)
▲AH-64D

先月、豪雨災害により甚大な被害が出、自衛隊も出動した奈良県五條市から来たと思われる青年が「ありがとう自衛隊 奈良県五條市」と書かれたプラカードを掲げていたのが印象的でした。
本当に自衛隊の活躍(もちろん国防も)には頭が下がります。

今日は天気にも恵まれ(八尾は逆光になるので寧ろ曇りがありがたいのですが・・・)絶好の記念行事日和でした。
陸上自衛隊の隊員のみなさん、今日も暑い中ありがとうございました!
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか内容の濃い行事だったのですね(^O^) 徒手技術演舞がおもしろそう てゆうより ナイフ‐素手とか すげぇっす 俺なら即降参するかも(笑) 考えたら八尾駐屯地はプライベートで行った事がないですわあ(∋_∈) 遠い昔々に 多分行事支援でちょろっと行ったぐらいで… 来年は行ってみたいです

Re: タイトルなし

ひろしさん、こんにちは!
去年、事故の影響等で縮小された分、今年は通常の1.5倍増しくらいの濃い内容でした(^O^)
ただ、一般席が縮小されたので見学だけなら良いのですが、撮影も兼ねると逆光+角度で苦戦します(汗)
徒手格闘は最近の記念行事では結構良く見るので、もしかしたら信太山の開催されていればあったかも知れませんね。
直近では中部方面隊(伊丹)が大規模に行われると思いますよ。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる