当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

京都の紅葉

最近ミラーレス一デジを購入し写真に目覚めた友人に誘われ、京都に紅葉を見に行ってきました。
高台寺 (37)(京都・紅葉)
▲高台寺 臥龍池






まだまだ暖かい日が続いているので北の方は未だしも平地では未だ紅葉していないと思ったのですが、お互いの日程が合わず今日しか行ける日が無いと言う事で出撃します。

毘沙門堂

【京都山科 毘沙門堂 公式サイト】
毘沙門堂 (11)(京都・紅葉)
毘沙門堂は天台宗五箇室門跡のひとつで、大宝3(703)年、文武天皇の勅願で行基によって開かれました。
ご本尊は京の七福神のひとつ毘沙門天を祀ることから毘沙門堂と言われています。

紅葉の名所として有名な毘沙門堂ですが、殆ど紅葉していません。
全くしていないと言っても過言では無いくらい青々としています・・・
毘沙門堂 (24)(京都・紅葉)

とは言っても、僕の紅葉巡りは「紅葉巡りに名を借りた史跡巡り」なので、境内を散策します。

有名な場所だけに観光客はパラパラ居ましたが、大混雑という訳では無いので友人の撮影に付き合い毘沙門堂を後にします。
毘沙門堂 (7)(京都・紅葉)

毘沙門堂 (18)(京都・紅葉)

毘沙門堂 (5)(京都・紅葉)


知恩院

【知恩院 公式サイト】
文暦元(1234)年、法然が晩年を過ごし法然の廟が建てられた場所に法然の弟子・源智が延暦寺の衆徒によって破壊された法然の廟を再興、四条天皇から「華頂山知恩教院大谷寺」の寺号を下賜されます。
慶長13(1608)年、徳川家康により寺地の拡大、諸堂の造営が行われますが、寛永(1633)10年の火災で、ほぼ全焼してしまいますが、寛永(1641)18年までに徳川家光により再建が行われます。
知恩院 (4)(京都・紅葉)

続いて去年に続き、知恩院です。

こちらも殆ど紅葉していませんが、寒桜が咲いていました。
知恩院 (2)(京都・紅葉)

さすがに土曜と言う事で拝観者も多く、境内で結婚式も行われていました。
知恩院 (6)(京都・紅葉)

知恩院 (14)(京都・紅葉)

知恩院 (18)(京都・紅葉)


高台寺

【高台寺 公式サイト】
正しくは高台寿聖禅寺。
慶長11(1606)年、豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所が開創した寺で、寛永元(1624)年7月、建仁寺の三江和尚を開山としてむかえ、高台寺と号しました。
高台寺 (69)(京都・紅葉)

友人が京都まで来た最大の目的が、ここ高台寺の夜間ライトアップだそうです。

日没後照射開始なので知恩院を出て円山公園で少し時間を潰し、向かいます。

さすが超有名所だけあり紅葉は未だにも拘わらず、なかなかの大混雑です。

拝観料を払い庭園を見学します。
入り口には「三脚、一脚、レフ板禁止」との注意書きが・・・レフ板!?
レフ板なんか持ち込む人がいてるのでしょうか!?
高台寺 (4)(京都・紅葉)

ライトアップは単に樹木に紅葉をあてるのではなく、方丈前庭ではLEDのプログラム点灯で様々な演出がされています。
高台寺 (7)(京都・紅葉)

高台寺 (11)(京都・紅葉)

高台寺 (14)(京都・紅葉)

高台寺 (17)(京都・紅葉)

高台寺 (24)(京都・紅葉)

高台寺 (25)(京都・紅葉)

最も有名な臥龍池は照明が照射された樹木が水面に写り込み、非常に幻想的な雰囲気が醸し出されていました。
高台寺 (37)(京都・紅葉)

高台寺 (60)(京都・紅葉)

高台寺 (48)(京都・紅葉)

高台寺 (51)(京都・紅葉)

高台寺 (55)(京都・紅葉)

高台寺 (68)(京都・紅葉)


青蓮院門跡

【青蓮院門跡 公式サイト】
天台宗の祖最澄が比叡山延暦寺を開くにあたり、山頂に造った僧坊の一つの「青蓮坊」が青蓮院の起源であると言われています。
平安末期に、青蓮坊の第12代・行玄(藤原師実の子)に鳥羽法皇が御帰依になって第7王子をその弟子とされ、院の御所に準じ京都に殿舎を造営し青蓮院と改称させたのが門跡寺院としての青蓮院の始まりであり、行玄が第1世の門主となります。
その後、明治まで門主は殆ど皇族であるか、五摂家の子弟(門跡寺院)に限られていました。
青蓮院 (30)(京都・紅葉)

最後に青蓮院門跡に行きます。
こちらも夜間ライトアップが有名です。

拝観料を払い境内を見学します。

こちらは宸殿前庭に無数の青色LEDライトが散りばめられ、幻想的な景色を演出しています。
青蓮院(京都・紅葉)

青蓮院 (4)(京都・紅葉)

青蓮院 (9)(京都・紅葉)

青蓮院 (10)(京都・紅葉)

青蓮院 (12)(京都・紅葉)

青蓮院 (26)(京都・紅葉)

青蓮院 (27)(京都・紅葉)

青蓮院は建物、庭園も広大で順路の至る所で照明が照射されており、色々な風景が創造されています。
青蓮院 (15)(京都・紅葉)

紅葉していれば更に良かったのでしょうが、自然が相手だけに何ともなりません。

それにしても夜間の撮影は手ぶれとの闘いになり、まともな写真は10枚に1枚程度、さらに満足行く写真となるとその中の30枚に1枚程度しかありません・・・難しい!

友人は納得行く写真が撮れたのでしょうか・・・
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

こんにちは。
平等院は5年ほど前に紅葉を見に行ったきり行けてません・・・
当時の写真を見ると、あの鳳凰堂が水面に映る幻想的な風景、良いでですよね!
宇治神社はこの前の駐屯地行事の際に行く予定(紅葉でなく工兵聯隊の慰霊碑見学ですが・・・)だったのですが、生憎の天候で行けずじまいになってしまいました。
駐車場情報、助かります!

宇治川ライン、来年の桜の時期には「朝日に匂う山桜花」を見に行ってみたいと思います。

ブログランキングですが、調べてみたところ「携帯には対応していない」そうです。
せっかくのご指摘だったのですが、残念です。
気持ちだけ受け取らせていただきます。ありがとうございます。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる