当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

「THE MANZAI 2011」決勝大会

「THE MANZAI 2011」決勝大会が本日19:00から、生放送で行われました。






出場者はブロック別に
Aブロック
囲碁将棋
チキチキジョニー
ナイツ
磁石

Bブロック
Hi-Hi
テンダラー
スリムクラブ
ハマカーン

Cブロック
学天即
博多華丸・大吉
アルコ&ピース
パンクブーブー

Dブロック
エルシャラカーニ
千鳥
ウーマンラッシュアワー
銀シャリ(ワイルドカード勝者)

でした。

まずはネタ・寸評から
Aブロック
囲碁将棋・・・ネタ合わせを無断欠席した理由。

チキチキジョニー・・・生まれ変わったら誰になりたい?
毒舌が冴えており、面白かったです。

ナイツ・・・好きなカラオケ・歌
お馴染みのネタですが通常版に比べかなりテンポが速く、ボケを詰め込んできました。

磁石・・・反抗期
個人的に好きなコンビで、テンポも良く面白かったです。

Bブロック
Hi-Hi・・・引っ越しをしたい。
何時もながらに上田の適当なしゃべりが炸裂、面白かったです。

テンダラー・・・必殺仕事人
お馴染みのネタですが、テンポも安定感もあり安心して見れる鉄板ネタです。

スリムクラブ・・・面接
独特の間と意味不明のボケが面白かったです。

ハマカーン・・・ラーメンの好きな所
いつもの罵声が炸裂していましたが、ワンパターンかな?

4ブロックの中で実力者が揃った「死の組」であり、結果もHi-Hi、テンダラー、スリムクラブが同点で並びましたが、国民投票を獲得したHi-Hiが勝利しました。

Cブロック
学天即・・・大河ドラマに出てみたい
最近、関西でも実力を付けてきたコンビで、今後が期待できます。

博多華丸・大吉・・・乾杯の音頭
安定したネタですが、少し玄人向けか?

アルコ&ピース・・・マリオのテーマ
歌ネタですが、ボケ数が少なくこう言った大会では不向き。

パンクブーブー・・・怖い話
当に鉄板ネタ、パンクブーブーらしいガチネタでした。

Dブロック
エルシャラカーニ・・・なごり雪
定番のネタ運びで、ボケ・テンポも良かったのですが相手が悪かった。

千鳥・・・旅館の予約
最近良く見るネタ、千鳥らしい電話ネタです。

ウーマンラッシュアワー・・・バイトリーダー
18番のバイトリーダーです。テンポも早く面白かった。

銀シャリ(ワイルドカード勝者)・・・犬のおまわりさん
お馴染みのネタ、個人的に好きなのですが思ったより受けなかった?


決 勝
Hi-Hi・・・やりたいもの
決勝でも上田の適当なしゃべりが炸裂、面白かったです。

ナイツ・・・好きなドラマ
決勝もお馴染みのネタですが通常版に比べかなりテンポが速く、ボケを詰め込んできました。

パンクブーブー・・・新聞の勧誘
初見のネタですが、パンブーらしいネタで安定していました。

千鳥・・・蒸しアナゴ
お馴染み蒸しアナゴです。鉄板ネタでした。

決勝は各コンビが奇をてらう事なく、らしい持ちネタを掛けてきました。
どのコンビも特徴的で、どのネタも面白かったです。
甲乙付け難い内容ですが、結果はパンクブーブーが頭一つ出て優勝しました。
パンブーはこれでM-1、THE MANZAI 2011と2冠です。
おめでとう!!


さて、賞レースはパンブーの優勝で終わりましたが、少し個人的に思ったこと、苦言を。

まず、時間が長すぎる!
7:00~11:10と4時間もあり、はっきり言ってしんどいです。
関西の年末恒例のオールザッツ漫才が5時間、あの番組はあの長時間+深夜が「味」ですが、ゴールデン・プライムであの長さはダレます。
賞レースは集中して見たいのですが、最後の方は気分が萎えてしまいます。

オープニングの演出45分、中休みの30分はまず要りません。


次に出場コンビが多すぎる。
16組は流石に多すぎで、時間が長くなりダレる原因です。
せめてあと半分の8組みくらいで2時間程度が見る分にも、感情移入するにも、そして何より集中するのに妥当です。


得点発表に緊張感がない。
9名+携帯審査1の合計10点ですが、大差がついた場合は最終2、3名の審査を待たず結果が分かってしまいます。
もう少し工夫して欲しいところです。


カメラワークが悪い。
関西のように真の漫才番組を放送していないからかも知れませんが、ネタ中に司会者・観客を長時間抜くのは無駄、且つ演技を見落としてしまいます。
視聴者にとっては演者以外の姿は全く要りません。


そして、この大会で最も言いたいのは内容が「軽い」!!
大げさかも知れませんが、M-1はひり付くような緊張感、重厚感があり、見ている方にも真剣な演者の様子が伝わり、最高峰の賞レースに相応しく、手に汗握りながら集中して視聴をしていました。
それに比べ全体的に軽く、賞レースというよりバラエティー仕立てでチャラく、真剣さに欠けます。

大会最高顧問?だか何だか知りませんがビートたけしの変なメイクや中途半端な出番、コメントは何なのでしょう?
真面目に審査員長として出るならともかく、あれでは・・・
また、たけし退出後の爆笑問題を連れて来るのもどうかと。
しかも他番組の着ぐるみで出て来たうえに、太田が一々チャチャを入れたりと、個人的に嫌いな事もあり不快でした。
長時間を埋める不要な演出、たけし・爆問の軽いノリが一層番組・大会を軽薄な物にしているように思います。
一連の反フジデモに対する見解もそうですが、真剣に演じている演者に対しこの様な演出を行うフジテレビの体質、不真面目さが垣間見えたと思うのは僕だけでしょうか(おおげさ?)?

M-1の後継として期待しましたが、まぁ失望しました。
この様な内容では長く続くことはないでしょう。

紳助が引退していなかったらこの様な内容にしていたでしょうか?

別に紳助を礼賛するつもりはありませんが、彼のプロデュース力は賛否両論あれど優れた物があったと思います。
彼の漫才に対する考えとはかけ離れているように思うのですが。

在阪各局は毎年賞レースを開催していますが、在阪各局の方が遥かに良い賞レース番組を造るでしょう。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No Title

確かに長かったです。
決勝前には予選のVTRをまた流したり、無駄が多く、ダラダラした印象が強いです。
あれなら、録画しておいて後からネタだけ見れば半分以下の時間で見れますね。

Re: No Title

kanさん、こんにちは。
折角の大きい賞レースなので視聴する側も緊張感を持って見たかったのですが、あれではダレてしまいます。
賞レースはリアルタイムで見たい方ですが、あの内容なら録画してネタと結果だけ見れば充分かなと思いますね。

No Title

私も見てて同じことを思いました。
とにかく軽い!
緊張感のかけらが全くなくて、ただのバラエティー番組にしか見えなかったです。
指摘あるように、ネタ中のカメラワークは最低すぎた。

とりあえず、
ナイナイのMC
最高顧問の扱い
審査方法
時間

この変なんとかしない限り、長続きはしないでしょうね。

No Title

これは、地域性もあると思います。
いつも漫才や新喜劇が放送されている関西と、ほとんど放送されない関東では違うでしょうね。
私は関西に出張するので知っていますが、関東では千鳥、シャンプーハットなどは知られていませんし、小藪だって知名度はほとんどありません。
千鳥は吉本新喜劇と同じで、オチが決まっていてそこに持って行く手法だと思います。
エルシャラカーニに至っては、何が面白いのか判らず、ただうるさいだけで、げんなりしました。

Re: No Title

中納言殿、こんばんは。

M-1の後番組として期待していたけど、かなり残念な内容やったぁ。
私の周りでも「ダラダラ長い」と言う声が多数聞かれたし。

確かにナイナイのMCは中途半端、審査員にネタの感想を聞くのか、タケシに発言を求めるのか、自分達の感想を言うのか、「バタバタしてた」って言う印象しかなかったな。

恐らく第二回はあると思うけど、どう改善してくるかが見物かな。

Re: No Title

kanさん、こんばんは。
そうなんですよねぇ、ネタの捉え方、笑いのツボ、ネタの評価は人それぞれなので寸評が難しいところですね。
日頃漫才に慣れ親しんでるか、そうでないかは評価する上で確かに大きいですね。
どうしても正統派漫才の方が評価は高く、所謂きわもの系のネタは評価が低くなります。
ただ、今回の結果は順当だったかと思います。
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる