当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

姫路城周囲の樹木伐採

姫路城内で樹木が増加し成長したため、石垣や漆喰の白壁への影響が深刻化、姫路市が樹木の伐採と剪定を計画しているそうです。
姫路城天守






「白鷺」の美景取り戻せ 姫路城周囲の樹木を伐採と剪定へ 2011.12.31 22:09


 世界文化遺産の国宝・姫路城(兵庫県姫路市)の内曲輪(約17ヘクタール)内で、高木に成長した樹木が増えすぎ、文化財の石垣や漆喰の白壁への影響が深刻化していることから、姫路市が、平成24年度から、樹木の伐採と剪定を計画していることが31日、わかった。樹木に隠れていた城郭を周囲から見えるようにする景観改善も狙う。26年度まで「平成の大修理」が進められており、市幹部は「白く輝く大天守がお目見えする27年春までには、城郭がある程度見えるよう整備したい」と話している。

 姫路城の西側や北側はアラカシやムクノキなど多くの樹木が高さ20メートル近くまで成長し、かつては存在しなかった外来種のシュロなども群生している。北西部は人が入るのも困難な場所があり、一部では平成23年9月の台風12、15号で倒れた樹木が放置されたままだ。

市によると、昭和30年代ごろまでは、低木ばかりで周囲から城郭が望めたが、40年代以降、記念植樹や鳥が運んだ種子が芽を吹くなどして森林化が進み、いまでは大天守や小天守を除くほとんどの城郭が隠れるほどに成長している。

 樹木の高木化で日が当たりにくくなった壁周辺の湿度が上昇し、壁が傷みやすい状況になっているほか、枝が当たって瓦の耐用年数が短くなるなどの「被害」も出ている。さらに根が方々に張り、城周辺の地盤への影響も懸念されている。

 市が平成22年度に実施した植生調査では、86種の樹木が確認され、昭和44年の調査と比べると29種が新たに増えた。ただ逆に存在が確認できなかったものも35種あり、植生が変化している様子がうかがえる。

 市が23年、大天守南側の「下山里」と呼ばれるエリアで、石垣修理に向けた測量のため樹木を伐採したところ、これまで見えなかった白壁が三の丸広場からも眺められるようになり、観光客らからも好評を得たという。

姫路城の内曲輪は国の特別史跡姫路城跡に指定されており、市は23年度中にも植生管理計画をまとめ、文化庁に報告する方針。まず千本近くあるとみられる外来種や城郭に影響が大きい樹木の伐採や剪定を優先させる方針。

 市の担当者は「本来は敵を的確に把握するため、城郭の周囲は樹木がほとんどなかった」としたうえで、「文化財保護の観点からも樹木を放置できなくなった」と話している。(産経新聞


遅きに失した感は否めませんが、姫路市の決断は良とします。
僕は以前から言っているように「城郭に樹木はいらない」「城郭内の樹木は全て伐採するべき」が持論です。
記事中の市の担当者談にもありますが「本来は敵を的確に把握するため、城郭の周囲は樹木がほとんどなかった」のが城郭の本来の姿であり、遺構を痛めるだけの有害物だからです。

現に内京口門桝形の石垣は樹木に浸食され豪雨により落下、陸軍時代の遺構を破壊しています。
F「陸軍省所轄地」石標を折った石垣の崩落(姫路遺構)
▲石垣右上部分が崩落

現状では下山里丸の伐採・剪定作業が終わったようですが、城域全体も逐次進めてもらいたいところです。

国宝であり世界文化遺産でもある姫路城でこの程度の認識なのですから、他の城郭、特に天守の無いような城址の状態は想像に難くありません。
僕の近隣では和歌山城が成長した樹木の上にアオサギが巣を掛け糞害が酷く、明石城では北側が森林化し石垣や土塁が崩壊しています。

城郭内にある樹木は容赦なく伐採し遺構を守るとともに、少しでも当時の景観に近付け、かつ無意味な記念植樹は却下するべきです。
それが、城郭遺構全体の保全に繋がり、貴重な遺構を次代に受け渡す今を生きる我々の使命ではないでしょうか。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる