当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

熊本偕行社

熊本城内に続いて周辺の遺構を紹介します。
熊本城東側の千葉城には北から「第六師團経理部、同倉庫」・「熊本聯隊區司令部」・「熊本偕行社」・「熊本憲兵分隊」がありました。
サ駐蹕地記念碑(熊本陸軍遺構)
▲駐蹕地記念碑(熊本偕行社跡)






熊本城周辺の陸軍部隊配置
昭和6年頃の地図(大正15年測量、昭和6年部分修正 大日本帝國測量部)
▲昭和6年頃の地図(大正15年測量、昭和6年部分修正 大日本帝國陸地測量部)

昭和22(1947)年11月1日の熊本城周辺の空撮昭和22(1947)年11月1日の熊本城周辺の空撮
▲昭和22(1947)年11月1日の熊本城周辺の空撮

熊本 第六師團(城周辺)  遺構(熊本陸軍遺構)熊本 第六師團(城周辺)  遺構
▲現在の地図に施設を転写したもの

※緑文字が当記事の紹介施設
①第六師團司令部
②熊本憲兵隊本部
③第六師團兵器部 倉庫
④第六師團兵器部
⑤熊本陸軍病院
⑥火薬庫
⑦熊本陸軍教導學校
⑧藤崎薹招魂祭場
⑨熊本陸軍病院 藤崎薹分院
⑩熊本陸軍拘禁所
⑪輜重兵第六聯隊
第六師團経理部、同倉庫
熊本聯隊區司令部
熊本偕行社
熊本憲兵分隊
⑯第六師團長官舎

名称については一般的な昭和12(1937)年頃のものです。


遺構について※青字は地図にリンクしています
カタカナは遺構など、上掲地図参照
第六師團経理部、同倉庫
現在は熊本家庭裁判所、九州財務局分室、熊本県伝統工芸館、KKRホテル、マンション等になっており、遺構は何も残されていません

⑫師團経理部跡(熊本陸軍遺構)
▲師團経理部跡(熊本県伝統工芸館付近)
 敷地外周の石組の上に柵の基礎がありますが、当時の物かは不明です。

明治10(1877)年11月、輜重兵第六小隊が新編され、当地の北半分に兵営が設置されます。
明治21(1888)年12月1日、輜重兵第六小隊は大隊に改編され古京町の新兵営に転営、跡地は熊本大隊區司令部(明治29年4月、熊本聯隊區司令部に改称)と調馬所(馬場)となり、南半分は熊本鎭臺の倉庫(のち熊本経営部設置)が建てられます。

時期は不明ですが、後に調馬所は馬廠に、熊本経営部は第六師團経理部となり、熊本聯隊區司令部は南側に移転、さらに敷地全部が師團経理部、同倉庫となり停戦を迎えます。
その後の経過は不明です。


熊本聯隊區司令部
現在は熊本県立美術館分室になっており、遺構は何も残されていません

明治9(1876)年4月、工兵第六小隊(明治21年5月31日、大隊に改編)が新編され、当地一帯に兵営が設置されます。
明治22(1889)年6月13日、工兵第六大隊は大江村に移転、時期は不明ですが後に熊本聯隊區司令部が移転して来ます。
昭和20(1945)年2月6日、聯隊區内の防衛を担任する熊本地區司令部が編成され、聯隊區司令部と併設され停戦を迎えます。
その後の経過は不明です。


熊本偕行社
現在はNHK熊本放送局になっています。
偕行社跡(熊本陸軍遺構)
▲熊本偕行社跡に建つNHK熊本放送局

熊本偕行社3(熊本陸軍遺構)
▲熊本偕行社全景

明治22(1889)年6月13日、工兵第六大隊は大江村に移転した後、明治28(1895)年、『憲兵条例』改正により熊本憲兵隊本部が設置されます。

昭和3(1928)年、熊本憲兵隊本部は桜馬場に移転、昭和4(1929)年6月、熊本衛戍病院の西側にあった熊本偕行社(明治10年、設置)が新築移転してきます。

停戦後も建物は残され熊本市教育委員会が使用していましたが、昭和34(1961)年に破壊されNHK放送会館が建てられ現在に至ります。

熊本偕行社2(熊本陸軍遺構)
▲熊本偕行社玄関


サ 駐蹕地記念碑
サ駐蹕地記念碑(熊本陸軍遺構)
▲碑銘しか刻字されていません。

熊本偕行社跡に建つNHK熊本放送局の入口付近にあります。

昭和6(1931)年11月12~14日、熊本で昭和天皇御統監のもと行われた陸軍特別大演習の際、熊本偕行社が御座所に指定された事を記念し同年末に建立されました。
熊本偕行社唯一の遺構です。
熊本偕行社1(熊本陸軍遺構)
▲昭和6(1931)年11月、陸軍特別大演習の際の熊本偕行社


シ 行幸記念碑
シ行幸記念碑(JT北西角)(熊本陸軍遺構)

直接軍に関係あるものではありませんが、せっかくなので。
昭和6(1931)年11月12~14日の陸軍特別大演習終了後、昭和天皇が行幸町にあった熊本地方専売局(のち日本専売公社熊本地方局、現JT熊本)を行幸されたのを記念して社屋の玄関脇に建てられました。
日本専売公社熊本地方局の現在地移転にともない、昭和48(1973)年8月2日、当地に移設されました。
が、この様な駐車場の端って・・・


熊本憲兵分隊
現在は駐車場になっており、遺構は何も残されていません。
『大日本帝國陸地測量部地形図 熊本』(大正15年測量、昭和6年部分修正)には市内に3ヶ所程の「憲兵隊」の地図記号が見えますが、停戦時の熊本を管轄していた熊本地區憲兵隊(西部憲兵隊司令部隷下)隷下の管轄下分隊は隈府分隊・人吉分隊・天草分隊しかないので、廃止されたのかも知れません。


主要参考文献
『熊本の戦争遺跡』(平成22年12月 創想舎)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる