当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

第六師團長 官舎

熊本城東側の千葉城には第六師團長官舎がありました。
第六師團長官舎 正面玄関(熊本陸軍遺構)
▲第六師團長官舎(延寿寺に移設) 正面玄関





熊本城周辺の陸軍部隊配置
昭和6年頃の地図(大正15年測量、昭和6年部分修正 大日本帝國測量部)
▲昭和6年頃の地図(大正15年測量、昭和6年部分修正 大日本帝國陸地測量部)

昭和22(1947)年11月1日の熊本城周辺の空撮
▲昭和22(1947)年11月1日の熊本城周辺の空撮

熊本 第六師團(城周辺)  遺構
▲現在の地図に施設を転写したもの

※緑文字が当記事の紹介施設
①第六師團司令部
②熊本憲兵隊本部
③第六師團兵器部 倉庫
④第六師團兵器部
⑤熊本陸軍病院
⑥火薬庫
⑦熊本陸軍教導學校
⑧藤崎薹招魂祭場
⑨熊本陸軍病院 藤崎薹分院
⑩熊本陸軍拘禁所
⑪輜重兵第六聯隊
⑫第六師團経理部、同倉庫
⑬熊本聯隊區司令部
⑭熊本偕行社
⑮熊本憲兵分隊
第六師團長官舎

名称については一般的な昭和12(1937)年頃のものです。


遺構について※青字は地図にリンクしています
カタカナは遺構など、上掲地図参照
第六師團長官舎
敷地は現在、北側がJT熊本、南側が高橋公園になっています。
高橋公園内には官舎の遺構である表門の門柱が残されています。
また、官舎は川原町の延寿寺に移設、現在も寺務所として使用されています。

昭和47(1972)年3月、師團長官舎敷地の南半分が高橋公園に、昭和48(1973)年8月、北半分に日本専売公社熊本地方局が移転し現在に至ります。
高橋公園には熊本城本丸から移設された谷干城少将の銅像、幕末の思想家・横井小楠等の銅像、移設された旧熊本市役所の正面玄関が設置されさながら史跡公園のようになっています。

第六師團長官舎は大正14(1925)年頃の建築と言われ、昭和12(1937)年8月1日、第六師團が支那事變に出征後は留守第六師團長、第四十六師團長、熊本師管區司令官の官舎として使用され停戦を迎えます。
戦後は進駐軍の官舎を経て日本専売公社熊本地方局(現、JT熊本)の宿舎として使用された後、民間に売却され昭和43(1963)年頃、延寿寺に移設されました。
第六師團長官舎 (熊本陸軍遺構)
▲第六師團長官舎(撮影時期不明)

第六師團長官舎 正面玄関(熊本陸軍遺構)
▲延寿寺に移設された師團長官舎 玄関車寄せの入母屋破風

第六師團長官舎 正面玄関 (2)(熊本陸軍遺構)
▲正面玄関 
 当時のままと思われます。

第六師團長官舎 勝手口(熊本陸軍遺構)
▲向かって左側にある勝手口
 上掲の古写真にも屋根が僅かに見えます。

第六師團長官舎 玄関右側の窓(熊本陸軍遺構)
▲正面側の窓

第六師團長官舎 玄関右側の基礎(熊本陸軍遺構)
▲建物基礎
 煉瓦積みです。
 右側に換気口が僅かに見えますが、ガラリは着いていませんでした。

第六師團長官舎 玄関の車寄せ(熊本陸軍遺構)
▲玄関の車寄せも残されています。

移設師團長官舎(延寿寺)の見学についてですが、外観は自由に見て回れます。
ただ、境内がかなり狭く庭木がかなり植えられているので、視界は狭いです。

住民の方がいらしたので内部の見学を申し込んでみましたが、住職が不在と言う事で断られました。
その際に中を覗いてみましたが、内部は住居の様になっておりかなり改築されているようです。
『大日本帝國陸地測量部地形図 熊本』(大正15年測量、昭和6年部分修正)には移築されている部分の北側にも建物が記載されており、現存建物はかなり小さい事から母屋部分が別にあったと思われます。


ス 表門門柱
第六師團長官舎 ス 門柱 西(外側)から(熊本陸軍遺構)
▲門柱だけ残された表門

公園東側の入口に奇跡的にのこされた門柱です。
裏側には蝶番の金具が残されていますが、門灯は失われています。

上掲の官舎の写真を見ると、奥に見えるヤシの様な樹も当時の物のようです。
円形の花壇も当時の物でしょうか?

※平成28(2016)年4月14日に発災した熊本地震により倒壊してしまった様です。

第六師團長官舎 門柱の内側にある石組(熊本陸軍遺構)
▲公園内にある石組
井戸の様にも見えますが、詳細は不明です。


以上、僕が探索できた遺構を紹介しました。
5時間程しか時間が取れなかったため、「くまなく」廻った訳では無いので見落としもあると思いますので、お気付きの点があればご教示頂きたく思います。

なお、熊本城南側の花畑公園には荒木貞夫大将揮毫の「歩兵第二十三聯隊址」碑「三烈士碑」碑が建立されています。
歩兵第二十三聯隊は明治17(1884)年7月1日、熊本において編成、この場所一帯に衛戍します。
大正13(1924)年10月、大江村の渡鹿練兵場の一画に移転した後、大正14(1925)年5月11日、軍縮(宇垣軍縮)により都城に転営します。

三烈士は明治三十七八年戰役(日露戦争)で、ロシア軍の輸送を妨害するため民間人47名で編成され活躍した特別任務班に加わった熊本出身の中山直熊・堀部直人・若林龍雄の3士の事です。


主要参考文献
『熊本の戦争遺跡』(平成22年12月 創想舎)
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる