当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

京都嵯峨野・伏見稲荷

本日は三重の知人に誘われて京都に日帰り観光(撮影観光)に行っていきました。
渡月橋(京都)
▲渡月橋






本来は色々あった中納言殿の厄払いに伊勢神宮に参拝に行く予定でしたが、仕事が入ったとの事で急遽京都行きとなりました。

僕は大阪から、知人は三重から来るので使用する交通手段が違うため、10時過ぎに現地に集合します。
神氏は兎に角、写真撮影がしたくてしたくて堪らないようで、しょっちゅう出かけているようです。

京都嵯峨野と言えば竹林が有名で、サスペンスドラマ等でも度々登場する場所のようです。

まずは『源氏物語』にも登場する「野宮(ののみや)神社」を訪ねます。
野宮神社 (2)(京都)
▲野宮神社 拝殿

御祭神は天照皇大神であり、境内社の野宮大黒天は縁結びの神様としても有名で女性の参拝客が多かったです。
野宮は伊勢神宮に斎宮として奉仕する未婚の皇女が潔斎のために住まいした所だそうで、古代の鳥居の形式である樹皮がついたままの「黒木の鳥居」が有名です。
野宮神社(京都)
▲黒木の鳥居

野宮神社 (3)(京都)
▲じゅうたん苔

嵯峨野の竹林は風が時折吹く寒風が運んでくる竹の香、竹林の隙間から降り注ぐ日差しが何とも言えない心地よさで心が鎮まります・・・と言いたいところですが、知人が撮影に必死でなかなかゆっくり散策とは行きませんでした(^_^;)
嵯峨野(京都)

嵯峨野 (3)(京都)

嵯峨野 (2)(京都)

続いて竹林の終点から南側にある嵐山公園亀山地区を散策して京都駅に移動します。

昼食を食べて伏見稲荷に向かいます。
伏見稲荷は母方の実家の氏神であり、小学生時代に祖母に連れられて何度か参拝したことがあります。
それ以来なので、かれこれ25年ぶり位になります。
伏見稲荷(京都)
▲境内入口

まずは拝殿で参拝を済ませ、稲荷山を登りながら撮影を楽しみます。
ここでも知人の撮影待ち(^_^;)のため、2/3程登った所で日が暮れてきたので下山します。
伏見稲荷 (2)(京都)
▲伏見稲荷と言えば「鳥居」です!

伏見稲荷 (3)(京都)

伏見稲荷 (6)(京都)
▲とにかく鳥居がびっしりと並びます

伏見稲荷 (5)(京都)
▲道と言う道は鳥居で埋め尽くされています

伏見稲荷 (7)(京都)
▲伏見稲荷は狛犬では無く、稲荷神のお使いである狐が居てます

伏見稲荷 (4)(京都)
▲稲荷山のあちこちに末社が並びます

伏見稲荷 (8)(京都)
▲奥の院にある「おもかる石」です。

願いを心中に思い、空輪(一番上の石)を持ち上げ、感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難いとする試し石です。
「民主党政権の打倒」を思ったところ、軽かったです!!

深草の夕景(京都)
▲深草の夕景
「四ッ辻」まで登ったところで時間切れとなりました。

いつもの僕主導の旅行では「いかに多くの箇所を回れるか」ですが、知人主導の旅行は常に時間配分が適当・行き当たりばったり的な物は否めません。
楽しいので良いのですが、毎回最後の方がダッシュになるのは少し考えなくてはなりません・・・
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる