当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

城の石垣、木の根で崩落 各地で膨らみ押し出す被害

各地で城郭の石垣が崩落の危機にあります。






城の石垣、木の根で崩落 各地で膨らみ押し出す被害 2012年2月8日15時57分


 お城の石垣が、全国各地で崩落の危機に直面している。原因は、樹木の根が石垣の内側に張り出し、妊婦のおなかのように膨らむ「孕(はら)み」と呼ばれる現象。桜の名所や緑豊かな公園として、市民に親しまれている史跡が多く、伐採は容易ではない。

■桜の名所 圧迫悲鳴

 高松市で1月19、20日、文化庁などが主催した全国の石垣整備に関する研究会があった。福島県白河市教委の担当者が、国史跡の小峰城跡について東日本大震災の影響を報告。石垣10カ所が地震で計約160メートルにわたって崩落したという。

 そのうち3カ所で、石垣付近に植えられた桜とケヤキの影響が疑われた。特に、桜の木は石垣の一番上の石から60センチほどの所に植えられており、「震災前から根っこに押されて危ない状態だった」(同市教委文化財課)。

 孕みによる被害は過去にも例がある。国史跡の高松城跡では2003年、石垣の上に生えていた松の木が台風の強風で倒れ、石垣も一緒に崩れた。

 孕みとは、桜などの樹木の根が張るにつれて内側から石垣を押し出し、外側に弧を描くように膨らませてゆくメカニズム。石垣の奥行きが深く、孕みを起こしにくい大阪城のような城もあるが、文化庁記念物課の本中真・主任文化財調査官は「全国各地の城が共通に抱え始めた問題」とみる。

 朝日新聞社がいずれも国宝の姫路城、彦根城、犬山城、松本城を管理する教育委員会に聞いたところ、同様の現象が起きていた。近世城郭約100カ所の石垣を調査した西田一彦・関西大名誉教授(地盤工学)によると、外側に膨らんだ幅を石垣の高さで割った「孕み出し指数」が6~7%を超えると、崩落の危険性が高くなるという。(朝日新聞


一般の方に「石垣が孕んでる」と言っても、何の事かサッパリ分からないと思います。
少しでも城郭に興味のある方なら「石垣の孕む」状況や原因などがパッと浮かぶと思います。
僕も城が好きなので、そこそこ行った事がありますが、整備されている筈の観光地化した有名な城ですらたまに石垣が孕んでいるのを見て驚くことがあります。

孕みの原因としては排水不良による土台の緩み、建物の重量によるものなど色々な原因が考えられます。
その原因の中でも最もなのが上記の記事にあるような「樹木の根による土台の浸食」です。

拙ブログでも度々取り上げ、その都度述べているように、僕の考えは一貫して「城郭に樹木はいらない。石垣を破損させるだけの有害植物」と言う事です。

小峰城は残念ながら行った事ありませんが、記事に掲載された写真を見る限り樹木による石垣の浸食に加え、震災の影響をまともに受けてしまい石垣が崩落している最悪の状況です。

所謂「廃城令」(『全国城郭存廃ノ処分並兵営地等撰定方(ぜんこくじょうかくそんぱいのしょぶんならびにへいえいちとうせんていかた)』)が発布されたのが明治6(1873)年1月14日であり、それから今年で139年になります。
元々樹木などなかった城郭に、後付けで勝手に植えられた樹木も最も古い物で100年近い樹齢になります。
「桜の名所や緑豊かな公園として、市民に親しまれている」のも事実ですが、城郭は飽くまで史跡であり森林公園ではありません。

築城〇〇百年祭で催しをやるのも良いですが、本当の意味で貴重な遺構を次代に繋げるためにも最大限に樹木の伐採を行うべきだと思います。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる