当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

信太山駐屯地 創立55周年記念行事

本日は今年最初の自衛隊記念行事、我が郷土の誇りである第37普通科連隊の駐屯する信太山駐屯地の創立55周年記念行事に行って来ました。
迫撃砲展開(信太山駐屯地55)
▲展開する迫撃砲






昨年の信太山駐屯地の創立記念行事は3月11日の東日本大震災、9月の紀伊半島大水害の発災による救援活動のため、中止となったため1年ぶりの開催となりました。

信太山駐屯地の前身は帝國陸軍の野砲兵第四聯隊の兵営であり、我が祖父の入営した部隊でもあります。
その祖父の命日である今日に駐屯地記念行事が開催されたことに縁を感じます。

朝7:00に起床し、7:30に出発します。
1時間足らずで駐屯地に到着しますが、今回の臨時駐車場は近隣の黒鳥山公園でした。
駐車場から10分ほど歩いて駐屯地に到着、9時前ですが既に開門されており最前列は占領されています。
今日は元々壇上からゆっくり見学予定だったので、最上段の席を確保します。
失敗したのは通路側を取ってしまったため、ひっきりなしにウロウロされ後々後悔しました・・・

式典の開始まで1時間程あるので、駐屯地内に残る陸軍時代の建物の撮影と確認に向かいます。
今までにかなり撮影していますが、出来の悪い写真もあるので再度の撮影と、去年撤去されてしまった建物の確認をします。
撤去されたのは敷地北東にあった「兵器庫」、「工場」2棟の計3棟でした。
残念ですが仕方ない・・・

1時間程駐屯地内を散策し、席に戻ります。
9:40、観閲部隊が入場し整列、10:00、観閲部隊指揮官の副連隊長が入場、次いで観閲官の第37普通科連隊長兼ねて信太山駐屯地司令・古庄信二1等陸佐が臨場、国旗が入場・登壇し国旗に対して敬礼が行われます。
観閲部隊整列(信太山駐屯地55)
▲観閲部隊入場、整列

第37普通科連隊長兼ねて信太山駐屯地司令 古庄信二1等陸佐 登壇(信太山駐屯地55)
▲第37普通科連隊長兼ねて信太山駐屯地司令 古庄信二1等陸佐

国旗登壇(信太山駐屯地55)
▲国旗登壇

国旗に対し敬礼(信太山駐屯地55)
▲国旗に対し敬礼

式典は観閲官による部隊巡閲、観閲官式辞、来賓祝辞の順に進みますが、今年は来賓が民主党の議員ばかりで身が無さそうなので、来賓の祝辞はパスして再び建物の撮影に行きました。
帰ってくると祝電の紹介、功労のあった表彰者の方々の紹介(おめでとうございます!)があり、部隊が退場します。
部隊巡閲(信太山駐屯地55)
▲部隊巡閲

「観閲行進」が行われ、まずは徒歩部隊が連隊幕僚を先頭に新隊員教育隊、第2中隊、第3中隊、第4中隊、第49普通科連隊第3中隊、予備自衛官が行進します。
観閲行進(信太山駐屯地55)
▲観閲行進を待機する連隊幕僚



続いて車両行進が行われます。


行進終了後は駐屯地隊員によるお馴染み「菊水太鼓」、「ラッパドリル」が行われます。
菊水太鼓(信太山駐屯地55)
▲菊水太鼓

ラッパ演奏(信太山駐屯地55)
▲ラッパ演奏

続いて「模擬戦闘訓練展示」に入ります。
状況は敵部隊が陣地を構築

OH-6による航空偵察
OH-6による状況偵察(信太山駐屯地55)
▲OH-6による状況偵察

バイクによる偵察
バイク偵察(信太山駐屯地55)
▲バイク偵察

軽装甲機動車による偵察

レンジャーのリベリング降下
レンジャーのリベリング降下(信太山駐屯地55)
▲レンジャーのリベリング降下

対空(12.7mm重機関銃、91式携帯地対空誘導弾)・対機甲(87式対戦車誘導弾)警戒を行いつつ
対空警戒(91式携帯地対空誘導弾・12.7mm重機関銃 M2)(信太山駐屯地55)
▲対空警戒(12.7mm重機関銃、91式携帯地対空誘導弾)

対機甲警戒(87式対戦車誘導弾)(信太山駐屯地55)
▲対機甲(87式対戦車誘導弾)警戒

重迫撃砲、戦車を展開し断続的に制圧射撃
迫撃砲展開(信太山駐屯地55)
▲迫撃砲展開

制圧射撃(信太山駐屯地55)
▲FH-70榴弾砲による射撃

対人狙撃展開
対人狙撃展開(対人狙撃銃)(信太山駐屯地55)
▲ムックのような対人狙撃手

敵地雷原の処理
地雷原処理ロケット (2)(信太山駐屯地55)
▲地雷原処理ロケットの設置

地雷原処理ロケット(信太山駐屯地55)
▲地雷原爆破
 せっかくのロケット飛翔場面は撮り逃してしまいました・・・

地上部隊投入
地上部隊投入(信太山駐屯地55)
▲軽装甲機動車から地上部隊が展開

と言った流れです。

対人、対空、対機甲、重迫撃砲と多彩な兵器が展開、またいつもは「打った体」の地雷原処理でしたが、今回はペットボトル製の弾が実際に飛翔するリアルさに会場からは「オー!」の声が挙がっていました。

午後からは再び建物の探索を行い、修史館(資料館)を見学に行きます。
何度か見学している修史館(資料館)ですが、若干模様替えが行われていました。
何気なく歩兵第八聯隊の展示を見ていると、見覚え有る地図が・・・

拙ブログに掲載している僕の作成した「大坂城周辺の陸軍施設」の地図が掲載されていました
いつもお世話になっている自衛隊なら転用は全く問題無く非常に嬉しいのですが、何か恥ずかしい・・・
言って頂ければ縮尺していない原本と遺構の場所が記述されていない、スッキリした地図を贈呈させて頂くのですが(^_^;)

資料館見学後は再び建物や装備品の展示を見学して終了の15時まで堪能しました。

今日も充実した駐屯地行事となりました。
自衛隊員のみなさま、ありがとうございました。
関連記事



最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓
宜しかったらクリックお願いします


人気ブログランキングへ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

式典取材お疲れさまでした 暑かったですよね 私も慣れないスーツ姿で暑さでイスからこけそうでしたわ 笑 ペットボトル式地雷啓開は 良かったですねぇ(^O^) 古い建物がまた消えてましたね 時代の流れで仕方ないのかもですね

37連隊

第37普通科連隊は歩兵第37連隊ですから、衛戍地は違えど大阪の郷土連隊ですね。

>拙ブログに掲載している僕の作成した「大坂城周辺の陸軍施設」の地図が掲載されていました。

訴えた方が良いですよ!(笑)
そしたら良い事があるかも?

お疲れ様でした

>>ひろしさん
久しぶりの駐屯地行事、楽しませて頂きました(^^ゞ

あの炎天下・逆光の中ではスーツはかなり厳しかったと拝察いたしますm(__)m
榴弾砲・戦車の制圧が一段落し、地雷啓開はいつも通り「やった体」だと思い、すっかり油断していました(笑)

信太山は駐屯地の中でも陸軍時代の建物が多く残っている貴重な駐屯地ですが、隊員の方には使い辛いかも知れませんし、国にとって最も重要な任務の国防上不便なのであれば建て替えも仕方ないですが、残念ですね・・・

37連隊

>>kanさん、こんにちは

第37普通科連隊は歩兵第三十七聯隊の伝統を受け継ぎ、「楠公精神」を継承し家紋の菊水紋を部隊章にしています。
大阪府民にとっては昔も今も郷土連隊として馴染みの歴史ある部隊ですね。
自衛隊創設時に当初は違う連隊番号が予定されていたのを、陸軍出身の方が「大阪は37!」との一声で37連隊に決まったそうです。

地図の転載、言ってみようかな・・・(^_^;)
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。


●Facebookやってますので本名ご存知の方はぜひ。
目印は水木しげる先生風の自画像です(笑)

検索フォーム
リンク
地図・史資料
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
ライオンズニュース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる