FC2ブログ

当ブログは主に「帝國陸海軍関連の軍跡(遺構・戦跡・石碑など)」・「英霊顕彰施設」を紹介していますが、
それ以外の記事も混在しているので、左欄「カテゴリー」からお進みください。●●文字数調整●太平洋戦争●
なお、紹介する軍跡は資料不足から漏れ・誤認等もあると思いますのでお気付きの点があれば、ご教示頂ければ幸いです。

呉海軍港務部

広島県呉市を流れる二河(にこう)川河口に呉海軍港務部がありました。
呉海軍港務部 セ 稜威池 北から パノラマ写真(広島呉)
▲二河川公園に遺る呉海軍港務部の稜威池

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日ほか





呉海軍軍需部 第二區 ・ 第三區

呉駅の南側、大和ミュージアム周辺は呉海軍軍需部 第二區(本部)、有名なクレイトンベイホテル周辺は呉海軍軍需部 第三區でした。
のちに第二區には呉海軍運輸部が設置されます。
呉海軍軍需部 第二・三區 32 砲熕兵器庫 南東から(広島呉)
▲三菱日立パワーシステムズ㈱に遺る砲熕兵器庫

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日、令和1年7月27日ほか

【改訂情報】
令和1年8月4日・・・遺構追加





平成三十年度 兵庫縣神戸護國神社 終戦記念日祭

本日は73回目の『大東亞戰爭終結ノ詔書』が渙発された日、所謂「終戦の日」を迎えました。

今年も例年通り、大叔父を始め国難に殉じた53,257柱の御英霊が祀られている、兵庫縣神戸護國神社の終戦記念日祭に参列し感謝の誠を捧げて来ました。





呉海軍軍需部 第一區

広島県呉市に所在した呉鎭守府に隣接して呉海軍軍需部 第一區がありました。
呉海軍軍需部 第一區 14(手前)・12(奥) 南から (2)(広島呉)
▲海上自衛隊 呉地方総監部内に遺る呉海軍軍需部の倉庫

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日、令和1年7月27日ほか

【改訂情報】
令和1年8月4日・・・写真、全て差し替え





呉鎭守府 地下作戰室

広島県呉市に所在した呉鎭守府の地下に地下作戰室がありました。
呉鎭守府 地下作戦室 A 地下壕 北西から(広島呉)
▲海上自衛隊 呉地方総監部内に遺る呉鎭守府 地下作戰室

【探索日時】
平成29年7月29日、10月9日、令和1年7月27日





呉海軍人事部

広島県呉市に所在した呉鎭守府構内呉海軍人事部がありました。
呉海軍人事部 9 呉海軍人事部庁舎 南から(広島呉)
▲海上自衛隊 呉地方総監部内に遺る呉鎭守府 防空指揮所、のち呉海軍人事部事務所

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日ほか

【改訂情報】
令和1年8月3日・・・文章改訂





呉海軍通信隊 本隊

広島県呉市に所在した呉鎭守府構内呉海軍通信隊 本隊がありました。
呉海軍通信隊 本隊 7 通信隊受信所 北東から(広島呉)
▲海上自衛隊 呉地方総監部内に遺る受信所

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日ほか





呉鎭守府 文庫

広島県呉市に所在した呉鎭守府構内呉鎭守府 文庫がありました。
呉文庫 3 文庫測器庫庁舎 南西から(広島呉)
▲海上自衛隊 呉地方総監部内に遺る呉鎭守府文庫庁舎と事務所

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日ほか





呉海軍艦船部

広島県呉市に所在した呉鎭守府構内呉海軍艦船部がありました。
呉海軍艦船部・鎮守府会議所 2 艦船部庁舎・鎭守府会議所 南東から(広島呉)
▲海上自衛隊 呉地方総監部内に遺る呉海軍艦船部庁舎

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日ほか





呉鎭守府

広島県呉市は言わずと知れた海軍の一大根拠地であり、四海軍區のうち第二海軍區を管轄した呉鎭守府が所在しました。

また呉鎭守府北側に呉海軍経理部、東側に呉鎭守府軍法會議宮原官舎及び見習尉官宿舎呉海軍病院に隣接して呉鎭守府海軍監獄(呉海軍刑務所)がありました。
呉鎭守府 1 庁舎 南東から(広島呉)
▲海上自衛隊呉地方総監部庁舎として使用されている呉鎭守府庁舎

【探索日時】
平成19年11月25日、平成29年4月4日、7月29日、令和1年7月27日ほか

【改訂情報】
令和1年8月3日・・・遺構(⑩見習尉官宿舎・第三門塀)追加





共同探索 1日目

先週の土曜、日曜と連日、軍跡探索の第一人者で、この業界の巨人とも言うべき祐実総軍三等兵様と京都、北摂の共同探索をして来ました。
30年共同探索 (4)
▲地黄監視哨で記念撮影





共同探索 2日目

昨日に続き祐実総軍三等兵様と北摂の共同探索をして来ました。





玉造海軍水上機基地

夕日とシジミで有名な宍道湖湖畔に玉造海軍水上機基地がありました。

また東側に近接して湯町海軍水上機基地がありました。
玉造海軍水上機基地 A 掩体壕 東から(島根)
▲宍道湖畔に遺る水上偵察機「瑞雲」用の掩体壕

【探索日時】
平成25年12月1日





大社海軍航空基地

出雲大社のほど近く、島根県出雲市に大社海軍航空基地がありました。

また東側には秘匿航空基地である直江牧場がありました。
大社海軍航空基地 D 魚雷庫 壕口(島根)
▲山間部に遺る魚雷格納庫

【探索日時】
平成25年12月1日





伏見憲兵分隊

銘水と酒造で知られる京都市伏見区に伏見憲兵分隊がありました。
伏見憲兵分隊 伏見憲兵分隊(京都伏見)
▲伏見憲兵分隊跡 全景

【探索日時】
平成30年4月20日





「輜重兵第十六聯隊」の記事を改訂しました

平成23(2011)年3月6日に記述した輜重兵第十六聯隊(京都府伏見区深草)の記事を遺構を追加し改訂しました。

輜重兵第十六聯隊
輜重兵第十六聯隊 エ陸軍用地(京都深草)






「野砲兵第二十二聯隊」の記事を改訂しました

平成23(2011)年3月12日に記述した野砲兵第二十二聯隊(京都府伏見区深草)の記事を遺構を追加し改訂しました。

野砲兵第二十二聯隊
野砲兵第二十二聯隊 イ境界石標 (2)(京都深草)
▲道路に遺る境界石標





大阪海軍病院 (旧甲子園ホテル)

同ホテルは戦時中、大阪海軍病院として転用されました。
大阪海軍病院(甲子園ホテル) 北から (2)(兵庫)
▲武庫川女子大学 甲子園会館となった大阪海軍病院(旧甲子園ホテル)

【探索日時】
平成27年2月16日

【改訂情報】
平成31年4月30日・・・武庫川女子大学 甲子園会館の許可を得て写真掲載





津海軍工廠 浄水場

三重県津市高茶屋に所在する津市役所高茶屋浄水場は、津海軍工廠 浄水場を引き継いだ施設です。
津海軍工廠 浄水場 B 沈殿槽建屋 西から パノラマ(三重)
▲津市高茶屋浄水場に遺されていた津海軍工廠 浄水場の沈殿槽上屋

【探索日時】
平成25年10月8日





大阪陸軍航空廠 玉手山洞窟

大阪府柏原市には八尾市に所在した大阪陸軍航空廠の疎開倉庫である玉手山洞窟がありました。
大阪陸軍航空廠 玉手山洞窟 ⑤ア 壕口(大阪)
▲玉手山公園に遺る地下壕

【探索日時】
平成27年1月2日、平成29年3月7日





株式會社 藤永田造船所

大阪府住之江区に大阪市内で唯一、駆逐艦を建造し「駆逐艦の藤永田」と称された株式會社 藤永田造船所がありました。
藤永田造船所 ア 第二製缶工場 北から(大阪)
▲三井造船マシナリー・サービス㈱に遺る製缶工場

【探索日時】
平成29年8月15日





海軍艦政本部 大阪倉庫

大正区南恩賀島(おかじま)に海軍省外局で造艦に関する事務を管掌した海軍艦政本部大阪倉庫がありました。
海軍艦政本部 大阪倉庫 ア(左)・イ(右) 西から(大阪)
▲倉庫会社に遺る倉庫

【探索日時】
平成29年6月4日





平成30年 兵庫縣神戸護國神社 春季慰霊大祭

本日は兵庫縣神戸護國神社で斎行された「春季慰霊大祭」に参列してきました。





美保海軍航空基地 皆生送信所

米子の奥座と称され鳥取随一の温泉地と知られる皆生温泉近くに美保海軍航空基地 皆生送信所がありました。
美保海軍航空基地 皆生送信所 う 水槽、い 基礎、あ 通信所 北東から(鳥取)
▲更地に遺る発電所壕と冷却水槽

【探索日時】
平成25年12月3日





美保海軍航空基地 待機魚雷格納所

鳥取県境港市、米子市に所在した美保海軍航空基地の南15km、米子市奈喜良の行者山に待機魚雷格納所がありました。
美保海軍航空基地 待機魚雷格納所 B a壕中央付近から最深部(左側はb壕)(鳥取)
▲待機魚雷格納所の内部

【探索日時】
平成25年12月3日





美保海軍航空隊

鳥取県境港市、米子市に所在した美保海軍航空基地の南側に、美保海軍航空隊がありました。
美保海軍航空隊 ヌ地下発電所 北西から(鳥取)
▲市有地に遺る自力発電所

【探索日時】
平成25年12月3日





美保海軍航空基地 爆弾庫

鳥取県境港市、米子市に所在した美保海軍航空基地の北側に、第三十二海軍航空廠 美保分工場及び美保海軍航空基地 爆弾庫がありました。
美保海軍航空基地爆弾庫 ト 内部 南東から(鳥取)
▲市民の森に遺る爆弾庫の防爆土堤

【探索日時】
平成25年12月2日





軍跡探索 番外編

昨日は先日来阪された軍跡探索の第一人者で、この業界の巨人とも言うべき祐実総軍三等兵様と大阪市内(大正区、住之江区)、八尾市、柏原市、奈良県香芝市、そして天理市の探索に行って来ました。






第二美保海軍航空隊 (美保海軍航空基地)

鳥取県境港市、米子市にまたがる航空自衛隊・美保基地は美保海軍航空基地の跡地にあり、航空自衛隊施設は第二美保海軍航空隊の跡地にあります。
第二美保海軍航空隊 A道場 北西から(鳥取)
▲美保基地内に遺されていた道場

【探索日時】
平成25年12月5日、平成26年6月8日

【改訂情報】
令和元年6月3日・・・遺構の解体情報追加





美保海軍航空基地

鳥取県境港市、米子市にまたがる航空自衛隊・美保基地は美保海軍航空基地の跡地にあります。
美保海軍航空基地 ツ爆弾庫 北西から(鳥取)
▲民有地に遺る爆弾庫

【探索日時】
平成25年12月2・3・4日、平成26年6月8日





鳥取縣護國神社

鳥取県随一の観光地・鳥取砂丘に隣接して鳥取縣護國神社が鎮座されています。
鳥取縣護國神社 社頭(鳥取)

砂丘観光の折は是非、鳥取縣護國神社を参拝し、英霊に感謝の誠を捧げて欲しいものです。

【参拝日】
平成25年7月15日





鳥取聯隊區司令部

鳥取城の麓に所在する鳥取県庁西町分庁舎は鳥取聯隊區司令部の跡地です。
鳥取聯隊區司令部では後に鳥取地區司令部が併設され、また西100mに鳥取憲兵分隊がありました。
鳥取聯隊區司令部 ヤ 陸用(地) 東から(鳥取)
▲鳥取聯隊區司令部の跡に遺る境界石標

【探索日時】
平成25年7月15日





鳥取陸軍墓地

古代史ファンにはお馴染みの伊福吉部 徳足比売の墓がある鳥取市国府町に鳥取陸軍墓地があります。
鳥取陸軍墓地 cde 北東から(鳥取)
▲鳥取陸軍墓地(将校・下士官・兵卒墓標)

【参拝日時】
平成25年7月15日、平成30年12月19日

【改訂情報】
平成30年12月28日・・・境界石標追加





戦艦「扶桑」の最期について

例のアメリカ人実業家・ポール・アレン氏が昨年末、スリガオ海峡にて扶桑を発見しました。
その際、氏のコメント欄に投稿したのをきっかけにオーストラリア人の日本海軍研究者の方と知り合い、メッセンジャーを通じて会話しました。
扶桑(昭和14年4月27日)
▲扶桑(昭和14年4月27日)





鳥取陸軍射撃場

鳥取県鳥取市に所在した歩兵第四十聯隊の兵営北東に鳥取陸軍射撃場がありました。
鳥取陸軍射撃場 ⑤鳥取陸軍射撃場 ナ 陸軍省所轄地 南東から(鳥取)
▲道路に遺る境界石標

【探索日時】
平成25年7月14日





鳥取陸軍練兵場

鳥取県鳥取市に所在した歩兵第四十聯隊の兵営に隣接して、鳥取陸軍練兵場がありました。
鳥取陸軍練兵場 ④鳥取陸軍練兵場 タ 記念松・閑院宮載仁親王殿下 御視閲所跡(鳥取)
▲市有地に遺る歩兵第四十聯隊の石碑

【探索日時】
平成25年7月15日





歩兵第四十聯隊

鳥取県鳥取市に敬愛する漫画家・水木しげる先生が入営した事で知られる歩兵第四十聯隊がありました。

兵営では後に歩兵第百四十聯隊、歩兵第百二十一聯隊、歩兵第二百聯隊、歩兵第四百四十六聯隊、歩兵第四百六十四聯隊、歩兵第五百八聯隊、歩兵第三百四十一聯隊が編成されます。

因みに先生は歩兵第四十聯隊が満洲移駐後に編成された歩兵第百二十一聯隊補充隊に応召、歩兵第二百二十九聯隊に配属されました。
歩兵第四十聯隊 A 聯隊/大隊本部/経理室庁舎 南東から(鳥取)
▲三洋テクノソリューションズ鳥取㈱に遺る聯隊本部庁舎

【探索日時】
平成25年7月15・16日





神鋼兵器工業㈱ 大垣工場

岐阜県大垣市に所在する神鋼造機㈱は神鋼兵器工業㈱ 大垣工場の後身です。
神鋼兵器工業㈱ 大垣工場 C 南西から(岐阜大垣)
▲神鋼兵器工業㈱ 大垣工場の建屋

【探索日時】
平成26年2月6日





神鋼兵器工業㈱ 伯耆工場

風情漂う白壁土蔵群が有名な鳥取県倉吉市上井(あげい)に所在する神鋼機器工業㈱は神鋼兵器工業㈱ 伯耆工場の後身になります。
神鋼兵器工業㈱ 上井工場 D 北東から (2)(鳥取倉吉)
▲神鋼兵器工業㈱ 伯耆工場の第一工場

【探索日時】
平成25年7月16日





龜山陸軍病院

三重県鈴鹿市加佐登(かさど)町に所在する国立病院機構 鈴鹿病院は龜山陸軍病院の後身です。
亀山陸軍病院 A 東門 北西から鈴鹿(三重)
▲国立病院機構 鈴鹿病院に遺る龜山陸軍病院の東門

【探索日時】
平成25年4月19日





第一航空軍教育隊

講談『血煙荒神山』の舞台として知られる三重県亀山市の荒神山観音寺の北側に第一航空軍教育隊がありました。
第一航空軍教育隊 A 油脂庫?(薬品庫?) 南東から(亀山三重)
▲畑に遺る弾薬庫

【探索日時】
平成25年4月20日





名古屋陸軍造兵廠 亀山疎開工場

三重県亀山市の安楽川沿いに名古屋陸軍造兵廠 鳥居松製造所の疎開工場と思われる地下工場がありました。
名古屋陸軍造兵廠 亀山疎開工場 B 壕口から内部(亀山三重)
▲畑地の奥に遺る地下工場

【探索日時】
平成25年4月19日





駆逐艦「磯風」発見

いつものポール・アレン氏では無く、昨年5月に大和の最調査(確か高解像度機材による撮影)が行われた際に見つかっていたそうです。
磯風
▲新造時の磯風
  沈没時は電探、機銃等の兵装が増備されています。





駆逐艦「若月」・「長波」発見

スリガオ海峡に続きオルモック湾の調査を行っている、米マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏率いる沈没船探査チームが、島風、濱波?に続き長波、若月を発見した様です。
長波(左)と若月(右)
▲長波(左)と若月(右)

※チームのFacebook





明野陸軍飛行學校 北伊勢分教所(北伊勢陸軍飛行場)

三重県亀山市と鈴鹿市にまたがる地域に北伊勢陸軍飛行場があり、明野陸軍飛行學校 北伊勢分教所が所在しました。
北伊勢陸軍飛行場A(左)・B(右) 油脂庫 南東から(亀山三重)
▲畑に遺る油脂庫2棟

【探索日時】
平成25年4月19日





峯山海軍航空基地 舟山防空砲台

京都府京丹後市峰山町に所在した峯山海軍航空基地(峯山海軍航空隊)西側500mに舟山防空砲台がありました。
峯山海軍航空基地(峯山海軍航空隊) 舟山防空砲台A 内部 南から (2)(京都京丹後)
▲山中に遺る機銃座

【探索日時】
平成25年4月5日





駆逐艦「濱波」?見つかる

艦艇ファンにはお馴染み、米マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏率いる沈没船探査チームが、オルモック湾において夕雲型駆逐艦の濱波と思われる艦体を発見した様です。
夕雲型 (2)
▲五〇口径三年式十二糎七聯装砲(D型)

※チームのFacebook





峯山海軍航空基地 口大野兵舎、地下送信所・燃料庫

京都府京丹後市峰山町に所在した峯山海軍航空基地(峯山海軍航空隊)西側1kmに口大野兵舎(航空隊本部)、及び長善兵舎、北西700mに地下送信所、及び地下燃料庫がありました。
峯山海軍航空基地(峯山海軍航空隊) ⑥H 無線兵器壕 dからe方向(京都京丹後)
▲畑地に遺る地下送信所

【探索日時】
平成25年4月5日、11月19日





峯山海軍航空基地 (峯山海軍航空隊)

高級絹織物「丹後ちりめん」の産地で知られる京都府京丹後市峰山町に峯山海軍航空基地があり、峯山海軍航空隊が所在しました。
峯山海軍航空基地(峯山海軍航空隊) C 格納庫 西から(京都京丹後)
▲織物会社の倉庫に転用されている格納庫

【探索日時】
平成25年4月5日、11月19日





詫間海軍水上機基地 仁尾照空砲台

香川県三豊市に所在した詫間海軍水上機基地(詫間海軍航空隊)の南東3kmにある高尾木山(たこぎやま)に仁尾照空砲台がありました。
詫間海軍水上機基地 仁尾照空砲台 イ 方形窪地 北から(香川詫間)
▲高尾木山山頂に遺る照空砲台関連の掩体


【探索日時】
平成28年1月6日





カテゴリ
検索フォーム
正定事件の真実
戦史検定を受けよう!
当ブログは
「戦史検定」を応援します
戦史検定
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
御英霊の鎮まる処
殉国の御英霊に
感謝の誠を捧げましょう
靖國神社
兵庫縣神戸護國神社
大阪護国神社
プロフィール

盡忠報國

Author:盡忠報國
大阪在住、遂に40代になってしまった男児です。

 明治開国以降、幾多の国難に立ち向かった先人達。
 光輝ある精強・帝國陸海軍が各地に築いた国防・軍事施設、そして祖国の弥栄を願い悠久の大義に生きた殉国の英霊の志に触れるべく訪問した顕彰・慰霊施設を紹介するとともに、戦後歪められた先人達、国軍・軍人の名誉を回復する事を目指し記述しています。

拙ブログを参照した際はリンクを張って頂けたら嬉しいです
(^o^)
--------------
※掲載写真・資料の
無断転載は禁止します。

リンク
最新コメント
埼玉西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる